ビューティー自分磨き

危険なグリーンネイル!ネイリストが警鐘を鳴らすグリーンネイルの対処法

グリーンネイル…ネイルをしていると1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ネイルを始めたばかりの人は初めて聞くワードかもしれませんね。グリーンネイルはネイルを楽しむうえで知っておきたい爪の病気の1つです。「もしかしてグリーンネイルかも…」と思ったら、ぜひ確認してほしい事を、現役ネイリストで過去に初期のグリーンネイルになった経験を基にお伝えします。

そもそもグリーンネイルとは何?

image by iStockphoto

グリーンネイルとは爪の中に緑膿菌が繁殖してしまっている状態のことです。一部では緑に見えることからカビと言われることもありますが、正式には緑膿菌感染の分類に当てはまります。

緑膿菌は日常どこにでもいる常在菌で、ドアノブやテーブルの上、髪の毛にもいる菌です。悪さをする菌ではありませんが、体力や免疫力が低下していたり、湿度が高い状態でそのままにしておくと菌が必要以上に増殖してしまいます。

これが爪に表れた状態が「グリーンネイル」です。

グリーンネイルの症状とは?

image by iStockphoto

グリーンネイルになったかも?と思ってこちらをご覧になっている人もいるかもしれませんね。グリーンネイルは初期に対応することが重要ですが、本当にグリーンネイルなのかを判断することも大切です。グリーンネイルの症状を解説しますが、ここで判断が付かない場合や明らかにおかしい場合は、すぐに医者に行きましょう。

爪の表面に茶色の斑点がある

筆者がグリーンネイルになったと判断したのは、まさに初期の症状が出ているときでした。爪が折れてアクリルで長さ出しをして上からカラーを塗っていたので、浮いていることに気が付かなかったんですね。

髪の毛を洗っていて何かひっかかるのでオフしてみると、爪の表面に2ミリ四方の茶色のシミのようなものがありました。最初はどこかにぶつけたかと思いましたが、よく考えてみたら茶色の濃さから言って明らかにグリーンネイル!

まさか自分が…とショックを受けたのは今でもよく覚えています。

ですがショックを受けている場合ではありません。このまま放っておくとグリーンネイルは症状が進んでしまうので、まずはネイルを完全にオフして爪を乾燥させました。グリーンネイルはジメジメしているところで菌が増殖しますので、乾燥させることが何よりも早くできる治療です。

爪表面が緑になる

image by iStockphoto

まさにグリーンネイルといえる状態である、爪の表面が緑になってしまっている状態。ここまで症状が進んでしまうと、自分で治すことは難しくなってきます。しかも放っておくと「爪甲剥離」といって爪が剥離してしまって、取り返しのつかないことにもなりかねません。

初期が茶色であるならば、症状が本格化したものが緑になる状態のことです。放っておくと以下の症状に進行することがあります。

・爪全体が緑になる

・爪が剥離してしまう

・爪が腐ったような形になる

想像しただけで怖いですよね。爪の表面が緑になってしまったら、医者に行くようにしましょう。

グリーンネイルにはどんな対処法があるの?

image by iStockphoto

グリーンネイルになってしまったら、どのような対処をしたらいいのかを知る事が大切です。

筆者が茶色の斑点の状態で行った対処法をお伝えしますね。

・グリーンネイルの爪のネイルをお休みする

・とにかく乾燥させる

・エタノールで消毒する

・表面をファイルで削る

ネイルの勉強をしている中で対処を教わっていたので、この方法で1か月ジェルをお休みしました。茶色の斑点が爪切りで落とせる状態のところまで爪を伸ばせたら、グリーンネイルのところがなくなった状態になります。

ただしこれは判断がついたからこそできたもので、もし自分で対処できない大きさであったり、色が変色している状態の場合は、すぐに医者に行きましょう。

医者に行くには何科?

風邪を引いたら内科、目の病気では眼科というように、爪の場合は皮膚科が専門治療をしてくれる病院になります。医者に行ったら以下の内容を聞かれることが多いですので、受診前にあらかじめまとめておくとよいでしょう。

・いつから症状が出ていたのか

・ジェルネイルの浮きがあったのか

・日常生活でハードワークになっていたのか

特に発症した時期については詳しく聞かれますし、ネイルをしていたかも話す必要が出てくることも。

症状の進行具合によって診察に通う頻度は個人差がありますが、グリーンネイルの完治となる1か月~3か月程度は通院が必要になることもあります。

自宅ではどのようなことに気を付けるべき?

医者に通ったり自分で対処したりする中で、どのようなことに気を付けたらいいのかお伝えします。

何よりもジェルネイルをはじめとしたネイルをお休みすることが大切です。グリーンネイルになっている状態でネイルをすると菌をネイルでふたをしてしまうので、菌を増殖させてしまうことになります。

通気性を良くして清潔にしておくことは何よりも大切なことです。

医者に行っている場合は消毒用の溶剤を処方されることもありますので、指示に従ってしっかり消毒するようにしましょう。そして自分で対処している場合も、エタノールを使ってしっかりと消毒をしておくことが大切です。

グリーンネイルの場合はとにかく放置してしまうのが問題なので、しっかりと処置して完治に向かうように心がけましょう。

次のページを読む
1 2
Share: