ビューティー女子力自分磨き

香りを纏った魅力的な女性を目指す!自分らしい香りを見つける香水の選び方とは

その人らしい香りを纏った女性というのは、魅力的なもの。しかし、香水選びは意外と難しいものです。数多くの香りの中から、自分好みの香りを選ぶというのは難しく感じるでしょう。では、香水選びの前に知っておきたい香水の分類や香りの系統、選び方についてご紹介しましょう。

香水の分類を知っておこう!

image by iStockphoto

香水と一言で言っても分類があり、それぞれ特徴が異なります。分類によっては香水の濃度が異なるため、香りの持続時間なども変わってくるため、使い方や目的によって選ぶことが大切です。

では、香水の分類をご紹介しましょう。

香りが強めのパルファン

パルファンは、香水の中でもエタノールの濃度が高いため、香りが強めなのが特徴。エタノール濃度は、15%から13%となっており、香りの持続時間は5時間から12時間程度と長く香りを楽しむことができます。

ただし、その分価格は高いものが多く高価。普段使いとしては、選ばれないタイプといえるでしょう。

香りの持続時間が長いオーデパルファン

オーデパルファンは、エタノール濃度が10%から15%となっており、パルファンと比べると低め。しかし、香りの持続時間はパルファンとさほど変わらず、5時間から12時間程度は楽しむことができます。

価格も手頃なものが多く、気軽に使える香水といえるでしょう。

軽い香りを楽しめるオードトワレ

オードトワレのエタノール濃度は、5%から10%と低め。そのため、香りの持続時間は2時間から5時間程度と短くなります。

軽い香りが特徴となっており、「キツイ香りは避けたい」「さりげなく香りを楽しみたい」と言う人にとっては、理想的な香水。ほのかに香りを楽しむことができるでしょう。

価格も手頃なため、普段使いにもおすすめです。

ライトに香るオーデコロン

オーデコロンは、オードトワレよりもさらにエタノール濃度が低く、1%から5%程度。そのため、香りの持続時間は1時間から2時間程度と短くなります。

ライトに香りを楽しむことができるため、香水初心者や軽く香りを感じたい人にはおすすめの香水です。

価格も低価格となっているため、初心者にとっても気軽に試すことができるでしょう。

好みの香り系統から香水を選ぶ

image by iStockphoto

香水の香りは、何種類もあります。しかし、香り別に分けることができるため、まずは自分の好みの系統の香りを見つけることがおすすめ。

使っていて心地よいと感じる系統を見つけることができれば、香水選びもスムーズになるでしょう。

では、香りの系統をご紹介します。

お花ベースのフローラル系

フローラル系の香りは、お花のような香り。女性らしいふんわりとした印象で、男性受けの良い香りです。

フローラル系の香水には、バラの香りだけを楽しめるような単一の香水もあれば、様々なお花の香りを楽しめるような複数の香水もあります。フルーティー系の香りであれば、若々しく可愛らしい印象を作ることができるでしょう。

香水初心者にとっても、使いやすい香水です。

次のページを読む
1 2 3
Share: