アイデア・コツライフスタイル出産子育て料理・食事

離乳食初期「ゴックン期」のお悩みを解決!赤ちゃんもママも笑顔になれる離乳食

赤ちゃんが生後5ヶ月ごろになると始まる『離乳食』。道具や食器を準備して、さっそくはじめてみたものの「赤ちゃんが離乳食を食べてくれない・・・」「離乳食が上手く作れない・・・」などと、様々な悩みを抱えているママも多いのではないでしょうか?そこで今回は、先輩ママである私が、離乳食初期のお悩みについて色々とアドバイスしていきたいと思います。

そもそも離乳食とは?どんな役割があるの?

image by iStockphoto

まずは離乳食についてお話したいと思います。あなたは離乳食の役割をきちんと理解できていますか?

離乳食とは、赤ちゃんがママの母乳やミルク以外の食品から栄養を取り入れ、幼児食へと移行する過程の食事のこと。ですのでその目的は『飲み込みや噛み方の練習をすること』、そして『色々な食品の食感と味を覚えること』にあります。

そして離乳食は『初期・中期・後期・完了期』の4つの時期に分けられ、離乳食の入り口である『初期』では、母乳やミルク以外のものを口に入れ、飲み込む練習。『中期』では、食べ物を噛む動きを練習。『後期』では、実際に歯を使って食べ物を噛む練習。そして『完了期』では、大人と同じように咀嚼し、食事ができるようにと進めていきます。

食品から栄養を摂ることももちろん重要ですが、それよりも、飲み込みや噛み方の練習がメインの目的だということを忘れないでくださいね。

離乳食初期・ゴックン期とは?

image by iStockphoto

離乳食の初期であるゴックン期とは、一般的に生後5〜6ヶ月頃のことを言います。赤ちゃんは首がしっかりとすわり、だんだんと寝返りもできるようになっているころ。補助があれば、一人でバウンサーや子供イスにも座れるようになっていますよ!

また大人の食事を見てヨダレを垂らしたり、大人が食事する動きをマネして口をパクパクと動かすようになったりと、母乳やミルク以外の食品にも興味を示すようになってきます。ママは授乳のリズムも落ち着いて、そろそろ赤ちゃんとの生活にも慣れてくるころではないでしょうか。

離乳食初期「ゴックン期」の進め方

image by iStockphoto

赤ちゃんが母乳やミルク以外の食品に興味を示し、バウンサーなどに一人で座れるようになったら、そろそろ離乳食をはじめてもいい時期です。赤ちゃんの様子を確認しながら、少しずつ進めていきましょう!ここでは、離乳食初期の進め方をご紹介していきます。

ステップ1 まずは10倍粥からスタート!

image by iStockphoto

記念すべき離乳食最初のひと口目は、10倍粥です。水とお米の割合が10:1のお粥で、これを離乳食用のスプーンに1さじだけ与えます。

スプーンがとても小さいので「少なすぎるのでは?」と思うかもしれませんが、これで正解!赤ちゃんの胃腸は未発達なので、はじめからたくさんあげてしまうと体がビックリしてしまいますよ。

無事に1さじ口にすることができたら、2日目と3日目は2さじ、4日目には3さじと、少しずつ量を増やしていきます。これを続けて、6さじくらい口にできるようになったらステップ1は終了です。

ステップ2 色々な野菜にチャレンジしよう!

image by iStockphoto

お粥がある程度食べられるようになってきたら、次は野菜にチャレンジしてみましょう!にんじん・かぼちゃ・ほうれん草などの野菜を、1種類ずつ加えていきます。野菜は、すり潰したり、うらごししたりして、舌触りを滑らかに、飲み込みやすいように調理してくださいね。

進め方はお粥と同様に、まずは1さじからスタートし、2さじ、3さじと少しずつ増やしていきましょう。最終的に4~6さじ口にすることができるようになればOKです。

ステップ3 タンパク質も忘れずに!

お粥と野菜に慣れてきたら、次はタンパク質も取り入れていきましょう。まずは豆腐をすり潰して滑らかにしたもの。続いて、白身の魚の順に増やしていくのがオススメです。

こちらも進め方は同様で、まずは1さじから与えていきましょう。離乳食初期が終わるまでに、野菜と合わせて4~6さじ口にできるようにするのが目安です。

離乳食初期「ゴックン期」のお悩み

image by iStockphoto

ここからは、離乳食初期によく聞かれるお悩みについて、アドバイスをしていきたいと思います。私も離乳食が中々上手くいかずに苦労した経験があるので、同じような悩みを持っているママの少しでもお役に立てれば嬉しいです。それでは、一緒にみていきましょう!

【お悩み1】離乳食を食べてくれない

image by iStockphoto

お悩み1つ目は、『離乳食を食べてくれない』です。育児雑誌などを見ていても、本当に多くのママがこのお悩みを抱えていますね。私からのアドバイスを4つご紹介しますので、まだ確認していないことや試していないことがないか、ぜひチェックしてみてくださいね。

1. 口の発達を確認してみよう

まず、赤ちゃんが離乳食を飲み込まずに口から出してしまったとしても、それは嫌がっているとは限りません。離乳食をはじめたばかりの赤ちゃんは、上あごと舌を前後に動かして食べ物をすりつぶしてゴックンしているのですが、それがまだ上手くできないと、出したいわけではなくても離乳食が口から出てきてしまう場合もあるからです。

赤ちゃんが嫌がって顔をそむけたり、機嫌が悪くなるなどの様子がみられなければ、上手にゴックンできないだけかも?何度も離乳食を重ねていくうちに舌の使い方が上手になれば、自然と飲み込めるようになりますよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: