マナー冠婚葬祭礼儀作法

差がつく!結婚内祝いの基本マナーと失敗しない贈り方

夫婦の初めての共同作業ともいえる結婚内祝い。適当に済ますなんて言語道断です。センスの良い贈り物は記憶にも残りますので、正しいマナーや気遣いの感じられる内祝いで、周りと差をつけましょう!自分の結婚内祝いの経験や、知人の成功失敗事例を数多く見聞きした筆者が、失敗しない結婚内祝いの贈り方をご紹介します!

内祝いとお返しは違う?

image by iStockphoto

近年、「内祝い」と「お返し」は混同されがちですが、本来は「内祝い」にはお返しという意味は含まれていません。内祝いというのは、「自分の家で起こったお祝い事の喜びを、身近な方におすそ分けする」行為を指します。

結婚という一生に一度の出来事に対してお祝いの気持ちをくださった方々に、感謝と喜びを込めて贈り物をすることが結婚内祝いの目的です。今後も末永くお付き合いさせていただく可能性の高い方達ですから、形式だけの「お返し」ではなく、心のこもった贈り物をすると良いですね。

まずは基本のマナーを、具体的にご紹介していきます。

結婚内祝いの基本マナー

image by iStockphoto

結婚式にお招きできなかった方からお祝いをいただいた場合に、「結婚内祝い」として贈り物をします。結婚式に出席していただいた方のご祝儀に対しては、食事や引き出物が内祝いになりますので、改めて贈り物をする必要はありません。

結婚内祝いののしの付け方

結婚内祝いを送る際には、必ずのしをつけましょう

のしの水引には紅白、もしくは縁起物の金銀の10本の結び切りを選びます。少額の場合など、品物によっては7本の物を使用することも。一般的に、結婚は人生で一度きりのイベントになりますので、両端を引っ張ってもほどけない構造の結び切りが適しています

のし上には「結婚内祝い」、のし下には贈り主の名前を入れましょう。新郎の苗字が一般的ですが、新郎新婦の両名の名前を連名で入れるかたちを選ぶ人も増えています。

結婚内祝いの相場は半返し?

結婚内祝いの相場は、お祝い金の半額である「半返し」が基本です。品物をいただいた場合には、ネットなどで相場の金額を調べる必要があります。しかしこれはあくまでも基本であるため、相手との関係性によって、贈り物の金額は臨機応変に対応しましょう。

結婚祝いの場合、近しい親戚関係の方から高額のお祝いをいただくことも珍しくありません。例えば両親、兄弟、叔父伯母の場合には、半返しは多すぎる傾向にあります。高額すぎる内祝いは、お祝いを突き返したのと同じように捉えられてしまうことも。内祝いの額は三分の一程度までに抑えるように心がけると良いでしょう。

上司や目上の方への内祝いも同様に考えます。高額のお祝いの場合には三分の一から半額程度までの贈り物が目安です。せっかくのご厚意ですので、ありがたく頂戴しましょう。

同僚や友人からのお祝いの場合、半返しが基本です。連名でプレゼントをいただいた際に、一人当たりの金額が少なすぎて選ぶプレゼントが見つからない場合には、多少金額をオーバーしても問題ありません。

お礼を先に!贈り物の時期とお礼状

お祝いをいただいた際には必ず、すぐにお礼をお伝えします。直接受け取ったものではない場合には電話で感謝の気持ちを伝えましょう。メールで済ませてしまうのは厳禁です。

特に年配の方は、メールなどでお礼を済ませてしまうことを簡単に扱われたと感じ、快く思わない方も多くいらっしゃいます。普段なかなか連絡をとることのない方々だからこそ、きちんとお礼をお伝えできると良いですね。

その後一か月以内を目途に、品物を贈ります。お礼状を添えるのも忘れないようにしましょう。

贈り物は統一した方がいいの?

image by iStockphoto

たくさんの方からお祝いをいただいた場合、内祝いを同じ物にした方が良いのか悩む方もいるでしょう。お祝いの額もそれぞれ違いますし、できることなら個別に贈り物を選ぶのが望ましいです。しかし結婚した直後は何かと忙しく、それぞれ別の品物を選ぶ時間もないかもしれません。

おすすめしたいのは、年齢別、予算別にあらかじめ贈り物を選んでおく方法です。例えば、年配の方にはタオル、上司や同僚、会社関係にはギフトカタログ、など大まかな種類を決めておくだけで、選別にかかる時間を大幅に短縮できます。組み合わせ次第で金額も細かく変えられる品物にしておくと、柔軟に対応できますね。

失敗から考える結婚内祝いのNG集

image by iStockphoto

ここからは、具体的な失敗例をご紹介します。先人達の失敗を元に、同じ轍を踏まないように心がけましょう!

次のページを読む
1 2
Share: