ライフスタイル暮らしの工夫・知恵

狭い部屋での一人暮らしを快適にする5つの方法

素敵な部屋を見るたびに、「私もあんな部屋に住みたい」と思っている一人暮らしの人も多いでしょう。部屋づくりは、広ければ良いという訳ではありません。狭くたって、書いてくな暮らしはできるはず。ここでは、一人暮らしの部屋を快適にする方法や見逃しがちな収納スペースについてご紹介します。

自分だけのお城、あなたは満足している?

image by iStockphoto

これから一人暮らしを考えている人は、今から自由気ままな一人暮らしを楽しみにしているでしょう。

既に、一人暮らしを始めている人はそろそろ不満が出てきているのではないでしょうか。

「せっかく好きな家具を揃えたのに落ち着かない」「快適に過ごせていない」と感じている人もいるでしょう。

本来であれば、一人暮らしのお部屋というのはあなただけの城。何を揃えるか、どこに何を置くかはあなたの自由ですから、納得のいく部屋になっているはず。

しかし、一人暮らしをしている人の中には「部屋が狭くて、快適な生活ができてない」と感じています。

一人暮らしとなれば、ワンルームや1DK、1LDKの部屋にお住まいの方も多いでしょうから、部屋の狭さを感じている人が多いでしょう。

そんなワンルームや1DKの部屋でも、工夫次第で快適な部屋づくりができるはずです。

ワンルームや1DKでも狭さを感じず、快適にする5つの方法

image by iStockphoto

ワンルームや1DKなどで一人暮らしをしている人の中には、「部屋が狭いから、快適になんて過ごせない」と諦めている人もいるでしょう。

しかし、部屋が狭くても狭さを感じさせず、快適な空間を作ることはできます。

では、狭さを感じさせず、快適に過ごせる部屋づくりのコツをご紹介しましょう。

1.家具選びのポイント

部屋を少しでも広く見せるためには、できるだけ背の低い家具を選ぶことがポイント。

テーブルやチェストなど、背の低いものを選ぶことで、視線が低くなり開放的な雰囲気に作り出すことができます。

また、家具を選ぶ際には家具の色合いも統一させることも大切。色合いが揃え、コーディネートすることで部屋も落ち着きある印象に仕上げることができます。

2.カーテンやラグなどの色選び

部屋を少しでも広く見せるためには、カーテンやラグなど面積の大きなもののカラー選びも重要です。

少しでも広く見せたいのであれば、ベージュや白などを選ぶことがおすすめ。こういった膨張色を面積の広い部分に取り入れることで、空間を大きく見せることができます。

ベッドも部屋の中では大きな面積となりますから、寝具の色選びも同じような膨張色を選ぶとよいでしょう。

3.家具は厳選したものを

一人暮らしをはじめたら、様々な家具を揃えたくなるでしょう。

しかし、部屋にスペースがないのであれば、たくさんの家具は置くことができません。

部屋を快適にするためには、空きスペースも確保することが必要。どんなにお気に入りの家具でも、部屋中家具だらけ動きにくくなってしまえば、意味がありません。

ゆったりと過ごすためには、目に入る床面積をできるだけ確保すること。

家具は厳選したものだけを起き、床が見える部分を意識しましょう。

4.ベッドスペースの工夫

あなたは寝る時、ベッドを使っていますか。今では、ベッドを使う人がほとんどでしょう。

しかし、ワンルームの部屋にベッドを置くとなると、ベッドにかなりの面積を取られることになります。ベッドがあることで、窮屈に感じている人もいるでしょう。

そんな人は、ベッドを工夫することがおすすめ。

例えば、折りたたみベッドを使ったり、ソファーベッドを使うなどすれば、寝る時以外のスペースを確保することができます。最近では、空気を入れて使うエアーベッドなどもありますから、こういったものを取り入れれば、部屋を広々と使うことができるでしょう。

5.家具は壁側が基本

部屋を快適にするためには、家具のレイアウトが大切です。

部屋にいる時、意外とあちこちに動くもの。そんな時、家具が邪魔すれば思うように行動できなくなってしまいます。

そうならないためには、生活動線を考えて家具を配置すること。基本的には、家具は壁側に置くことで空きスペースが部屋の真ん中にできるはずです。

次のページを読む
1 2
Share: