アイデア・コツライフスタイル暮らしの工夫・知恵

簡単にできる!靴の脱臭アイデア6選とおすすめアイテム

夏になると素足になることが増えますし、冬場はブーツを履く機会が増えるため、靴の中の臭いが気になる人も多いはず。しかし、靴の臭いは意外と簡単に解消することができます。 では、知っておくと便利な脱臭アイデアやおすすめアイテムをご紹介しましょう。

なぜ靴は臭くなるの?

image by iStockphoto

毎日、外出の際に必要となる靴。おしゃれな人は、何足も靴を持っているでしょう。

そんな靴の、臭いが気になっている人も多いのではないでしょうか。

夏場は素足で靴を履き、冬はタイツやブーツなどで防寒した状態でブーツなどを履くため、季節問わず足も汗をかいてしまいます。

そんな汗が雑菌を繁殖してしまうと、臭いが発生することに。

靴に臭いがあることで、玄関や下駄箱も臭うことになるでしょう。

靴の臭いをなくすには?

image by iStockphoto

せっかくおしゃれをしてデートに出かけても、靴を脱ぐことになると「臭いが心配」と思う人もいるはず。

彼が気を利かせて、デートで子上がり席などを予約してくれていても、臭いが心配で気が気じゃない人もいるでしょう。

では、靴の臭いをなくすにはどうしたらよいのか、ご紹介しましょう。

靴を清潔に保つ

靴の臭いが気になる人は、まずは靴のお手入れをすることが大切。

体同様に、足も汗をかいてしまいますから、靴の中は思っている以上に湿度が高くなっています。靴を脱いで、このままの状態で放置してしまうと、臭いが発生することに。

そのため、靴を脱いだら靴を乾燥させることがおすすめ。

最近では、靴用の消臭スプレーなども販売されていますから、脱いだらこれをシュッと一吹きしてから、乾燥させるとよいでしょう。

足も清潔に保つ

靴の臭いの原因は、足の汗によるもの。

そのため、靴をどんなにケアしても、足が臭ければ意味がありません。

靴の臭いを解消するためには、足の臭いもケアしていくことが大切です。

最近では、足専用のデオドラントクリームなども販売されているため、足の臭いが気になっている人は、外出前にこういったアイテムをプラスすることで、臭いを軽減することができるでしょう。

気になる靴の臭いを解消!簡単脱臭アイデア6選

image by iStockphoto

靴の臭いが気になっている人の中には、「どうケアしたらよいのか、分からない」と思っている人もいるはず。

靴は毎日履くものですから、履く度にケアをすることが大切。

しかし、毎日のケアとなれば「できれば、費用をかけずにケアしたい」「手軽にできる方法でなければ続かない」と思っている人も多いでしょう。

では、簡単に行うことができる、靴の脱臭アイデアをご紹介します。

1.ドライヤーで乾かす

靴の臭いは、足の汗によるもの。

靴の中が群れた状態でほおっておくと、雑菌が繁殖し、臭いを発生することになります。

そのため、脱いだ靴を乾かすことがポイント。

しかし、玄関の環境によっては「おいておくだけでは、乾かない」という人もいるでしょう。

そんな時には、ドライヤーを使って乾かすことがオススメです。ドライヤーで乾かすことで、湿気も解消し、臭いも改善。

もちろん、ケア後も部屋の換気を忘れてはいけません。

2.新聞紙を入れる

靴を収納する際、型崩れのために靴の中に新聞紙などを入れている人もいるはず。

実は、この新聞紙には消臭効果も期待できます。

新聞紙には、文字を印刷するためのインクが含まれていますが、このインクが臭いを消してくれる効果が。また、新聞紙は紙でできているため、湿気を吸い取ってくれる効果も得ることができます。

脱いだら、新聞紙を丸めて靴の中に入れるだけでケアできれば、気軽に続けることができるでしょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: