教養

教養豆知識・雑学

平成以降の日本の新興宗教はどうやって生まれる?その意外なプロセスに迫る!

宗教とは人智を超えた存在を中心とし、教祖なる存在を通して信者の間で成り立つ信仰もしくは文化で成り立った社会的集団のことです。キリスト教やイスラム教、仏教、ゾロアスター教などが例として挙げられますが、ここでは平成以降に国内で生まれている新興宗教に内容を絞り、どうやって生まれるのか、その生まれるプロセスについて解明していきます。 この記事の目次 宗教は教祖の自己肯定感が教祖以外の存在によって認められた時に生まれる! プロセス1-教祖自身だけの自己肯定感 プロセス2-教祖の自己肯定感が教祖以外の存在により満たされる プロセス3-教祖の自己肯定感を満たす対象を拡大する プロセス4-教祖の自己肯定感を支える独自の思想が教義となる プロセス5-教義の習得が信者のモチベーションとなる 宗教の生まれるプロセスをしっかりと知ることで、自分を守ることができる 宗教は教祖の自己肯定感が教祖以外の存在によって認められた時に生まれる! image by iStockphoto 平成以降に日本国内で生まれた新興宗教には一定の特徴があります。それは教祖となる人の自己肯定感が並外れて強いことです。例え教祖となる人の学校時代の成績が極端に低く、社会に出ても仕事がまともにできない状況であり、世間からの評価が非常に低い場合でも、教祖となる人は無条件に自分の素晴らしさに酔いしれている傾向があります。教祖となる人の自己肯定感は、現実世界での実績や評価とは無関係であるのです。そのため通常は、教祖となる人の一人の世界だけで幸福である感覚が満たされている状態が続きます。 しかしふとあるとき、教祖となる人が何らかの偶然により、教祖となる人以外の存在によって教祖となる人の考えていることが非常に価値あるものと認められた瞬間、教祖となる人の自己肯定感は、教祖となる人だけの枠で収まらなくなってくるのです。すなわち教祖として信者を吸引し、教祖の温めていた自己肯定感を共有する必要に迫られてきます。これが宗教の誕生する直接の原因です。プロセス1-教祖自身だけの自己肯定感 image by iStockphoto 最初のプロセスでは教祖となる人自身の自己満足がそのまま静かに続く形がとられるのです。すなわち教祖となる人自身の学業や社会での仕事の実績、人間関係などとは全く無関係に、教祖となる人が絶対的な自己肯定感の元、至福の状態に満 […]
教養豆知識・雑学

車にLEDライトが普及した今、パッシングが意味を失いつつある?

パッシングとは、対向車や後続車から、眩しい限りの点滅が発生することで何らかの意思を伝達する役割を担っていました。しかし最近の車の前照灯がLED化したことで、光の照射が車の角度によっては眩しく感じられるようになり、パッシングに近い現象を対向車や後続車から受け続けるようになりました。それがかえってパッシングの意味を失いつつあるのです。
教養歴史

【親藩・譜代・外様】江戸時代ではなぜ大名に種類を設けた?その意外な理由とは?

江戸時代の大名の種類として区分けされた、親藩、譜代大名、外様大名。徳川家に対して味方の度合いが高い大名ほど、領地や役職において便宜が図られ、そうでない大名ほど不便を強いられていたイメージで定着している大名の種類には意外な理由があったのです。それは江戸幕府による大名間の人間関係の調整だったのです。
教養歴史

兼好法師の味わい深いキャラクターが醸し出す、徒然草の名言(迷言?)を3選解説!

徒然草と言えば、枕草子などと並ぶ、日本を代表する随筆古典文学のひとつ。鎌倉時代末期につくられました(と言われています)。作者は兼好法師(吉田兼好)。「つれづれなるままに…硯に向かひて」の冒頭の書き出し部分は、多くの方が一度は読んだことがあるでしょう。ただ、作品の中身を知っている人は少ないはず。そこで、いったいどんな作品だったのかを具体的に解説していきたいと思います!
教養昔話・神話・童話豆知識・雑学

いくつ知ってる?日本の有名な神様の名前とご利益【11選】

日本には「八百万の神」といわれるほどたくさんの神様がいます。たくさん神様がいることは知っていても、いざとなると名前まで思い出せない……という方も多いのではないでしょうか。森羅万象に宿るといわれる日本の神様、全部網羅するのは難しいとしても、有名な神様のお名前とご利益ぐらいは覚えておきたいですよね。以下はほんの一例ですが、あまたある日本の神様の中から、特に有名な神様を厳選してご紹介しようと思います。
教養自分磨き

教養がある女性に共通している10の特徴!マスターして女性に磨きをかけよう!

若いだけでちやほやされていた時が過ぎ、年齢を重ねていくとその人の内面が問われるようになり、顔つきにも表れてしまいます。そこで今回は女性にスポットを当て、教養のある女性に共通している特徴をあげながら、やがては品性のある大人の女性になるためにはどうしたらよいかを考えていきます。
教養歴史

日本人の心のふるさと聖徳太子!その多才さと現代への影響力とは

聖徳太子(しょうとくたいし)は、日本人にはなじみの人物です。特に十七条憲法、冠位十二位などで歴史の教科書にはよく紹介されているため、その存在は良く知られています。ところがその生涯については謎な部分も多く、良く知られていません。日本人の心のふるさとともいうべき聖徳太子の謎の部分に光を当ててみたいと思います。
教養歴史

戦国武将驚きの戦術!~戦いは力ばかりではない?~

応仁の乱~豊臣秀吉による天下統一に至るまでの約100年間、日本の歴史上でも類を見ないほど大小の戦いが行われてきました。確認されているだけでも数千回はあろうかというくらい戦国武将は戦い続けたのです。これほど短期間のうちにこれだけの戦いがあったのは世界でも例がなく、来る日も来る日も戦いに明け暮れた時代だったのでした。しかし、華々しい合戦の舞台裏では様々な駆け引きが行われ、戦いに至るまでにあらゆる戦略を使って、いかに自軍にとって有利になるか?いかに劣勢を覆すことができるか?まさに知恵比べの様相を呈していたのですね。さあ、武将たちはいかにして知略、謀略、調略を使ったのか?いかにして生き残りを図ろうとしたのか?実際の合戦と絡めながら解き明かしていきましょう。
教養歴史

どうして広島に原爆が投下された?原子爆弾投下までのアメリカの思惑をわかりやすく紹介

あなたは「ヒロシマ」と書かれていたら何を思いうかべますか?「広島」ではなく「ヒロシマ」とカタカナで書かれているとき、そこには特別な意味がこめられます。それは「原子爆弾が落とされた場所」という意味です。なぜ、ヒロシマに人類の歴史上初の核兵器が落とされたのでしょうか。その理由をみていきましょう。
教養歴史

いまさら聞けない摂政と関白の違い!実は現代も摂政は置ける!?

中学校の歴史の授業で「摂関政治」ということばをならったと思います。これは、天皇が幼いときは摂政が、天皇が成人した後は関白が天皇を補佐して行う政治と説明されていましたね。もっとも有名な人物として藤原道長やその子の頼通を教わったと思います。実は、今でも摂政を置くことができることはご存知でしたか?今回は、知っているようでいて意外と知らない摂政と関白の違いについてご紹介します。