マナー礼儀作法

【相手別】お見舞いマナー!服装から基本マナーまで徹底解説

身近な人が入院することになった時、お見舞いに行ったほうが良いのか悩んでしまうことってありますよね。いざ日程が決まっても、当日になってどんな服装にしたら良いのか、手土産よりお見舞金をお渡しすべきなのか直前になって気が付くことも。直前に慌てることのないように、見落としがちな点を相手別に解説します!

どんな時にお見舞いに行くの?

image by iStockphoto

まず初めに確認すべきことは、「お見舞いに行っていいかどうか」ということです。一般的に、ごく短期的な入院の場合にはお見舞いはしません。3日以内の短期入院の場合、術後に検査等で慌ただしく過ごしている場合も多く、かえって迷惑になる可能性があります。

あくまでもお見舞いは、相手を元気づけたり、入院生活で退屈している方の話し相手になることが目的ですので、入院している方の負担にならないようにすることが一番です。間違ってもアポもなしに押し掛けるようなことはやめましょう。

突然の病気や入院で気持ちが落ち込んでしまったり、弱っている姿や満足に身だしなみを整えられない姿を見られたくないデリケートな方もいるでしょうから、お見舞いに行って迷惑でないかどうかは相手との関係性を考慮したうえで慎重に見極める必要があります。

病状によっては面会が制限されている場合も。親族のみの面会であったり、小さな子どもは病室に入れない場合も多いです。事前にご本人、またはご家族の方に面会可能かどうか、日程や時間帯など相談しておくとよいでしょう。

お見舞い品の基本マナー

image by iStockphoto

いざお見舞いの日程が決まったら、お見舞いの品を用意しましょう。手ぶらで行くのはマナー違反です。お見舞いの品はお花や現金・金券、食べ物や退屈しのぎの本など、相手との関係性で変えるとよいでしょう。お見舞いの品にもいくつかNGがありますので詳しくご紹介します。

#1 お花を持っていくときのマナー

まずお花ですが、生花は細菌感染やの繁殖、アレルギーやにおいの観点から、病院側で規制されている場合が多いです。規制されていない場合でも香りの強いユリなどは病室に持ち込みできないことがありますので、選ばないようにしましょう。血を連想させる赤いバラなどの花、仏花で使われる菊類、縁起が悪いとされるシクラメン(死、苦を連想させるため)、椿(花が首から落ちるため)もNG。最も気を付けなければならないのは鉢植え(根付く=寝付くを連想させるため)です。

病気のときは気分も落ち込み、ちょっとしたことが気になってしまう場合もありますので、注意しましょう。お花を持っていきたい場合には、手入れが不要で花瓶がなくてもそのまま置くことができるフラワーアレンジメントのバスケットや箱入りのプリザードフラワーなどを選ぶと良いでしょう。

筆者の母が入院した際には、華やかな花が病室にあることで、気持ちが明るくなると喜んでいましたので、普段からお花が好きな方にはオススメです。

#2 お見舞金や金券を持っていくときのマナー

お見舞いに現金を持っていくのはごく一般的なマナーになります。入院には何かと入用ですので、何かの足しにしてもらえたら嬉しいですよね。お見舞いの品に悩んでしまうときには、思い切ってお金を包んでしまいましょう。

お見舞金や商品券を渡すときには、結び切りの水引のついた封筒、または無地の封筒を使います。病気を一度きりにしてほしいという願いを込めておりますので、絶対に蝶結びを選んではいけません!水引の色が紅白になりますので、病状が重い場合などには避け、無地の封筒に包むのも良いでしょう。おめでたいことではありませんので、熨斗のついた封筒もNGです。表書きには「御見舞」、自分の名前を書きます

お金は受け取ってもらいづらい場合もありますので、相手に返されることのないように去り際に渡すのがオススメです。病室に金庫などがなく、盗難対策ができない場合もありますので、時にはご家族に渡せる日程にする配慮も必要になります。

相場は友人であれば3000~5000円、身内や親族であれば5000~10000円、同僚や後輩には3000~5000円程度。有志で募る場合には、忌み数と呼ばれる「4」「6」「9」などがつく金額にならないように気を付けましょう。また、目上の方にはお金を渡すのはNGです。

#3 食べ物を持っていくときのマナー

お見舞いの定番品といえばフルーツやゼリーなどの食べ物でしょう。お見舞いと聞いて一番にフルーツの盛り合わせを思いつく人も多いのではないでしょうか。食べ物にもNGのものがありますので、参考にしてみてください。

控えたほうが良いのは生もの、揚げ物類です。特に食事制限のない入院生活の場合でも、術後や病気の間は胃腸が弱っている場合もあります。普段は好物でも食べられない可能性もありますので注意しましょう。食事制限がある可能性も高いため、事前にアレルギー等も含めて確認できると間違いがありません。

果物類もあまり量が多いと傷んでしまう可能性があります。適量にしましょう。おすすめは普段は利用しないような専門店の高級フルーツです。立派な桐の箱に入っているものなどは見栄えも良いですし、甘味や味にも間違いがないため喜んでもらえる可能性が高いでしょう。

入院生活が長く相部屋の場合には、同室の方と仲良くなることもありますので、みんなで分け合えるような小包装のお菓子類も重宝します。消費期限の長いものを選ぶとさらに良いですね。

#4 小物や入院生活で使えるものを持っていくときのマナー

親しい相手のお見舞いであれば、気の利いたものを用意したいと考える場合もありますね。相手の喜びそうなものであれば何でも大丈夫ですが、入院の長引くイメージがつくようなものは控えましょう。スリッパやパジャマなどはやめておいた方が無難です。

退屈しているようであれば、好きな漫画や本、ゲームなどを持っていくのもいいですね。とにかく入院中は時間を持て余しがちですので、趣味がわかっているなら色々と持って行ってあげると喜ばれるでしょう。本は溜まってしまうと保管場所に困る場合もありますので、持ち込みすぎには注意しましょう。

意外と重宝するのがタオルです。自分では洗濯もできないですし、入院中はふとした瞬間にきれいなタオルが必要になることもあります。何枚あっても困るものではありませんので、今治タオルなど肌触りの良い質の良いタオルを差し入れるのも良い心遣いになりますよ。

お見舞いする際に気をつけるマナー

image by iStockphoto

お見舞いする際には面会時間に気を付けましょう。午前中は検査などで忙しい場合がありますし、食事中も避けるのがマナーです。面会に適しているのは昼過ぎの14~18時くらいです。また、意外と他の見舞客と面会日が重なってしまうことがありますので、やはり事前に日程を伝えておくと良いでしょう。

術後や出産直後の場合には予想以上に体力を消耗している可能性もあります。相手の体調をよく見極めて、15分から20分程度でお暇するのがマナーです。相手から帰ってほしいとはなかなか言えないものですから、きちんとこちらからタイミングを見計らうようにしましょうね。

次のページを読む
1 2
Share: