ビューティーボディケアメイク

【実体験】マツエクを長持ちさせる方法は毎日の簡単にできる6個のケアがポイント!

マツエクの長持ちのコツは、毎日のケアにあることを筆者は実体験で感じてきました。マツエクはある程度値段もしますし、取れてしまうとがっかりしますよね…。友人がアイリストの筆者が、アイリストから聞いた情報や実体験からマツエクを長持ちさせるケアをお伝えします。ちょっとした心がけとコツでマツエクの費用も節約できるかもしれませんよ。

マツエクが2週間で取れる筆者の悲しい経験…

image by iStockphoto

朝が苦手な筆者はいつも化粧の時間さえも寝ていたいと思っています。化粧の中でも面倒なアイメイクの負担を減らそうとマツエクデビューをしたのが2015年のお話。

それからずっとマツエクを続けていますが、マツエクを始めた頃は2週間でマツエクの3分の2が取れてしまう残念さで、お金だけが飛んでいきました。

もちろんサロンも変えたり寝る時に気を付けたりなど気を遣いましたが、何も変化なし…。そうこうしているうちに友人がアイリストになったことがきっかけで、徹底的にまつ毛ケアを始めました。そうしたら、今までの悩みが嘘のように3週間から4週間マツエクがもつようになって、ケアをすることが楽しくなっていったんですね。

こんなに簡単なケアでよかったんだ!と思えた経験から、マツエクを長持ちさせたい人に向けて実体験を基にケア方法を伝授します。

マツエクを長持ちさせるコツを伝授

image by iStockphoto

マツエクを長持ちさせるコツはどんなところにあるのか、アイリストから聞いた情報とマツエク歴3年の筆者が詳しく解説します。どんなことに気を付けたらいいのかが分かると、今すぐ実践したくなること間違いなし!知っていて損はしない知識を惜しみなくお伝えしていきます。

#1 マスカラを使わない

マツエクをしている人の中には目元をパッチリ見せたいと思っている人もいます。

パッチリ見せたいけれどマツエクをたくさんつけるとお金がかかるからと言って、マスカラを併用する場合もありませんか?実は筆者がそうでした。

ところがマツエクについたマスカラを落とす時に、マツエクが落ちてしまうことが多発しました。綿棒などを使って腫れ物に触るように落としても、マツエクは頑張ってくれないんですね…。

そこでマツエクにマスカラを付けるのをやめて、本数を多くするようにしました。本数を多くするとケアが大変になったりお金がかかると思いがちですが、計算してみると意外な結果が出てきたのです。

#2 具体的にどれくらい金額ともちが変わったのか

image by iStockphoto

マスカラを付けた方が目元もパッチリするので、付けない方法を選ぶのには勇気がいりますよね。ところがこのお値段の違いを見て、「マスカラやめる~」と思う人もいるかもしれませんよ。

【マスカラ使用時】

シングル120本4980円 もち約2週間 1か月9960円の出費

【マスカラ未使用】

3Dボリュームラッシュ60本6980円 もち約3~4週間 

1か月6980~10470円の出費

マスカラ未使用の時はより目元がパッチリするように3Dボリュームラッシュにしたので、1回当たりの施術代金は上がっています。

ですがもちが良くなっているので、1週間あたりの値段に直すとマスカラ使用時は2490円マスカラ未使用時は1745円とお得になるんです。マスカラを落とす手間も省けてマスカラを長持ちさせることができるのであれば、とてもうれしいことではありませんか?

本数を付けてよりマツエクを長持ちさせるためのコツを、実体験に基づいて次でご紹介します。

#3 ビューラーを使わない

マツエクをつけると「もっと目をパッチリさせたいと思うようになります。ビューラーを使ってまつ毛をあげることは、マツエクの負担になりマツエクが長持ちしません。

マツエクはまつ毛にグルーというまつ毛に優しい接着剤でつけていますので、外的な刺激に弱い!その証拠がマツエクサロンでも「目をこすらないでくださいね」と言われるのは外的な刺激に弱いからです。

ビューラーをかけるとまつ毛はパッチリしますが、マツエクが長持ちしない原因になりますので、カールの強いマツエクにする工夫をして乗り切る方法もあります。

どれくらいのカールにしていいのかはサロンでスタッフさんと相談してみるのもいいですが、Dカールくらいのしっかりしたカールがおすすめです。

#4 オイルタイプのクレンジング剤を使わない

オイルタイプのクレンジング剤は、ウォータープルーフのメイクを簡単に落とせるのでとても手軽でいいですよね。ところがマツエクにはその洗浄力の強さがマイナスになってしまいます。オイルタイプのクレンジング剤はグルーを溶かしてしまうこともあるので、NG。

アイラインなどをウォータープルーフにしている筆者は、綿棒にアイメイク用のクレンジング剤をしみ込ませて、アイラインをなぞるようにして落としています。

1往復くらいす~っとなぞるだけで落ちるので、ごしごしする必要もありません。それからジェルタイプのクレンジング剤を使ってメイクを落とすのがおすすめです。

#5 まつ毛美容液を使う

image by iStockphoto

アイリストの友人が言うには、まつ毛美容液で健康なまつ毛を育成することが最もマツエクのもちに影響すると言っていました。まつ毛がしっかりしていると、少し太めのマツエクをつけてもしっかりと重みに耐えてくれるので、目をパッチリさせることができるようになります。

まつ毛美容液はお値段もプチプラ料金のものもあれば、本格的な1000円以上のまつ毛美容液など種類もたくさん!もちろん値段の高いまつ毛美容液を使う方がいいですが、まつ毛美容液は健康なまつ毛を作る維持するために少しずつでも毎日使うことが重要。

つまり高いまつ毛美容液を買って続かないよりは、プチプラでもいいので続けることが大切です。より1本1本のまつ毛の根元にまつ毛美容液が浸透するように、まつ毛コームを使うとより効果的。

次のページを読む
1 2
Share: