コスメビューティーボディケアメイク女子力自分磨き

完璧な紫外線対策の為の基礎知識・日焼け止め選び〜正しい塗り方を伝授

紫外線は美肌の大敵。シミだけでなく、しわ・たるみといった肌の老化の原因の80%が紫外線の影響と言われています。年齢による老化が、たったの20%。驚きますよね。キレイな女性でいる為には、紫外線から肌をどれだけ守れるかにかかっています。より効果的に紫外線をブロックする為に、日焼け止めの正しい知識・選び方〜塗り方をご紹介します。

日焼け止め選びのための3つの基礎知識

image by iStockphoto

日焼け止めの塗る前に、実際に使用する日焼け止め選びも重要。日焼け止めを購入する時は、何を決め手に選んでいますか?表記されているSPFの指数とPAの高さでしょうか。指数が高ければ、安心と思っていませんか?肌への負担も考慮した日焼け止め選びの為に、知っておきたい基礎知識をご紹介します。

1.紫外線について

紫外線には3種類あり、1つは大気中のオゾン層で吸収され地表には届かないUVC。他の2つは、私達の肌に最も影響を与えるUVAとUVB。

日差しが強い日に外で過ごした時に、肌が赤く火照ってしまった事ありませんか?それが、紫外線UVBを浴びた状態。表皮はダメージを受け赤く炎症メラニン色素が過剰に分泌され、肌は黒く日焼けした状態へ。その後、シミやソバカスになってしまいます。

一方UVAは、日常生活を送る中で気付かないうちに影響を受けてしまいがち。洗濯物を干している時、通勤中、更には屋内にいる時ですら窓を通過してきます。日差しの強い季節や晴れている時は紫外線を気にしますよね。しかし、UVAは季節・天気を問わず降り注いでいます。UVBを浴びた後の様に目にみえる目立った変化がない為、あまり気にする事なく過ごしてしまいますが、毎日浴びるUVAは、肌の奥深くの真皮にダメージを与えます。真皮は、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンと言った肌の弾力に関わる部分。真皮が受けるダメージは肌の弾力を失い、シワやたるみとなってしまいます。

2.SPFとPAの意味

日焼け止めを選ぶ時にSPFとPAをチェックしますが、実際のところ何を意味しているのか詳しく知らずにいませんか?

SPFはUVBの防御効果を示す指数。UVBを浴びた後に肌が赤く炎症を起こすと、お話ししました。SPFの数値が高ければ、その炎症が起きるまでの時間を遅らせる効果が高いという事。紫外線を浴びて赤くなるまでは個人差がある為、効果も異なってきます。10分で赤くなる人がSPF30の日焼け止めを使用した場合、10分×30=300分(5時間)防ぐことが可能。20分で赤くなる人が、同じSPF30を使用すると20×30=600分(10時間)防止できます。

PAはUVAの防止効果のこと。効果は4段階に分別されます。「PA+ 効果がある」・「PA++ かなり効果がある」・「PA++ 非常に効果がある」・「PA++++ 極めて効果が高い」と言った内容。+の数が多いほど効果が高くなるという事です。

3.紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

UVAの存在を知ると日焼け止めは欠かせないアイテム。毎日塗るものだから、基礎化粧品選びと同じ様に、肌の事も考慮して選びたいところ。チェックしたい成分は「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」。

「紫外線吸収剤」は皮膚表面で紫外線を吸収し、化学反応を起こし放出させるため痒みや赤みを伴うこともあり、肌への負担は大きいです。SPF50などの数値が高いものに含まれています。また、化学変化を起こす事で長時間効果が継続しなくなるため、塗り直しが必要。使用感は、白浮きせずに塗りやすいのが特徴。

「紫外線散乱剤」は、皮膚表面で受けた紫外線を散乱・反射させて肌を守るタイプ。「ノンケミカル」と表示されていることが多いです。化学反応を起こさない為、肌に優しく効果も長持ち。更にUVA、UVBどちらも防いでくれます。使用感は、白浮きしやすくベタつく感じがあり、乾燥しやすいのが特徴。

自分に合う日焼け止め選びのポイント2選

image by iStockphoto

UVAの存在を知ると、季節や天気、屋内であっても紫外線対策の重要性を感じますよね。今まで季節限定と思って使っていた日焼け止めは、基礎化粧品として取り入れるべきアイテム。毎日使うアイテムだからこそ、自分のライフスタイルや肌の事を考えた日焼け止め選びが必要。日焼け止め選びのポイントをまとめてみました。

1.ライフスタイルで日焼け止めを選ぶ

普段の生活は、室内で過ごすことが多く外出は通勤や買い物程度といった方には「SPF30 PA+++」くらいの日焼け止めで十分。SPF30なら肌への負担も少なく安心。敏感肌の方は「ノンケミカル」「紫外線吸収剤不使用」の表記も確認しておきたいポイント。さらに「無香料・無着色・低刺激」ている事を確認できれば尚よし。

仕事の関係等で外にいる事が多い方や、屋外でのスポーツ、レジャーを満喫したい時には「SPF50 PA++++」。海や屋外プールなどの、太陽と水の組み合わせにはウォータープルーフのタイプがおすすめ。SPF50やウォータープルーフは、強力な紫外線対策と思い最初1度塗りで安心しがちですが、紫外線を徹底的にカットするには、こまめな塗り直しが必要

2.日焼け止めの種類

日焼け止めの種類によっても、使用感の他にもそれぞれの特徴があります。

定番のミルクタイプは、伸びがよく汗や水にも落ちにくいのが特徴。保湿力もあり低刺激。敏感肌や乾燥肌のタイプにはおすすめ。

べたつき感のないジェルタイプは、伸びがよく塗り心地の良さが特徴。サッパリとしたつけ心地はオイリー肌には好まれるでしょう。ジェルタイプは落ちやすいので、こまめな塗り直しが必要になります。また、敏感肌タイプはエタノールなどの肌に刺激が強い成分が含まれていないかチェックしましょう。

スプレータイプは、肌以外にも髪の毛など全身に使用でき、メイクの上からも使えるため使い勝手が良いアイテム。外出時には、何かと重宝するはず。使用時の注意点は塗りムラになりやすい事。スプレーした部分は伸ばしてあげると良いでしょう。

次のページを読む
1 2
Share: