アイデア・コツライフスタイル家事暮らしの工夫・知恵

家計の項目は十人十色!自分に合ったシンプルな分け方で長く続く家計簿を目指そう

今では家計簿にもたくさんの種類がありますよね。ただ「あり過ぎてどれが自分に向いているか分からない」なんて思うことありませんか?その悩み…実は『家計の項目』をおさらいすれば解決できるんです!一度家計簿に挫折した方も新シーズンから一緒に再スタートしちゃいましょう♪

チャレンジする度に挫折した過去

image by iStockphoto

今でこそ自分に合った項目分けと家計簿を見つけることができましたが、そこにたどり着くまでの道は決して簡単ではなくチャレンジと挫折の繰り返しでした。

家計簿デビュー~断念するまで

私の家計簿デビューは結婚後、出産育児のために専業主婦となったことがきっかけでした。

実家の母が手書きでノートに書いている姿が印象に残っていたこともあり、家計簿といえば手書きでしょ!と意気込んでノートを作ったことを覚えています。けれども初心者の私に出来ることと言えばただレシートから金額を書きうつすことだけで、その仕上がりは家計簿というよりまるでお小遣い帳のようでした。

次にチャレンジしたものはスマホアプリ。今度は最初から設定されている項目が多すぎて持て余した上に、「これは前回どの項目にしたんだっけ?」と悩んだり逆にお手軽過ぎて「後でやろう」とつけることを忘れて金額が合わないと混乱するようになってしまい断念。

結局そのパターンを繰り返しノートを書いては処分してアプリもインストールしては削除して…と、いつの間にか家計簿をつけること自体あきらめるようになったのです。

家計が大ピンチ!?再スタートで気付いた項目分けの重要性

そんな生活を続け我が家はいつの間にか赤字家計へと変化し、「家計簿つけるの苦手なんだよね」なんて言っていられない状況に。

とにかく大急ぎで自分の家計がいったい何にいくらかかっているのか把握するため、近くの100円ショップでとてもシンプルな項目分けの家計簿を購入しました。この家計簿のおかげで我が家には大きな転機がやってきます。

まず1ヶ月分が見開き1ページで記入できるノートタイプだったため、ページを開くたび自分が使用したお金の履歴が一目で見える化されました。次に家計簿の項目(費目)が『食費、日用品、洋服、教育、娯楽、医療』と初めから指定されていたことで、自分が使ったお金を悩むことなく分類できるようになったのです。

この悩まないということが家計簿を続ける上でとても重要なポイントであり、目に見えて家計簿が続けれているという実感が次のモチベーションにつながりました。

私が現在の家計簿で実践している項目分け

image by iStockphoto

再スタートで購入した家計簿は我が家が生活する上で必要最低限な費目が全てそろっていました。けれども今はそこからさらに項目の分け方を工夫して基本の生活費と+αの出費を区別し、将来的に予算立てできるように見直しを進めています。

現在の我が家の家計簿の項目と、買い物時に気を付けたり、家計簿で工夫していることについてご紹介です。

#1 食費

もともと小さい子どもが2人いることもあり外食は滅多にいかない派だったので、家計簿をつけるとき『外食は食費に含まない』と自分ルールを作りました。同じように誕生日ケーキや恵方巻といった特別な行事用の購入食品も食費からは除外します。

こうすることで純粋に家庭の食事にかかっている食費を知ることができ、それが一般的な予算と比べて高いのか低いのかを正確に比較することができるようになるからです。

他にも買い物額が一気に増える原因となるお米を購入した時やお肉をまとめ買いした日などは、金額の横にひと言「お米」「お肉まとめ買い」と書く工夫もしています。おかげで後から家計簿を見返したとき食費が増えていても、その理由がすぐに分かるので無駄遣いをしたのか必要な出費だったのか判断することができるのです。

#2 日用品費

日用品の項目で工夫していることは、買ったお店の名前を記入するということ。お店の名前を見ればだいたいどういった品物を購入したか思い出せるのでとても効果的です!

あとはちょっとした家具を購入するときは日用品に含むけれど、大きな金額になる大物家具は日用品に含まないよう気を付けるということ。これも食費の外食と同じ考え方で、滅多に購入するものではないものが含まれてしまっていると後で見返したときや予算立てをするときに正確性が損なわれてしまいますからね。

基本的に日常生活で使用する消耗品の費用がこの項目になると言った感じでしょうか。

#3 教育費

教育費については親の考え方次第で大きくもなり小さくもなる、なかなかにグレーな項目だと私は考えています。特に習い事があると月謝の他に備品購入費やスポーツなら遠征費といったように「これは教育費の範囲?」と他の項目と重複して悩む部分が出てくるからです。

我が家はまだ保育園に通う2人だけなので習い事もしておらず教育費としてかかる内訳は、月謝・上の子の給食費(主食代)・日常保育の写真代・保護者会費・その他備品購入費と内容が決まっています。ただ、月々の月謝と行事の写真購入費は教育費以外で管理することに決めました。

その理由としては、月謝は毎月変動するものではなく保育園に通い続ける限りかかるものなので固定費として別枠で考えるから。そして行事の写真購入費については年に数回のみであり、金額も通常の写真代と比べて数倍になってしまうからといったものです。

次のページを読む
1 2
Share: