マナー冠婚葬祭

着物にアクセサリー、どう合わせる?マナーは?

着物は簪(かんざし)や帯留めでおしゃれを楽しむもの。基本的に時計やピアス、ネックレスなどのアクセサリーは不要です。でも、アクセサリーを付けないとなんだかさみしい気分になってしまう人もいるはず…ここでは、着物の時のアクセサリーのマナーと見栄えの美しさについてをご案内します。

着ていく場所(TPO)に合わせて選ぼう!

image by iStockphoto

普段着で着物を着ることは少なくなったけど、お呼ばれの際やフォーマルの場では着物を着てみたい!と思っている人も多いですよね。そんな時にわからなくなるのがアクセサリーの選び方。着物の時ってそもそもアクセサリーは必要なのか?着物に合うアクセサリーは?といったことをまとめました。

入学式へ<品よくまとめましょう>

入学式の和装時に、つけてはいけないアクセサリーは特にありません。ただし、入学式はフォーマルな場所ですので、華美なアクセサリーをじゃらじゃら付けるのはあまり好ましくないでしょう。

結婚指輪や天然石の指輪一つぐらいにしておくのが上品な印象を与えます。

ピアス・時計は基本的に不要ですが、どうしてもピアスをしたいという場合は小ぶりで、ご自身の着物に合うものを選びましょう。また、時計もあまり派手ではない、着物を傷つけないデザインのものを選んでつけるようにすれば良いでしょう。

お葬式へ<アクセサリーは不要>

お葬式の場での和装にアクセサリーは必要ありません。身に付けたとしても結婚指輪と婚約指輪だけにとどめましょう。髪飾りや帯留めも不要です。ロングヘアーの人は必ず髪の毛を下の方でまとめ、目立たないよう黒いピンで留めましょう。

葬式の場ということを踏まえ、華やかさが出ないよう配慮するよう心がけてください。

結婚式へ<華やかに飾ろう!>

お友達の結婚式が特に和風の会場だった場合、ドレスでも良いけど…着物でお祝いしたいと思うことも多いでしょう。特にウェディング会場はもともと華やかな場なので、自分もアクセサリーを付けて華やかにお祝いしたくなりますよね。

ただし、ピアスは基本的にNG。どうしてもつけたい場合は、着物との相性も見ながら小ぶりなパールを付けると良いでしょう。また、時計やネックレスも付けない方が好ましいと言われています。

髪飾りは華やかなものを選んでOKです。水色の着物には水色の髪飾り、赤色の着物には赤色の髪飾りと、着物と同じ色の髪飾りを選ぶと統一感があり、品が良くまとまります。バッグはブランドバッグや洋風のものでもOK。その場合、横長のシンプルなものをチョイスすると違和感がなくまとまります。

カジュアルにちょっとそこまで<自由に楽しもう!>

お友達とちょっとレストランや美術館へ…という時には自分が思うまま、好きなようにアクセサリーを楽しんでOK!

ただし、年配(特に50代以上)の方は「基本的に着物にアクセサリーは不要」と考えているということを踏まえた上で、一緒にお出かけする人の年代も踏まえてアクセサリーを選びましょう。

とはいえ、この場合は正式な場でないので洋服と同じで自分の好きなように装って構いません。着物とアクセサリーのバランスをみて、自分が気に入った装いでお出かけを楽しんでください。

お茶会へ<アクセサリーは厳禁>

お茶会では高価な茶道具を拝見する機会があるので、その時に茶道具を傷つけてはいけない、という理由からあらゆるアクセサリーの着用が厳禁とされています。ほかの場所でOKなことも多い簪も落ちてはいけないのでつけません。

結婚指輪も含め、指輪全般と、長いネイル、時計は特に嫌われてしまうので注意しましょう。

せっかくのお呼ばれ。「大切なお道具を万が一にも傷つけないよう配慮しています」という意味も込めて、お茶会時にはアクセサリーをつけずに行きましょう。

アイテム別のTPO

image by iStockphoto

かっちりしたマナーはないのに、着物の時にはなぜアクセサリーはつけない方が良いといわれているのでしょうか。

1つ目の理由は、和装が普段着だった時に、指輪や時計、ピアスなどのアクセサリーを付ける習慣がなかったことです。年配の方は普段着として着物を着ていたこともあり、アクセサリーを付けていることに違和感を感じることがあるよう。また、全体的に見て和装の時はアクセサリーはつけない方が美しいと思っている人も多いことがあげられます。

2つ目の理由は、着物が傷ついてしまう心配があるからです。

次のページを読む
1 2
Share: