ビジネスマナーマナー

インターンシップに参加しよう!面接や参加時のマナーについて確認!

大学生になると段々と就活が視野に入ってくるかと思います。最近は就活スタートの時期も変わってきたりと、社会人になる準備を少しずつ始めていかないといけませんね。そんなタイミングで、校内の掲示板や先輩などからインターンシップの話を聞くのではないでしょうか。インターンシップに参加するにあたって大切なマナーについて、今回は紹介してまいります。参加を考えている学生さんは要チェックですよ。

インターンの面接に行く際の注意点は?

image by iStockphoto

インターンシップに参加する際には、多くの場合きちんと面接を受ける必要があります。実際に会社で働くわけですから、学生さんといえどもどんな人柄なのか確認するためですね。

ではまず、面接を受けるにあたって知っておくべきマナーなどを確認しておきましょう。バイト以外で面接を受けたことがない方は特に注意ですよ。

面接時の身だしなみや持ち物について

面接に受からないことにはインターン活動はできないわけですから、第一印象となる身だしなみにも気をつけて臨みたいところですね。面接の日程などについて事前に連絡があると思いますが、基本的にはその通りに準備しておけば問題ありません。

しかし、服装や持ち物についてなどについて触れておらず、またその点について質問し損ねてしまった場合などもあるでしょう。そうしたときは、以下の点を守って面接に行くようにしましょう。

・服装について言及がない場合、スーツを着ていくのがベター

・私服でOKな場合でも、露出や派手な服装は避ける

・髪は目にかかったり、お辞儀する度に整えたりする必要がないようにセット

・持ち物は最低限、筆記用具とクリアファイルを持参する

・もしあれば、名刺入れもあるとグッド

服装は必ずしもスーツである必要はありませんが、言及されていないようならスーツが無難でしょう。化粧は盛りに盛っていなければ、普段通りにしていっても問題ありませんよ。

髪色など変える必要はありませんが、身なりを整えていない印象を与えるような、ボサボサな髪型のまま面接には行かないでくださいね。「この子ならお仕事をさせられるかな」という印象を持ってもらえることが大切です。

持ち物に関して、面接時にメモをとるためと、頂いた書類を持ち帰る際に必要なクリアファイルは最低限持って行きましょう。面接官となる社員さんから名刺を頂くと思いますので、名刺入れもあると安心です。

名刺の受け取り方については追って説明いたしますのでご安心を。

時間厳守!遅れる場合は…

面接当日、電車遅延などで遅れてしまうこともあるでしょう。そんな時は早めに連絡をしておくことが肝心です。できれば直接電話をすると良いですが、車内など通話がはばかられるのならメールできちんと遅れる旨を伝えましょう。

遅れたからといって面接で落とされることはないと思いますが、事前連絡がないままの遅刻は厳禁です。遅刻するかしないか、という微妙なラインの時間になってしまった際も、念のため連絡を入れておくようにしましょう。

会社に着いたらどうすればいい?

面接する会社内やフロアに着いたら、まず受付があるかどうか確認しましょう。受付があればそこで要件を伝え案内してもらえますが、受付は無く受話器が置いてある会社もあります。

受話器を見てみると、「御用の際はこちらを~」と書かれていると思いますので、その通りに呼び出し・要件を伝えて待ちましょう。社員の方が出てきて案内してもらえますので、そのまま社内の奥に進んで行かないようにしてくださいね。

名刺を差し出されたら?

無事会社まで着き、面接します、というタイミングで、面接を担当する方に名刺を差し出されると思います。学生さんの内は名刺交換する機会はそうそうないでしょうし、持ち合わせはないものとして受け取り方のみご説明しますね。

1:「○○(企業名)の、○○と申します。」などの挨拶とともに、社員さんが頭を下げ気味に名刺を差し出す。

2:両手で名刺の隅を持つように受け取り、軽くお辞儀をしながら「○○様、本日はよろしくお願いします。名刺がないもので、頂戴だけしますことお許しください。」と返しましょう。

3:面接時はデスクに名刺を置いておきます。名刺入れを持っていれば、その上に置くようにしてください。

4:帰る際、頂いた名刺は席に座ったまましまいます。この時、名刺を軽く持ち上げながら「頂戴します」と言ってしまうようにしましょう。名刺入れが無い場合は、クリアファイルの一番上に、見える位置に入れるようにすると良いですよ。

学生さんなので名刺がないことは相手も分かっているはずですが、きちんとしたやり取りを知っておいて損はありません。全てこの通りにできなくても大丈夫ですが、緊張してしまっても「貰った名刺は丁寧に扱うこと」は忘れずに

次のページを読む
1 2 3 4
Share: