教養自分磨き

知性を感じる女性の特徴5選~魅力的な自分になるために~

知的な女性って素敵ですよね。凛としていて、困ったときに頼りになる、「そんな女性になりたい」と憧れる存在ではないでしょうか。男女からともに人気がある「知性を感じる女性」には、共通する特徴があります。今回は、知性を感じる女性について、考えていきましょう。

知性を感じる女性になるために~実践したい5つのステップ~

image by iStockphoto

まず、「知性があるか、ないか」を判断するのは誰なのか、ということを考えてみましょう。すぐに答えがでますね。もちろん、自分ではなく、他人が判断するものです。ですから、人付き合いをしていく中で、「相手から自分はどのように見られているか」といった視点で考えることが必要ですね。

それを無視してしまうと、一生懸命お稽古事をしたり、スクールに通っていたとしても、努力の方向が間違ってしまい、独りよがりになってしまう可能性があります。このことを前提に、知性を感じる女性の特徴を1つずつ見ていきましょう。

#1 一般常識や幅広い知識を持っている

まず1つ目は、一般常識やマナーはもちろんのこと、いろいろなジャンルの知識を持っていることが特徴です。社会に出たら、当たり前にビジネスルールを守ることを求められますし、冠婚葬祭のマナーも知っていることが必要ですよね。

まだ若い女子ならこれから学んでいけばいいから、知らなくても許されることがあるかもしれません。また、知らなくて自分に頼ってくれる女子を「可愛い」と思う男性もいるかもしれません。しかし、社会に出て数年、アラサーにもなれば可愛いだけでは済まされなくなってきます。年相応の一般常識や知識を持っていることが求められるのですね。

仕事では後輩もできますし、人間関係も広がっていることでしょう。さまざまな年齢・性別、国の人と交流をすれば、話題もさまざまです。時事問題について話すかもしれないし、文化について話すかもしれない。お酒について話すこともあれば、スポーツについて熱く語り合うかもしれない。どんなジャンルのことでも知っている女性からは、やはり知性を感じますね。

★学歴があれば知識も豊富?

一般的に学歴がよければ、頭もよくて知識も豊富だと思われがちですよね。もちろん、一生懸命受験勉強をして、厳しい入試を突破してきたわけですから、豊富な知識を持っています。

しかし、世の中には、習わなかったこともたくさん。マナーなどは習わないことがほとんどですし、時事問題も常に変わるもの。知識というものは、常に吸収して学んでいくものなんですね。そして、それを活用できるかどうかが大きなポイントですよ。

#2 自分の意見や軸を持っている

image by iStockphoto

2つ目は、自分の意見や軸を持っているということが挙げられます。どんなことに対しても、自分なりの考えをしっかり持っていて、「他人がこうだから。」「周りがみんなそう言っているから。」という理由で、流されることはありません。自分の意見をはじめ、判断や行動、生き方にまで責任を持っているからですね。

ここで注意したいのは、頑固とは違うということ。もし自分の考えが間違っていたとしたら、その場合はちゃんと納得した上で、柔軟に変えることができます。その際も、やはり変えた自分の考えに責任を持っているんですね。自身に信念とする1本の軸があれば、周りのことは柔軟に変えられる、そんなしなやかな女性は、とても魅力的です。

#3 相手の立場に立つことができる

続いては、相手の立場に立って物事を見たり、考えたりすることができるということ。これはつまり、客観的に物事をとらえることができることにつながりますし、相手を思いやるということにもつながりますね。

人間はどうしても自分に都合よく解釈したり、物事を進めようとしがちです。しかし、そのとき相手が、必ずしも心から賛成してくれたり、良い気分になったりするとは限りません。ですから、「自分が今からすることに対して、相手はどう感じるか」、「何を他人からしてもらったら、今の自分は嬉しく感じるか」を考えるのです。

そのようなことを考えれば、言葉選びには十分注意し、相手を傷つけるような発言はしないでしょう。不快にさせる行動もとらないでしょう。そして、感情的になって、自分の利益だけを優先させるようなことはせず、冷静に対処できるでしょう。さらには、時や場所に応じた対応もできるようになりますし、周りが気づかなかったことにも気づくようになってきます。

#4 会話が弾む

image by iStockphoto

4つ目の特徴は、会話が弾むこと。そのためには、上記で挙げてきた「知識を持っていること」、「自分の意見を持っていること」、「相手の立場に立てること」が必要条件です。

なぜなら、会話には、必ず話題というものが存在し、その話題を知らなければ、会話は成り立ちません。知っている者が知らない者に教えることは、一方的であり、それは対等なものではないからです。そして、意見を持つということは、そのことに対して十分な理解があるということ。たとえその話題を知っていたとしても、自分なりの意見がなければ、深い会話はできませんね。そして、相手の立場に立てることが必要なのは、相手の意見を尊重できるからに他なりません。気持ちよく会話を続けるためには、相手に居心地の良い空間を提供することが必要。自分ばかり話していても駄目ですよね。

知性を感じるか、感じないかは他人が判断すると最初にお伝えしましたね。他人を知るための1番の方法は「会話をすること」です。テンポよく会話を進めるためには、相手の話を的確につかみ取る理解力も必要。だからこそ、いろいろな話題で会話が弾む女性からは、知的な印象を受けますね。

★話し方も重要

いくら中身の濃い話であっても、話し方によっては、知的な印象を受けないことも。常にハイテンションで話す人よりも、落ち着いたトーンで話す人のほうが、知的な印象を受けますよね。

そして、相手の目を見て話すこと、相手がうまく理解できていないようなら説明を加える・具体例を述べるなど相手の反応を見ることも必要ですね。さらには、論理的に話すなど、相手にとってわかりやすい話の組み立て方が大事です。

次のページを読む
1 2
Share:
みほこ