教養歴史

まだ見ぬ許婚を思い続け…ひとり強く生き抜いた心優しい武田の姫君・松姫

親兄弟に決められた政略結婚が大半を占めた戦国時代、それでも相手を思い続けた一途な姫君がいました。彼女の名は松姫(まつひめ)。しかも、彼女は生涯一度も許婚に会うことはなかったのです。心が折れそうになる悲劇をいくたびも経験した、戦国最大の悲恋の主人公・松姫の生涯をお話ししたいと思います。

武田の姫君として生まれ、織田に嫁ぐことになるが…

image by PIXTA / 8953996

松姫は時の最強戦国武将・武田信玄(たけだしんげん)の娘として生まれました。そして父・信玄と織田信長との同盟の証として、信長の息子・信忠(のぶただ)との結婚が決まります。しかし、彼女が輿入れする前に婚約は破談となってしまったのです。それはどうしてだったのでしょうか。

7歳で織田信忠と婚約

松姫は、永禄4(1561)年に甲斐の武田信玄の五女(六女とも)として誕生しました。側室の子となりますが、生母を同じくする兄には仁科盛信(にしなもりのぶ)、姉には菊姫(上杉景勝正室)などがいます。後に信玄の跡を継ぐ勝頼(かつより)は異母兄となりますね。

永禄10(1567)年、松姫7歳の時、織田信長の嫡男・信忠との婚約が決まりました。

というのも、武田と織田は同盟の証として、勝頼と信長の姪(養女)が結婚していたのですが、この姪が亡くなってしまったのです。同盟維持のためにも、新たな婚姻関係を結ぶ必要があったのでした。

会ったことのない許婚への思い

婚約したとはいえ、まだ松姫は幼く、未来の夫・信忠もまだ11歳でしたから、輿入れは当分先のことになり、織田家の正室を武田家があずかるという形を取って、松姫は甲斐で生活を続けることになりました。

婚約者となった信忠からは、折に触れて手紙や贈り物が届けられたそうです。もちろん松姫もそれに返事をしたためました。こうして2人は、まだ会ったことのない許婚への思いをお互いに育んでいったのです。

突然の婚約破談

ところが、2人の思いを引き裂くような事態が発生してしまいます。

元亀3(1572)年、松姫の父・武田信玄は、西へと軍を進め、徳川家康の領地である三河・遠江(愛知県・静岡県)へ攻め込み、両者の間で三方原(みかたがはら)の戦いが起きました。徳川家康は織田信長と密接な関係にあったため、信長に援軍を要請し、信長もこれに応じたのです。

これによって武田と織田の関係は崩れてしまい、自動的に松姫と信忠の縁談も破談になってしまったのでした。松姫は12歳、おそらく何が起きているのかは理解できたことでしょうが、それでもこの事実が少女の心をいたく傷つけたことは間違いありません。

かつての許婚が攻め手の総大将に

image by PIXTA / 33182862

婚約が立ち消えになってからも、松姫は誰にも嫁ぐことなく日々を過ごしました。そこには、信忠への消えない思いがあったのかもしれません。しかし、やがて武田侵攻を開始した織田方の総大将は、なんと信忠でした。かつての婚約者に家を攻められた松姫の心境はいかばかりだったか…激動の甲州征伐について見ていきましょう。

信忠を思い続け、縁談を断る

松姫と信忠の婚約は破談となりましたが、松姫はその後、数ある縁談にも決して首を縦に振ることはありませんでした。信忠への強い思いがあったことがうかがえますね。

それから彼女は同母兄の仁科盛信のもとに身を寄せ、高遠城(たかとおじょう/長野県伊那市)で過ごすことになりました。

ただ、そこでの穏やかな日々も、突然、破られることとなったのです。

次のページを読む
1 2 3
Share: