教養歴史

どうして広島に原爆が投下された?原子爆弾投下までのアメリカの思惑をわかりやすく紹介

あなたは「ヒロシマ」と書かれていたら何を思いうかべますか?「広島」ではなく「ヒロシマ」とカタカナで書かれているとき、そこには特別な意味がこめられます。それは「原子爆弾が落とされた場所」という意味です。なぜ、ヒロシマに人類の歴史上初の核兵器が落とされたのでしょうか。その理由をみていきましょう。 この記事の目次 原子爆弾開発の流れ 枢軸国 VS 連合国 亡命ユダヤ人の声でスタートしたマンハッタン計画 なぜ広島と長崎だったのか? 意見がわかれた原爆投下地 被爆地は「ヒロシマ」「コクラ」かもしれなかった 原爆投下をめぐる様々な意見 アメリカが主張する「原爆を落とした理由」 日本はなぜ原爆を落とされる前に降伏しなかった? アメリカが原爆投下を選んだ理由 原爆投下が切り開いた核軍拡競争の時代 原子爆弾開発の流れ image by iStockphoto 原子爆弾は1945年8月6日、午前8時15分にアメリカ合衆国によって広島に落とされました。今でさえ同盟国とよばれるアメリカですが、第二次世界大戦のときは敵同士だったのです。そんなアメリカが進めた原子爆弾の開発計画を「マンハッタン計画」といいます。枢軸国 ...