ビューティーボディケア女子力自分磨き

ちょっとした意識改革が鍵!痩せてる人の太らない習慣8選

すらりと伸びた手脚のモデルさん。憧れますね。痩せている人はなにか特別なことをしているのでしょうか。答えは半分イエスで半分ノーです。特別なことをしているというより、普段の生活の中で小さな努力をしています。今回は痩せている人の太らない習慣を参考にさせてもらいましょう。きっと毎日の行動のヒントになりますよ。

瘦せている人は特別な人?

image by iStockphoto

綺麗なモデルさんや女優さんの中には、なにもしなくてもスタイルがいい人もいることでしょう。しかしその体を見るとただ細いだけと言われている人でもしっかりと筋肉がついています。いくら食べていないだけといっても筋肉がついているということはそれ相応の努力をしているということ。あなたはどうでしょうか。なにか言い訳をして、自分のスタイルに背中を向けていませんか。自分の体型には自分の生活態度が出ます。

丁寧に生活していると体つきも変化がありますね。あなたも自分の生活態度を見なおしてみてください。自分を見つめるということはどうやっても避けて通れない道です。ここからちょっと素敵な自分のスタートですね。

#1 忘れがちかも!毎日体重計に乗る

あなたは毎日体重計に乗っているでしょうか。3日間は乗ったけどすぐ乗らなくなってしまったという経験をお持ちの方も少なくないはず。痩せてる人は毎日体重計に乗っている確率が高いです。これはつまり自分の意識がどれだけ自分の体型に向いているかということを指します。体重は常に意識しておいたほうがいいものです。それは食べることは生活に密着しているからです。毎日の小さな積み重ねが明日の自分を作ります。とりあえず毎日体重計に乗ることからはじめてみましょう。

#2 隙間時間に軽い筋肉トレーニング

瘦せている人は軽い筋肉トレーニングを習慣にしています。なにも難しいことはしません。歯磨きの最中につま先立ちをしてみたり、買い物袋を腕に軽く負担がかかるような持ち方をしてみたり。筋肉に負荷をかけると成長ホルモンが分泌されます。これによって若く見えやすいという効果もあり、筋肉トレーニングは瘦せた生活においてかかせません。引き締まった手足を作るためにも多少のトレーニングは必要です。理想は筋肉痛一歩手前くらいまでですよ。やりすぎは避けてくださいね。

#3 服のサイズはぴったりめを着る

image by iStockphoto

みなさんは服のサイズを気にしていますか。楽だからという理由でオーバーサイズの服を着ていないでしょうか。確かに楽な服装は心地がいいです。しかし、楽な服装が必ずしも自分を美しく見せてくれる服とは限りません。美しくなりたいなら自分の体型より少しぴったりめな服を選びましょう。服がブカブカだと、お腹部分や太ももも隠れるため、体型に甘えが出てしまいます。そこでぴったりめの服で街を歩いてみてください。おすすめはスキニージーンズです。スキニージーンズはやせていれば確実に格好良くなるスタイルですね。モチベーションアップにも繋がるので、試してみてくださいね。

#4 甘い飲み物はなるべく飲まない

image by iStockphoto

あなたは毎日の食事にとても気を付けています。しかしなかなか痩せません。それは一体なぜでしょうか。食べるものには気を付けていても、仕事の休憩時間に甘い飲み物を飲んではいないでしょうか。甘い飲み物は少量でもカロリーが高いものが多く、その上栄養分はあまりありません。甘い飲み物で血糖値を上げてしまうとそれで満足して、食事をとらなくてもよくなってしまいます。食べる量が減るからいいのではなく、健康的にバランス良く食べて痩せるのが理想です。飲み物だけで空腹を紛らわせるより、必ず栄養価の高い食事をとるように心がけましょうね。

#5 余裕で3駅くらいは歩く

image by iStockphoto

普段すぐタクシーに乗ってしまう。またはすぐその場に座り込んでしまう人はいませんか。足腰の筋肉はからだ全体の代謝に影響大です。代謝が良いからだというのは筋肉量があるからだのこと。身体の筋肉は動かすとそこから熱を発生させ、エネルギーになります。しかし脂肪が多いと身体も冷え、思うようにエネルギーが燃えてくれません。当然カロリーもうまく消費できず、やせ体質からは遠くなってしまうでしょう。痩せている人というのは、筋肉がしっかりついています。こまめに歩くようにして、体幹を鍛えておきましょう。

#6 食べ物は野菜から食べる

image by iStockphoto

食べ物は三角食べをしなさいと少し年配の方に言われた事があります。私の親もよく言っていました。本当に三角に食べろと言うよりもこれはどの食材もバランスよく食べなさいということです。この食べる順番に気を付けるなら、まずは野菜から食べることをおすすめします。炭水化物から食べると血液の糖分の値が急激に上がりますね。これを繰り返すと習慣になってしまいますよ。

まずは野菜から食べ、胃やからだに負荷をかけないようにしましょう。経験から言うと温かいスープの野菜を食べて、胃が温まった状態で他の食べ物を食べるのがいいと思います。痩せている人は自分の体を大切にしていますよ。

次のページを読む
1 2
Share: