教養歴史

伊達政宗はこの2人がいなければダメだった!?伊達の双璧・片倉景綱と伊達成実

戦国武将の中でも高い人気を誇る伊達政宗。野心あふれる生き方が魅力的ですよね。しかし、そんな政宗が誰よりも頼りにした家臣が2人いたことをご存知ですか?「伊達の双璧」と呼ばれた、片倉景綱(かたくらかげつな)伊達成実(だてしげざね)です。政宗とのエピソードを交えながら、2人についてご紹介していきましょう。

まず、伊達政宗とは?

image by PIXTA / 14846373

片倉景綱伊達成実について紹介する前に、彼らの主・伊達政宗についても少し触れておきたいと思います。戦国武将として実にユニークな存在だった彼について予備知識を入れおけば、より2人についてわかりやすく面白く知ることができると思いますので。

引っ込み思案な少年から脱皮

永禄10(1567)年に伊達輝宗(だててるむね)の嫡男として誕生した政宗でしたが、幼いころに疱瘡を患い、右目の視力を失ってしまいます。一説には、飛び出してしまった右目を気に病み、引っ込み思案な少年になってしまったとも言われていますよ。

しかし、それを克服してからの彼は、若き当主として伊達家を引っ張る頼もしい存在へと成長しました。父・輝宗が敵に拉致され、やむなく敵ごと殺さなければならないなど厳しい状況を経験したことが、彼を脱皮させたのです。

苦境を切り抜け東北を掌握しかけるも、秀吉に屈す

しかし、周辺勢力とのせめぎ合いも厳しいものでした。人取橋(ひととりばし)の戦いではあやうく命を落としかけるところでしたが、片倉景綱や伊達成実らの奮戦や、他の家臣たちが命をかけて政宗を逃がし、九死に一生を得たのです。

その後、態勢を建て直した政宗は攻勢に転じ、東北地方における有力な武将となっていきます。

ところが、政宗の勢力拡大を阻んだのは、豊臣秀吉でした。

小田原征伐にやってきた秀吉の召集に遅れた政宗は、すんでの所で死罪を免れます。こうして、東北の雄となり天下を狙おうと意気込んでいた彼は、秀吉の家臣となる道を選んだのでした。

野心みなぎる武将

ただ、政宗も食えない男でした。小田原で秀吉に面会した際は、死を覚悟しているという意味合いを込め、白装束で臨み、秀吉を面白がらせて罪を免れました。

家臣となってからも、こっそりと東北での一揆を扇動するなどして完全服従とはいかない様子を見せていましたが、事が露見しそうになると、屁理屈をこねたり、自らを磔にするための黄金の十字架を携えて上洛したり、突拍子もないパフォーマンスを見せています。

その一方で、関ヶ原の戦いと大坂の陣の後は江戸幕府に仕え、徳川家光からのおぼえもめでたく、仙台の街を整備するなど、名君としての顔も十分に持ち合わせていたのでした。

そんな政宗を一貫して支えたのが、「伊達の双璧」である片倉景綱と伊達成実だったのです。

政宗の右腕・片倉景綱

image by PIXTA / 46513845

片倉景綱は、政宗の腹心中の腹心であり、政宗が幼少のころからそばでその成長を見守ってきた人物です。参謀としての能力もずば抜けており、政宗の躍進には常に彼の影がありました。片倉景綱なくして伊達政宗はなかった、そう断言できる彼の人生についてご紹介しましょう。

姉に育てられ、政宗の小姓となる

片倉景綱は、弘治3(1557)年に生まれました。政宗より10歳年上となります。「小十郎(こじゅうろう)」という呼び名が有名ですね。

母が姉を連れて再婚したため、姉とは父親が違うのですが、両親が早くに亡くなってしまったため、景綱はこの姉・喜多(きた)に育てられることになりました。喜多は文武両道の女性で、兵法にまで通じていたと言われており、大きな影響を景綱に及ぼしたのです。

頭脳明晰な若者に成長した景綱は、喜多が政宗の乳母(めのと)に選ばれたこともあり、19歳の時に政宗の小姓となりました。

以後、彼は政宗のために粉骨砕身して尽くしていくことになるのです。

政宗を変えた男・景綱

しかし、政宗は幼い頃に患った疱瘡の影響で右目が潰れてしまっており、それに大きなコンプレックスを抱いていました。とても内向的な少年になってしまい、家督を継ぐには心もとないという声もあったようです。

言い伝えによると、景綱は自らその右目をえぐり取り、政宗をコンプレックスから解放したそうなんですよ。真偽のほどは不明ですが、彼が政宗を励まし、性格まで変えた存在だったことは言うまでもありません。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: