ビューティーメイク

コンプレックス解消!一重だからこそ似合う「カラーメイク」のやり方!

みなさんの中に一重でお悩みの方はいませんか?一重をコンプレックスに感じている人もいるかもしれません。今回は実際に一重で悩んでいた筆者が辿り着いた目力をアップさせる、モデルさんのような大人なカラーメイクの仕方をご紹介します。一重でもどうしたら素材を生かしたメイクができるか長年研究してきた筆者がたどり着いたメイク法です。これを読んでデカ目美人になりましょう!

一重まぶたさんはメリットいっぱい!

image by iStockphoto

アジアンビューティーという言葉に代表される一重さん。そんな一重さんの目の特徴はまぶたがナチュラルな状態の時に二重、三重になっていないことです。本来二重の方が目もとが印象深く見えるので、二重さんに憧れる一重さんもいらっしゃるでしょうが、一重まぶたさんのいいところはたくさんあります。

まつ毛が長く見える!

まず一重まぶたさんは、まつ毛が長く見えます。その理由は目元が涼やかに見えるからです。一重さんは黒目が大きくなり、かつキレイな印象ですね。基本的に根元に注目が集まるとまつ毛が長く見えます。これは目の錯覚ですが、一重さんはこれだけでも得をしているようです。ここに下地やアイカラー、ハイライトなどの最新コスメをのせれば確実にあなたも魅力的になります。方法はこれからご紹介しますので参考にしてください。

カラーメイクをしても派手になり過ぎない

image by iStockphoto

もし一重さんがブルーやピンクのアイシャドウを使ってメイクしても派手になり過ぎません。それどころかマスカラが際立ちまつげのアイライン効果も抜群です。ビューラーをしなくてもテクニックでバランスのとれた美しい目元に。自然な感じでグラデーションを付ければ陰影がはっきりわかり、二重さんより幅広いメイクを楽しむことができます。少し派手かな?と思うくらいがちょうどいいかもしれません。

一重さんカラーメイク方法を一挙紹介!

image by iStockphoto

それでは早速一重さんにぴったりなカラーメイクの方法やコツ・ポイントについて見ていきましょう!

アイシャドウベースを使おう

image by iStockphoto

最初にまぶたにアイシャドウベースを塗りましょう。チップで塗っていいのですが、指で塗る方が力の加減がわかりやすくおすすめです。また、指の体温でベースのなじみが良くなるのでそういった意味でも指がおすすめ。

アイシャドウベースはデパコスの物のほうが密着度が高い印象ですね。しかしキャンメイクなどのプチプラブランドの物も下地として使うなら問題ありません。このひと手間でアイシャドウの発色も持ちも変わってくるのでぜひ活用しましょう。

アイシャドウ一個でグラデーション

アイシャドウは思い切って原色に近い色を選びましょう。二重の人がすると濃すぎるメイクも一重さんはキュートに仕上がります。例えばアイシャドウが手元に一つしかなくても、自然なグラデーションを作ることが可能です。

やり方はまずまぶたに近い場所にアイシャドウをのせます。この時はラインを描くように細くのせて下さい。この時はチップの細いほうでのせます。その後中間の範囲までにチップの太いほうで色を少し薄くしてのせ、最後に指でアイシャドウを広い範囲に薄く伸ばす。この方法なら同じアイシャドウのグラデーションになるので不自然さもなく手軽にメイクを楽しむことができますね。

アイラインは太く、ハッキリと

image by iStockphoto

アイシャドウが完成したらアイラインを引きます。ここで注意が必要なのは、一重さんはまつげの根元が見えやすいのでアイラインが目立つことです。アイラインが目立つということを逆手にとって太くキリっとしたラインを描くととてもかっこいいですね。アイラインを引くのに自信がない人はペンシルアイラインを使って、点を打つようにラインを描いてください。鏡を下からあおるように持ち、目を大きく開きます。小指で力を入れすぎないように優しく持ち上げてラインを確認してくださいね。

次のページを読む
1 2
Share: