ビューティー女子力自分磨き

【恋愛編】好印象な人の特徴13選!

自分を客観的に見たことはありますか?好印象を残すことができていれば、充実した人間関係が築けていることでしょう。「友だち付き合いに不満がある」「恋愛がうまくいかない」という人は、好印象を残すことができていないのかもしれません。第一印象でどういうイメージを残すかは、今後につながってきます。ここでは「好印象な人の特徴」についてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【恋愛編】好印象な人の特徴13選

image by iStockphoto

人見知りだったり緊張しがちな人は、「好印象を残すことは難しい」と思っているかもしれませんが、実は簡単なことでも好印象を残すことができます。簡単にできることを中心にまとめていますので、できるものからマネしてみてくださいね。好印象を残せるようになると恋愛だって思いのまま。良いきっかけを残すかはあなた自身にかかっているのですね。気になる相手に好印象を残すことができれば、恋愛に発展するのもスムーズですよ。

#1 笑顔が多く親しみやすい

まず一番大切なのは「笑顔」です。初対面において、笑顔で接するか無表情で接するかでは大違い。無表情でムスッとした態度を取っていると、その気はなくても相手を傷つけてしまうことでしょう。「この人、俺のこと嫌いなのかな」なんて思われてしまっても仕方ありません。第一印象を覆すのは難しいので、初対面で笑顔を振りまくことができなければ大事なチャンスをどんどん失ってしまいますよね。「この人冗談通じなさそうだな」「この人怒ってるいるのかな、怖そう」と思われていることもあります。

人はこのようなマイナスイメージを持ってしまうと興味を持つことさえしなくなりますので注意しましょう。笑顔が苦手、という人は、笑顔の練習をすることも大切ですよ。笑顔が多く親しみやすい雰囲気を出せば、相手との距離もグッと縮まりやすいです。話が苦手な人でも、笑顔で接することはできますよね。まずは「笑顔で親しみやすい雰囲気」を演出してみましょう。

#2 いつも口角が上がっている

見た目は第一印象を大きく左右しますが、表情もそのひとつ。いつも口角が上がっているだけで、見ている人は穏やかで幸せな気持ちになり、好印象を抱くようになります。口角は意識していないと上がりませんし、ついつい下がってしまうもの。魅力的な人というのは決まって口角が上がっているイメージがあります。口角が上がっているだけで余裕がある人に映りますし、ハッピーオーラが出ますよ。人はそのハッピーオーラに惹かれたりするものなのですね。

容姿がそこまで優れていなくてもモテる人は数多くいますが、共通して幸せそうな雰囲気が出ています。口角が上がっていて幸せそうな人と「一緒にいたいな」と思うのは自然なことでしょう。反対に、いくら見た目が良くても、口角が下がっていて負のオーラが出ていればモテません。

#3 自然な良い香りがする

良い香りをさせるのも、好印象を残すのに有効です。香りの記憶は強く、いつまでも印象に残るものでもあります。かといってきつい香水はNG。香水がきつすぎると少し引かれてしまいますし、「香水がきつい人」というイメージが強く残ってしまうのです。そういう経験がある人も多いでしょう。自分で適量がわからず、何度も香水を重ねてしまう人もいますが、ふとした瞬間にきつい香りがしてしまうので注意です。香水を使っている人は、「少し足りないかな?」というくらいがマスト。かすかに香るくらいを目標にしましょう。

好印象を残すには、自然な良い香りがおすすめです。シャンプーの香りだったり、ボディークリームの香りだったり、「自然な香り」というものに異性はグッと心を掴まれるもの。あからさまな香水の香りを、シャンプーなどと調和させるのもアリです。ヘアケアやボディケアのコスメにも、良い香りのものを選ぶようにしましょう。

#4 適度なおしゃれ

適度なおしゃれも相手に好印象を与えることができます。おしゃれの必要性を感じていない人もいますが、相手のためにも自分のためにもおしゃれは大事です。おしゃれをするとモチベーションも上がって自分に自信がつきますよね。会話などコミュニケーションを取る際に、自信があるのとないのでは大違い。清潔感を重視して適度におしゃれをしていれば、人見知りの人やコミュニケーションが苦手な人でも堂々とできますよ。口臭ケアや体毛の処理もおしゃれのひとつです。身だしなみを整えた上でファッションにも力を入れるようにしましょう。

ファッションセンスが奇抜すぎたり主張が強い服装だと引かれてしまう可能性もあるため、「適度に」を重視してコーディネートしてみましょう。「気合いが入りすぎていないけどシンプルでおしゃれ」というようなイメージです。これだけで「センスが良い人だな」と好印象を持ってもらえますよ。自分に似合うものを研究すると尚良いでしょう。研究を積み重ねながら抜け感のあるファッションを楽しんでくださいね。

#5 何か努力をしている

何かを努力している人は、言葉遣いや表情に出てくるもの。自ら努力を主張せずとも、相手は感じ取ってしまうものなのですね。「この人はなにか困難を乗り越えた人なのだろう」「環境を言い訳にせず偉いな」「素直で前向きな発言が素敵」などと人生経験が豊富な人ほど感じ取ってしまうもの。何か努力をした経験がある、もしくは現在努力をしている、というほうが好印象に映りやすいです。

会話の中で察することもありますし、努力をしてきた人は表情がキリッとしてきます。努力してきた実績があるからこそ、自分に自信を持てたりもするのですね。もし「今までこれといった努力をしてきていない」というのであれば、興味のあるものにトライするのもアリでしょう。努力と言わずとも、何かに夢中になっていると人は輝き出すものです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: