冠婚葬祭

マナー冠婚葬祭

【お葬式費用】いったいいくらかかるの?相場をお寺の相談役がアドバイス!

人は誰でも死を迎えます。そして愛する人を見送らねばなりません。お葬式が終わってから葬儀屋さんからの請求書に「えっ?」となったという話をよく聞きますね。地域性や宗教によって多少の誤差はでてきますが、だいたいの相場などをケース別にアドバイスさせていただきましょう。 この記事の目次 まず全国の平均を見てみよう 参考になるようでならない相場 お葬式代が高すぎて払えない? どのようなお葬式をしたいのか考えよう 事前に準備する物 したいお葬式の内容は一般的?それとも個性的?それによって金額が変わる 葬儀屋さんと相談しよう オプションってなんだろう ネット葬儀社の場合 生活保護の場合 お葬式は悔いのない気持ちが大切です まず全国の平均を見てみよう image by PIXTA / 41016722 葬儀費用がいくらかかるのかは、今は多様化してきていますので色々ですが、一般的なお葬式だと、日本消費者協会が行っている「葬儀についてのアンケート調査」や、葬儀レビというサイトでのランキングが参考になります。ただし「あくまでも参考」なので気をつけてくださいね。( ...
マナー冠婚葬祭礼儀作法

差がつく!結婚内祝いの基本マナーと失敗しない贈り方

夫婦の初めての共同作業ともいえる結婚内祝い。適当に済ますなんて言語道断です。センスの良い贈り物は記憶にも残りますので、正しいマナーや気遣いの感じられる内祝いで、周りと差をつけましょう!自分の結婚内祝いの経験や、知人の成功失敗事例を数多く見聞きした筆者が、失敗しない結婚内祝いの贈り方をご紹介します!
マナー冠婚葬祭礼儀作法

年賀状で結婚の報告をする時に気を付けたいマナー

今までは年賀状を出していなかった…という人も結婚をしたら年賀状を出すのがマナーです。結婚の報告をしていなかった人にも二人の門出をお知らせする機会になりますし、何より2人が大人として新しい生活をスタートさせることをお知らせするためにも、年賀状を出しましょう。正式には、結婚報告は入籍から1~2ヵ月以内にするのがマナーとされていますが、最近は年賀状で挨拶を済ますことも多くなっています。年賀状で結婚の報告をする際に気を付けるべきポイントを文例も交えて簡単に確認しましょう。
マナー冠婚葬祭

お通夜・告別式の参列時に必須!ご香典にまつわるマナーを徹底解説!

大切な人との別れは、誰にも予想ができないことです。葬儀などに参列することになるのもまた然り、常日頃から慣れている方はあまりいないでしょう。悲しいことは起きないに越したことはないですが、もしもの時を考えると、ある程度マナーをわきまえておきたいものですね。今回はお通夜や告別式に必要なご香典について、包み方から渡し方まで詳しくご紹介いたします。
マナー冠婚葬祭

【お葬式の流れ】その時に慌てないように知っておこう!お寺の相談役が解説

人の死は突然にやってきます。突然の別れもあれば、長く患っておられて逝去されることもありますよね。全く知識がないと葬儀屋さんにお任せするとしても右往左往することになりますよね。そこで一般的なものから特殊なものまで紹介しましょう。やり直しがきかない大事な儀式ですのでご参考にしてください。
マナー冠婚葬祭礼儀作法

お祝いに内祝いは必要?お返しとの違いと内祝いのマナーを徹底解説!

結婚、出産、マイホームの購入など、人生における大きなイベントの際には、周りの方からお祝いをいただくことがありますね。お世話になっている方達に、感謝の意が伝わるような正しいマナーで内祝いを贈りましょう。結婚から出産まで一通り経験した筆者が、今更聞けない内祝いのマナーについて詳しくご紹介します!
マナー冠婚葬祭

着物にアクセサリー、どう合わせる?マナーは?

着物は簪(かんざし)や帯留めでおしゃれを楽しむもの。基本的に時計やピアス、ネックレスなどのアクセサリーは不要です。でも、アクセサリーを付けないとなんだかさみしい気分になってしまう人もいるはず…ここでは、着物の時のアクセサリーのマナーと見栄えの美しさについてをご案内します。
マナー冠婚葬祭

【女性必見】急なお葬式に喪服がない!どうしたらいい?お寺の相談役が対処法を伝授!

突然の訃報が来ました。その時に必要と思うものといえば一番最初に「なにを着ていくか」ということでしょう。一番焦るのは「私、喪服を持っていない!」という事実との直面ですよね。また喪服をもってはいるけれど、そんなに着る機会がないものですから体型が変わってしまうこともあります。妊娠中だったりすることもあるでしょう。そんな時どうしたらいいのでしょうか?そこで、色々なパターンを順序立てて考えていきましょう。時間との勝負となりますから頑張りましょう!