ビューティーメイク

日焼けしたくない・シミを作りたくない人必見!紫外線対策の基本中の基本

肌ケアに力を入れている方にとって、紫外線対策は基本中の基本ですよね。夏になると雑誌やTV、美容サイトなどで特集が組まれ、目にする機会は多いはず。でも「日焼けしたくない」「シミを作りたくない」方なら、1年を通しての対策が必須。そこで今回は、紫外線の基本知識から季節ごとの対策方法をご紹介します!

対策の前に紫外線のことを知ろう!

image by iStockphoto

紫外線が「お肌を老化させる」「シミを作る」「シワを作る」など、肌に悪影響を与えることは、よく知られていることですよね。ですが、そもそも紫外線はなぜ肌に良くないのかをご存知ですか?

本気で紫外線対策をするならば「紫外線が何なのか」という、しっかりした基礎的知識が必要です。知識があるのとないのでは、紫外線対策のアイテムを選ぶときの基準や、外出の時期や時間に合わせた対策などに差が出てきますよ。

何となくぼんやりと知っていることも、この機会にしっかりと覚えて紫外線対策に活かしてくださいね!

紫外線の種類は、紫外線A・B・Cの3種類

紫外線とは、地球に届く太陽光線の一種のこと。波長が短くなるほど皮膚への影響が強まり、波長の長さで3種類に分けらています。

・紫外線C波(UV-C)

・紫外線B波(UV-B)

・紫外線A波(UV-A)

皮膚への影響の強さは、上記の順番です。この中でも、紫外線C波と紫外線B波の一部は、地球を覆ている大気のオゾン層で吸収されるため、地上には届きません。気を付けるべき紫外線は、紫外線A波と紫外線B波の2つです。

肌は表皮や角質で反射・散乱したり、メラニン色素を生成して、紫外線の侵入を防いでいます。しかし、紫外線を防ぐ作用がシミやソバカスをつくる原因になることも。紫外線を長時間浴びることで、肌の機能だけでは間に合わず様々な影響を及ぼします。

紫外線が肌に与える影響

◆紫外線A波

波長が長く、雲や窓ガラスも透過してしまうため「生活紫外線」とも呼ばれています。肌の奥の真皮にまで到達し、ジワジワと肌にダメージを与えてある紫外線です。長時間浴び続けると、線維芽細胞やコラーゲンにもダメージが加わり、シワやたるみの原因に。

◆紫外線B波

屋外での日焼け、特に海水浴や旅行などのレジャーでの日焼けの主な原因となることから「レジャー紫外線」とも呼ばれています。大部分が表皮で散乱・吸収されるため、いわゆる火傷のようなダメージを与える紫外線です。紫外線を浴びてしばらくすると、メラニン色素を生成。シミやソバカスの原因に。

肌が軽い火傷を負った状態になり、肌のターンオーバーも崩れます。長時間浴び続けるとターンオーバーが崩れたままの悪循環が進行。シワやたるみ、シミの原因にも繋がります。

紫外線が強い時期はいつ?

夏場は紫外線が強いことは、想像しやすいのではないでしょうか。皮膚に影響を与える紫外線A・B波がともに強い時期は、想像通り7月と8月です。

しかし、生活紫外線とも呼ばれている紫外線A波だけに焦点を合わせると、5月~8月はほぼ横ばいに高く、次いで3月・4月・9月も高い紫外線量となっています。さらに紫外線A波は、雲も透過されて地上に届くため天気にも左右されません。美肌のためには、紫外線対策は春頃からはマストです!

この時期以外にも、紫外線は年中降り注いでいます。紫外線量が低い真冬でも夏場の半分ほどは届いている時期もあり、注意が必要です。そして、1日の中で紫外線が一番強くなるのは、午前10時~午後2時の間。この時間に外出する場合も対策が必要ですよ!

時期や環境に合わせた紫外線対策を!

image by iStockphoto

紫外線の基本情報の次は、日焼けしないための予防方法ですね。一番の予防はとにかく「紫外線に当たらないこと」です。数値の高い日焼け止めを塗ることは、もちろん効果的。でも、肌への負担は数値が大きければその分、大きくなってしまいます。紫外線をカットできても、肌トラブルを起こせば本末転倒です。

ここで重要になるのが、紫外線の基本情報。まずは、外出する時期や時間帯、場所を考えてみてください。紫外線A波・B波どちらが多い場所なのかなど、その時の自分にあった紫外線対策ができるはずですよね。

闇雲に紫外線対策するのではなく、自分に合わせた対策が一番効果的な対策に繋がりますよ!

1年を通して使いたい日焼け止め

紫外線が強くなる時期は、日焼け止めはもちろん必須。季節や時間によって変わる紫外線量や、紫外線A・B波どちらが強い場所に外出するかなどを意識して日焼け止めを選んでくださいね。

◆紫外線A波をカットする「PA」

「PA+」~「PA++++」の4段階で表示されており、+の数が多いほど紫外線A波をカットできます。散歩や通勤などの日常生活には+マークは1~2つ程度でOK。+マークが多いものは、紫外線をしっかり浴びる時に使うのがおすすめです。紫外線A波は雲も透過します。天気が悪くても対策が必要なことは忘れずに。

◆紫外線B波をカットする「SPF」

1~50の数値で表記され、数値が大きいほど紫外線B波をより長くカットできます。個人差はありますが、目安としてはSPF1=約20分、SPF30なら約10時間ほど。ただし、時間が経つにつれ効果は薄まるので、9時間後に紫外線を浴びる場合は必ずSPF30以上のものがおすすめです。

春(3月~5月)の紫外線対策

4月・5月は、紫外線A波の量が夏場と変わらない量に。3月も高いため、日差しが強くなくても日焼け止めは必須です。日焼け止めのPAの数値は通常よりも高めのものを選びましょう。紫外線B波も5月頃にはかなり高くなります。SPFの数値は高めの方が安心です。

5月ころからは、薄着になることも増えてくると思います。アームカバーやグローブ、UVカット加工されたカーディガンなど、上手く利用するとより効果的ですよ。

 

次のページを読む
1 2
Share: