教養豆知識・雑学

大統領・首相・国家主席・天皇・総理大臣の違いやその他国家元首について解説!

世界には様々な政治体制を持った国があります。例えば国王陛下などの君主がいる立憲君主国。国民がトップである共和制。そして独裁などなど。世の中には政治のことをよくわかっておらず、それが原因で恥をかいている人もちらほら見られるのが現状です。そこで今回はそんな政治体制について解説していこうと思います。

大統領とはどんな役職?

image by PIXTA / 17676664

大統領は主に共和制の国における国家元首のことです。国家元首とは簡単に言うと国のトップ。つまり大統領は共和国のトップに立っている人のことを指すのです。

大統領とかの国家元首は三権(行政・立法・司法)の権力を握っており、憲法の下で政治を行うとされています。

しかし、大統領の権力は国によってまちまちで例えばアメリカみたいに大統領が強い権力を持つような国があれば、ドイツみたいに大統領の権力がほとんどないような国もあります。

首相とはどんな役職?

image by PIXTA / 24169258

首相は主に行政のトップです。つまり行政以外の役職ではあまり権力を持っていません(強いて言うなら議会の解散ぐらい)。しかし、王政が敷かれている国になると国家元首が王様となるため首相が自動的にトップとなるのです。イギリスやスペインそして日本などがこれに当たります。ちなみに日本には大統領がおらず、首相(内閣総理大臣)がトップですよね。だって日本には天皇という国家元首がいますし。

ちなみに日本では首相のことを内閣総理大臣と言ったりもします。これは日本にある内閣府の一番偉い人とという意味で世界での首相と同じ役割をしているのです。

大統領と首相 どっちが上なの?

image by PIXTA / 45477663

王様がいる国なら大統領はいませんので首相がトップになりますが、共和制の国でももちろん行政のトップとして首相(ただしアメリカにはいません)がいます。次は大統領と首相がいる国における大統領と首相の地位の差を見てみましょう。

大統領の権力が強い場合

大統領の権力が強い主な代表例はアメリカとロシアと韓国があげられます。アメリカの場合は大統領が全ての権力を握ってる。軍事も必要に応じて動かせますし。そのため首相はおらずその代わりに国防長官が担っているのです。

同じく大統領が強い国として韓国とロシアがあげられます。この国は首相は一応いるものの、その役割は大統領の補佐として働くぐらいのもので権力が非常に低いものになっているのです。

大統領と首相の権力が同じぐらいの場合

結構珍しいですが大統領と首相が同じ国もあるのです。主な代表例はフランスがあげられます。

なんでフランスがこんな感じになったのかというと、実はフランスは昔は首相の方が権力があったのです。しかし、それが原因で政治が上手くいかなくなっていました。そんな時にド・ゴール大統領が第五共和政という5番目の共和制に入った時に憲法を書き換えて大統領の権力を強めたのです。今ではフランスでは内政は首相が、外交などは大統領が行うという役割分担がされています。

首相の権力が強い場合

首相が大統領よりも権力がある場合ももちろんあるのです。主な代表例はドイツとイタリアがあげられます。

なんでドイツの場合首相が権力を持つようになったのかというと、それは昔ドイツの政治システムが弱かったためにヒトラーが総統に君臨してしまったということ関係しているのです。同じくイタリアでもかつてムッソリーニが君臨してしまった反省を踏まえて首相の方が権力を持つようになりました。ドイツやイタリアの場合大統領の役職は日本における天皇見たいなあくまでも象徴としているぐらいです。

世界のいろいろな国家元首

image by PIXTA / 6692797

ここまでは大統領と首相を主に解説していきましたが、世界には様々な国家元首がいます。今回はその中でも特に面白い国家元首を紹介していきましょう。

次のページを読む
1 2
Share: