ライフスタイル子育て

【男の子のママ必見!】男の子の子育てあるある4選+子育てのコツ3選

みなさんは、初めての子育てに悩んでいませんか?初めての子育ては、毎日が驚きの連続。特に異性である「男の子」の子育ては、ママにとってまさに未知との遭遇です!理解不能な言動や行動に、頭を悩ませているママも多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、男の子のママが思わず頷いてしまうような「男の子の子育てあるある」と「男の子の子育てのコツ」をご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

男の子の子育てあるある4選

image by iStockphoto

まずは「男の子の子育てあるある」をご紹介していきます。「男の子のこんな行動に驚いた!」「男の子のこんなところが可愛い」など、筆者やママ友の実体験をご紹介!男の子の行動や性格の特徴が見えてきますよ。

その1 僕はヒーロー!戦いが大好き

image by iStockphoto

男の子はとにかく「戦い」が大好きです。木の枝・傘・ラップの芯・・・なんでも武器に変えて、ヒーローに変身!見えない敵やお友達と戦いごっこを始めます。例えば遊具の沢山ある公園に行っても、遊具で遊ぶ女の子たちとは違い、男の子たちは木の枝を拾って戦いごっこをはじめるほど!

戦っている時の男の子たちは本当に楽しそうで、イキイキと輝いています。男子には狩りをする本能が備わっていると言いますが、こんな小さな男の子たちにもその本能が働いているのかもしれませんね。

その2 道でよく立ち止まる

大人よりも目線が低いからなのか、子供は道に落ちているものや道端のものに本当によく気が付きます。特に男の子は、「あれ何?」「ママ見て!」と少し歩いては立ち止まっての繰り返し。小石・木のみ・ゴミ・虫など、何にでも興味を持ってしまいます。

そのため普通に歩けば5分もかからないような距離でさえ、倍以上の時間がかかってしまうこともしばしば・・・。ママに手を引かれ、後ろ髪を引かれながら歩いている男の子をよく見かけませんか?時間に余裕がある時は付き合ってあげることができますが、急いでいる時は本当に困ってしまいます。

その3 何でも集めるのが大好き

image by iStockphoto

男の子は生まれながらのコレクターです。お気に入りのものができると、とにかく集めたがります。筆者の息子も「どんぐり」「小石」に始まり、「ペットボトルの蓋」「トイレットペーパーの芯」「ゲームのカード」など、色々なものを集めるのに夢中です。

周りのママ友に話を聞いても、やはり男の子にはそれぞれお気に入りのコレクションがあるそう!そして男の子のママたちは、どんどん増えていくコレクションの収納に、いつも頭を悩ませています。

男の子の収集癖は大人になっても健在!みなさんのご主人も何か収集していませんか?筆者の夫も「ガチャガチャ」の前を素通りできません。子供と一緒になってコレクションを増やしているパパが多いようです。

その4 甘えん坊でママが大好き

男の子は女の子よりも甘えん坊です。筆者の息子も一人っ子ということもあり、5歳の今でもまだまだ甘えん坊。私もそんな息子が可愛くてしかたありません。

女の子は心身共に男の子よりも成長が早く、幼稚園児でもその差を実感することがあります。会話も大人のマネをしたり、難しい言葉を知っていて驚くことも!その点男の子は、まだ素直で単純。可愛いものです。

ある本によると、男の子とママの関係は「恋人」が理想的で、幼少期にママからたっぷりの愛情をもらい存分に甘えさせてもらった子どもほど「自己肯定力」が育ち、社会人になってからチャレンジできる人になるそう。ですのでまだ幼い時期は、お子さんが甘えん坊でも大丈夫です!思う存分甘えさせてあげてくださいね。

男の子の子育てのコツ3選

image by iStockphoto

女の子よりも育てにくいと言われる男の子。実際に育児に悩まれているママも多いです。そこでここからは、筆者がこれまでの子育てから得た教訓を、みなさんにもご紹介したいと思います。少しでも、子育てに悩むママの役に立てれば嬉しいです。

その1 しつけは小学生になってから

image by iStockphoto

男の子のママと話していると「毎日叱ってばかりで嫌になる」という声をよく耳にします。確かに本能のまま行動する男の子は、見ていて注意をしたくなることが多いです。ちゃんと話を聞きなさい、危ない、〇〇するのを止めなさい、どうして〇〇できないの?・・・注意しだすときりがありませんよね。

筆者も以前は朝から晩まで息子を注意し、イライラと疲労で疲れ切っていました。「この子をちゃんと育てなくては」という強い義務感がそうさせていたのだと思います。ですが、そんな時に出会った子育てアドバイザーの方のある言葉にとても救われました。

それは「しつけは小学生になってからで大丈夫」という言葉。幼児期はママと子供の絆を深めることが必要な時期で、しつけは二の次でいいんです。焦らなくても大丈夫!小学校に上がってから子供の成長に合わせてしつけをしていく方が、ママの負担も少なくて済み効率的だそうです。

次のページを読む
1 2
Share: