ライフスタイル家事料理・食事暮らしの工夫・知恵

意外と難しくない!鍋炊飯の魅力と方法をたっぷりご紹介

あなたは、毎日ご飯を炊いていますか。多くの人は、便利で手軽な炊飯器でご飯を炊いているでしょう。もちろん、炊飯器も良いですが、たまには手間をかけて鍋炊飯をしてみませんか。では、鍋炊飯にはどんな魅力があるのか、鍋炊飯の方法などをご紹介しましょう。

鍋で炊飯する魅力とは?

image by iStockphoto

あなたは、普段何を使ってご飯を炊いていますか。

多くの人は、便利な炊飯器を使っているでしょう。

日本人にとって炊飯器は、生活をする上で欠かせない家電の一つとなっているのではないでしょうか。

しかし、最近では鍋を使った炊飯が人気となっています。

では、鍋で炊飯するにはどんな魅力があるのかご紹介しましょう。

リーズナブルな価格で揃えられる

毎日のように、ご飯を食べている人も多いと思いますが、せっかくご飯を食べるのであれば美味しいご飯が食べたいもの。

そんな人にとっては、炊飯土鍋はおすすめ。

これから一人暮らしをしようと思っている人、炊飯器の買い替えを検討している人も、炊飯器ではなく土鍋にすることでかなり費用を抑えることができるはずです。

例えば、3合炊きの炊飯器を購入しようとした場合、1万円から3万円程度必要となります。それに対し、炊飯土鍋であれば2,000円から5,000円程度で購入することが可能。

費用を抑え、美味しいご飯が食べたいと考えている人にとっては魅力的な存在です。

意外と早く炊ける

土鍋で炊飯するとなると、「時間がかかりそう」「長い間、火を見ていなければ」といったイメージを持っている人が多いでしょう。

しかし、炊飯土鍋であれば思いのほか早くご飯を炊くことができます。

土鍋で炊く場合、一般的に浸水20分程度、炊飯25分程度、蒸らし10分程度で美味しいご飯を食べることが可能。実際、火にかけている時間は25分程度ですから、ずっと火につきっきりになることもありません。

何よりも美味しい!

あなたは、土鍋で炊いたご飯を食べたことはありますか。若い人であれば、炊飯器で炊いたご飯しか食べたことがないかもしれませんね。

炊飯器での炊飯は、とても手軽。高級家電の中には、土鍋で炊いたようなご飯が食べられるものもあるでしょう。

しかし、実際に土鍋で炊いたご飯は一味も二味も違います。なぜなら、土鍋はゆっくりと熱が伝わり、冷めにくいという特徴があるため。この特徴により、火を止めた後からも火を通すことができ、香ばしく美味しいご飯に仕上げることができます。

食卓にそのまま出せる

炊飯器でご飯を炊いた場合、おかわりの時には炊飯器の場所までいってよそうのが一般的。

お子さんがいるご家庭では、おかわりのたびに席を立たなければいけないでしょう。

しかし、土鍋であれば土鍋ごとそのまま食卓に出すことができます。

そうなれば、おかわりのたびに席を立たなくても済みますし、食卓も華やかに映るでしょう。

お手入れが簡単

炊飯器を使っていると、炊飯鍋だけでなく、他のお手入れも必要となります。ものによっては、細かな部品を取り外して洗わなければいけないものもあるでしょう。そのたびに、「面倒だな」と思っている人も多いはず。

その点、土鍋であればお手入れが簡単

洗いにくいといった場所もないため、スポンジでサッと簡単に洗うことができます。

ただし、土鍋は水分が残っていると割れやしというデメリットがあるため、洗った後はしっかりと乾かすことが必要です。

置き場所も確保しやすい

炊飯器は、家電となりますから電源も必要ですし、設置スペースが必要となります。上から蒸気が出るため、場所を選ぶ必要もあるでしょう。

その点、土鍋は置き場所に困ることがありません

他の鍋やお皿などと一緒に収納することができますから、わざわざ収納スペースを確保しなくても良いのも、土鍋の魅力といえるでしょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: