教養自分磨き

シャネルの名言が女性の心に響くワケ

シャネルの残した名言

image by iStockphoto

両親の愛に飢え貧しい幼少期を過ごしたシャネルは自らの手で人生を切り開き大成功をおさめましたが、だからこそ苦しい逆境にあったほうが自分を奮い立たせることができたようです。それは彼女が放った数多くの言葉から知ることができます。ここからは、いまなお女性の心を奮い立たせてくれるシャネルの名言をいくつかご紹介しましょう。

『20歳の顔は自然からの贈り物、30歳の顔はあなたの人生。でも50歳の顔はあなたの功績よ』

『男はいつでも心配や不安を与えた女性のことを覚えているものよ』

『人生は一度きり。だから思いっきり楽しむべきよ』

『女は40を過ぎて初めて面白くなる』

『失敗しなくちゃ、成功しないわよ』

『天分は、持って生まれるもの。才能は、引き出すものよ』

『人生が分かるのは、逆境の時よ』

シャネルの名言が女性の心に響くワケ

image by iStockphoto

着心地の良さや自由を服に表現し、19世紀の女性服を根底から覆して皆殺しの天使と言われたシャネル。モデルに試着させデザインを確認するときにでもタバコは欠かしませんでした。彼女の口からタバコが離れるのは、タバコに火をつける時だけだったとか。相当なチェーンスモーカーだったようですね。インタビュー映像を見ても口から出るのは批判ばかり。口が悪く他社を寄せ付けないような冷たい印象を受けました。そんなシャネルでしたが、こんなことを言っています。

「私だってもっと美しい人生を送りたかった。人の悪口だけじゃなくてね」

自分でも、口の悪さを認めていたようです。では、ナゼ口の悪いシャネルが女性たちの指示を受けるのか。それはシャネル自身が逆境に立ち向かい、それを乗り越えたシャネルの強い生き方が彼女の言葉に重みを与えているからだと思います。だからこそ、シャネルの残した言葉は今なお、私たち女性の心に響き渡り、自らの人生を頑張る力が与えられるのです。自分の手で人生を切り開いたシャネルは「私こそが世界で一番女性を美しく着飾れたの」と言っていますが、シャネルは自分の生涯を振り返りながら「よくやった!私の人生、上出来よ」とでも天国で言っているような気がします。

1 2
Share: