テーブルマナーマナー文化

みんな大好き中華料理!食べる時のマナーは大丈夫?

日本人にとってとても馴染み深い料理の一つ、中華料理。大皿料理の定番として、ご家庭でも一般的に食べられている料理ですね。日本の食文化や箸とも相性が良いため、普段何気なく食事されている方が多いのではないでしょうか。しかし食文化はお国柄を表すものであり、それぞれの国ごとに独自の食事マナーがあるもの。中華料理もその例にもれず、食事のマナーがきちんとあるものなんですよ。今回は意外に知られていない中華料理を食べる際のマナーについてご紹介してまいります。

中国の基本的な食事マナーについて確認

image by iStockphoto

まずは中華料理の本場、中国の基本的な食事のマナーについてみていきましょう。中華レストランに行く際や中国人のお友達との会話にも使えますし、もちろん現地で一般的とされている食事作法です。旅行に行く方もぜひ覚えておいてくださいね。

お皿は持たないで食べること

白米が主食の日本人は、食事の際お茶碗を片手に持つ方が多いですよね。中国でもご飯茶碗は手で持って食べても良いのですが、それ以外の食器はNGで、お皿を持って食べることは良くないとされています。何故この区別があるのかというと、お米は粘性がありますし口に運ぶ動作も多いため、「近くにないと疲れてしまうから」持つようになったという説が有力です。つまり中国ではそもそもお皿は食卓に置いたまま食べる文化であったのですね。

音を立てて食べない!

日本人にとって麺類はすすって食べるものですが、海外の方にはあまり好まれない食べ方ですよね。これは中国でも同じで、音を出して麺を食べたりスープを飲んだりすることはマナー上よくありませんので気をつけてください。

ちなみに、実は麺類をすすって食べるのは高度な口の発達によるものなんだそうですよ。本来できるはずのないことなので、「マナー違反」と考えられてしまうわけなんです。豆知識として覚えておくと良いかもしれませんね。

中華料理は取り分け不要の文化

誰かに料理を取り分けけてあげることは日本人の感覚としては普通のことかと思います。取り箸を用いたり、「私の箸で取っても良いですか」と確認しつつ分けてあげますよね。しかし中国ではそんな気遣いは無用、むしろ「自分で勝手に食べた方が良いよね」というスタンスを持っているようです。

もし取りにくそうな料理があり相手に取り分けをするのであれば、自身が使っていた箸で取り分けてあげるのが丁寧であると考えられています。別のおを使ったり、箸の反対側で取ってあげると逆に失礼になってしまいますから注意が必要ですよ。

骨は別皿に出すようにする

日本では魚料理やお肉で骨がついているものは、先に外すなどしてそのままのお皿に載せておきますよね。しかし中国ではグーディエとよばれる骨取り皿に分けておく習慣があり、もしそのお皿がない場合はテーブル上に骨を出してしまうそうです。グーディエが無い場合はテーブルに骨を置いておいても問題ないのだそうですよ。

グーディエは席の目の前に置かれているお皿のことで、リッチなお店ではナプキンが三角に畳まられて乗せられているものです。目の前にあるので取り皿と間違われがちなので気をつけましょう。

お酒は毎回乾杯?

お酒を呑む際は、杯に注がれるごとに目上の方が「乾杯(カンペイ)」と音頭をとり、それに続いて他の方も呑み干すのがマナーとされています。ちょっとでもお酒が呑める方は潰されるまで付き合わないといけないそうなので、よほどの酒豪でない限りは「呑めません」というアピールのためお茶を飲むようにするといいのだそうです。

「美味しい」は後から言うもの!

食事中口にした料理が美味しいと、「これ美味しいね!」「こっちも良いお味」など話しながら食べることは、日本では一般的なことですよね。しかし中国では都度「美味しい」とコメントすることは恥ずかしいと考えられています。毎回のように美味しいと口にすることで、食事に困っている人、というイメージをされてしまうのですね。食事の感想について中国では、食べ終わった後に「あの料理美味しかったね」と話すようにするといいですよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: