おすすめアイテムライフスタイル家事掃除

ウタマロクリーナー最強説!掃除嫌いな人もハマるウタマロクリーナーまとめ

【掃除】これは一生続くであろうノルマですよね。几帳面できれい好き。そんな性格であれば掃除をすることもそれほど億劫と思わないかもしれませんね。その逆で掃除が本当に嫌い、苦手な人にとっては本当に過酷な作業であり出来れば見て見ぬふりをして過ごせれば良いな~なんて思いを抱くのではないでしょうか。今回ご紹介するのはそんな掃除苦手な人に是非使ってもらいたい掃除グッズ、ウタマロクリーナーについてまとめてみました。

私は掃除が大っ嫌いです!

image by iStockphoto

まず言わせて下さい。決して自慢するようなことではありませんが、私は掃除が大っ嫌いです!出来ることならば、毎日掃除業者にお願いして掃除をしてもらいたい。しかし、そんなこと実現することも出来ませんよね。

なぜこんなに掃除が嫌いなのか、私のように掃除が嫌いだと思う人には共通の特徴がありました。

そもそも、掃除をする時間がない

私は現在子育てをしながら専業主婦をしていますが、子供が産まれるまではフルタイムの仕事をしていました。子育て、仕事、どちらの場合も毎日がとにかく忙しくて掃除をする十分な時間を確保することが出来ないのです。

子供が小さいと常に目の見える場所で作業しないと不安になりますし、かといって近くにいると愚図ったり、「お手伝い」という名の邪魔をしてくることがとても多くなります。仕事をしている場合には、掃除よりも炊事や洗濯の方を優先しがちになり、休みの日には体を休ませることを優先してしまい掃除をすることまで手が回りません。

掃除熱が出ても持続出来ない

掃除が大っ嫌いでも、時には掃除をしてみようかなと掃除熱が高まることもあります。しかし、ほとんどの場合、一生懸命頑張れば頑張るほどその状態を他の場所まで持続することが出来ず、中途半端な状態で終わってしまうのです。

そして、また今度でいいかなという見て見ぬフリ作戦へ変更となります。

汚い場所を見たくない、触りたくない

私は掃除は嫌いですが、少々潔癖なところがあります。自分でも分かっていますが、イコールになっていませんよね。汚い場所を見るとゾクゾクっと鳥肌が立つこともありますし、その部分に触れたくないと思ってしまいます。

特に水回りだとお風呂、キッチン、トイレ。お風呂は掃除をしなければカビも生えますし、髪の毛もたまります。キッチンは排水溝部分にぬめりや生ごみが付着していますよね。トイレは尿の飛び散りも目に見えてしまいます。

嫌だと文句をいいながらなんとか掃除らしいことはしている状態ですが、出来ることならば見たくない、触りたくない。これが本心です。

どんなグッズを使ってよいのかわからない

掃除好きの人は、この汚れにはこの洗剤、この汚れにはこの方法が良いというような掃除テクニックがありますよね。しかし、掃除が苦手な私にとって、汚れは汚れ。汚れにどんな種類があるのか、どんな種類の汚れに対してどんなグッズを使ってよいのかが分からず、掃除グッズの選択から始まるわけです。

「分からない。」から始まる掃除は、もしかしたらコツさえ分かってしまえば楽しいのかもしれませんが、そこまでに至るのに時間が掛かります。

マイホームを手に入れると掃除への意識が大きく変化

image by iStockphoto

・掃除が嫌い

・汚れを見たくない、触れたくない

・時間がない

様々な言い訳を並べていましたが、この思いを払拭させたのがマイホーム購入という出来事でした。マイホームの購入は人生の中でもベスト3に入るイベントです。掃除をしなくてはという意識を高めてくれた大きな理由が2つあります。

アパートのように引っ越し出来ない

アパートやマンションなどの賃貸住宅住まいであれば、極端な話、別の家に引っ越すということは実現出来ますよね。引っ越す理由がどうであれ、家の至るところに落としきれないような汚れが付着していても、引っ越し先の新居まで汚れがついてまわることはありません。

もちろん、引っ越しの際には最低限のマナーとして掃除はしますし、その後清掃業者も入るでしょう。ただ、どうしてもどこか他人事という考えが先行しがちになり、賃貸だから掃除をしなくてもきっと大丈夫。という気持ちがわずかに芽生えてくるのかもしれません。

しかし、これがマイホームとなるとどうでしょう。自由設計であり建売物件であり、どちらにしても自分が気に入って購入に至ったマイホームです。何千万円という高額な費用がか狩りますし、壊れたから、汚れたからといって簡単に購入交換することも出来ませんよね。

いずれはリフォームという形で取り換えをする時期がくるかもしれませんが、それまで数年、何十年と長い付き合いをしていくことになるのです。

 

次のページを読む
1 2 3
Share: