マナー冠婚葬祭礼儀作法

お祝いに内祝いは必要?お返しとの違いと内祝いのマナーを徹底解説!

結婚、出産、マイホームの購入など、人生における大きなイベントの際には、周りの方からお祝いをいただくことがありますね。お世話になっている方達に、感謝の意が伝わるような正しいマナーで内祝いを贈りましょう。結婚から出産まで一通り経験した筆者が、今更聞けない内祝いのマナーについて詳しくご紹介します!

内祝いとお返しの違いとは?

image by iStockphoto

「お祝い」のお返しとして捉えられがちな「内祝い」。そもそも本来の意味では、内祝いには「お返し」の意味はありません。「自分の家で起こったお祝い事の喜びを、身近な人におすそ分けする」というのが内祝いのあり方なのです。

現在ではお返しの意味も強くなってしまっているため忘れられがちですが、本来の意味からすると、お祝いをいただいていない方へ内祝いするものおかしなことではありません。しかし、お返しの意味合いが強くなっている昨今では、お祝いの催促とも受けとられかねませんので、お祝いをしてくれた方へのみ内祝いする方が良いでしょう。

「お返し」と「内祝い」には明確な差がありますので、内祝いに添えるお礼状などには「お返し」という言葉を使わないように気をつけましょう。

内祝いにはどんな種類があるの?

image by iStockphoto

内祝いはどんな時に送れば良いでしょう。一般的に内祝いを贈ることの多い祝い事について、それぞれ説明していきます。内祝いには基本的にのし紙を付けて贈りましょう。のしのルールや水引きの種類についても解説いたします。

結婚内祝い

結婚式にお招きできなかった方からお祝いや贈り物をいただいた際には、結婚内祝いをしましょう。結婚式でいただくご祝儀は結婚式での食事や引き出物が内祝いの代わりになっているため、特別に何か贈る必要はありません。

のしの水引には紅白、もしくは金銀の10本の結び切りを選びましょう。品物によっては7本の物を使用することも。結び切りは両端を引っ張ってもほどけない構造になっていますので、結婚など人生で一度きりのイベントの際に用います。

のし上には「結婚内祝い」、のし下には贈り主の名前を入れましょう。新郎の苗字が一般的ですが、新郎新婦の両名の名前を連名で入れるかたちを選ぶ人も増えています。

出産内祝い

出産祝いをいただいた場合には、出産内祝いを贈るのが一般的です。母親の名前でいただく出産祝いですが、内祝いは子供の名前で贈る決まりになっています。赤ちゃんの名前をお祝いしてくれた方へお披露目するという意味合いもあるのです。

のしの水引には紅白5本の蝶結びを、丁寧さを出したい相手には7本でも構いません。出産は何度繰り返されてもおめでたいお祝いになりますので、何度でも結び直せる蝶結びを使用しましょう。

のし上は「出産内祝い」、のし下に赤ちゃんの名前を入れます。名前にはふりがなをつけると丁寧です。その他の内祝いとは違い、贈り主の苗字ではなく赤ちゃんの名前を記入しますので、間違えないように注意しましょう。

新築内祝い

マイホームを購入し、新築祝いや新居祝いをいただいた際にも、内祝いをすることがマナーとなっています。お祝いをいただいた方には、引っ越しから1~2か月後の落ち着いたころに自宅へ招待し、自宅のお披露目もかねておもてなしするのが一般的です。招待した際には軽食と手土産を用意しましょう。

自宅へ招待できなかった方や、高額のお祝いをいただいた場合には、後日内祝いとして感謝の気持ちを込めた品物を贈ります。のしの水引には紅白または金銀の蝶結びを選び、のし上に「新築内祝い」、のし下には贈り主の苗字を記入しましょう。二世帯住宅などの場合には、両親と連盟で記入してもかまいません。

開店・開業内祝い

自分のお店を開店した際にも、周りの方からお祝いをいただく機会があります。お店を長く続けていくためには、応援してくれる方を大切にしなければなりませんので、礼儀を忘れずにきちんと内祝いしておきましょう。

開店祝いに対する内祝いは、オープンしたお店のお披露目会やパーティーを開催し、招待することが一般的です。軽食と簡単な引き出物を用意しておもてなししましょう。引き出物ののしには紅白の蝶結び、のし上は「開店記念」「記念品」「粗品」などを、のし下には会社名を記入します。お店で扱う商品やかさばらない物など、簡単なもので大丈夫です。

お祝いをいただいたのにお披露目会に来ていただけなかった方へは別途内祝いを贈ります。開店後1~2週間後には届くように迅速に対応しましょう。品物を送る際ののしの水引には紅白の蝶結び、のし上は「開店内祝い」、のし下には会社名を入れます。開店内祝いの際の品物は、お菓子や石鹸類など、消え物がおすすめです。

快気祝い・快気内祝い・御見舞御礼

入院中など病気やケガの際に、お見舞いに来てくれた方から「お見舞金」や「退院祝い」をいただくことがあります。この場合にも内祝いが必要です。病気の状態によって、のし上の書き方が異なりますので注意しましょう。

病気やケガが全快した際にのし上に用いられるのが「快気祝い」です。これに対して、退院はしたが今後も通院が必要である場合には「快気内祝い」が用いられます。また、病気がなかなか治る目途が立たず、お見舞いのお返しがしたい場合には「御見舞御礼」とすると良いでしょう。

水引は蝶結び、のし下には病気をしていた本人の苗字を書きます。もう二度と繰り返さないという意味を込めて、消え物や日用品の贈り物を選ぶことが一般的です。退院後は何かと忙しく、入院中の疲れも出るかと思いますが、退院してから1~2週間以内には品物を贈るように心がけましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: