テーブルマナーマナー文化

日本人的には面倒くさい?ドイツでの食事のマナーを解説

ヨーロッパの料理と聞くと、あなたはどんな料理を思い浮かべますか?だいたいの人は「フレンチ」や「イタリアン」ですよね。そこではテーブルマナーとか考えると堅苦しいものも連想するのではないでしょうか?そこで同じヨーロッパの「ドイツ料理」と聞くとなにが浮かびますか?レストランでもソーセージやジャガイモ食べて、ビールやワインを飲んで陽気なイメージがあるのではないでしょうか?ところが食事のマナーは日本人にとって「ええ?」となるくらい違うんですよ。どう違うのかちょっとお話ししましょう。

ドイツの食事を知ろう

image by PIXTA / 58064230

地理的にもわかるように、ドイツは内陸深く東西南北に広がっている国です。海も山もあり温暖なフランスやイタリアのように食材が多くありません。そこでソーセージやチーズなど保存食が発達していますよね。ビールは5000種以上の銘柄・ソーセージは1500種以上あるそうですよ。ドイツパンも固くて保存がききそうですよね。

食料不足からうまれたもの

保存食が発展した原因は、冬になるとほとんど作物が取れないからです。保存食として有名なのは、ソーセージやチーズをはじめとして、野菜のピクルス・キャベツの酢付けや、魚の燻製などですね。第一次世界大戦の時は、イギリスに海上封鎖されたために食料の補給ができなくてたくさんの餓死者が出たそうですよ。一番酷い時は、日本でいう「西洋蕪(ルタバガ)」を食べて過ごしたそうですね。第二次世界大戦の時には、ナチスが色々と考えて「鍋料理」が推奨されたといいますよ。

そのため不作の年は『グリム童話』の『ヘンデルとグレーテル』のような子供の口減らしなどに残っているような話や、日本でもある「姥捨て山」のような話が残っていますよ。それを救ってくれたのが、南米からもたらされた「ジャガイモ」だったのですよ。その名残りから「ジャガイモでフルコースが作れること」が、嫁入りの必須条件だったといいます。しかし、現在では主食はジャガイモではありませんので、お間違えないように。

芋で救われるというのは、日本でも江戸幕府8代将軍「徳川吉宗」の時に、飢饉にそなえて長崎留学から帰ってきた「青木昆陽(「大岡越前」での伊織先生のモデル)」に、オランダからもたらされた「サツマイモ栽培」をさせたり、同じくオランダからもたらされたジャガイモを「高野長英」が飢饉対策に推奨したのと似ていますね。

ドイツ料理ってどんなもの?

ドイツという国は、中小の諸邦が集合した連邦国家で単一民族ではありません。起源はというと世界史で有名な「ゲルマン民族」だといいますよ。しかし今は近隣諸国の交流や移動によって他民族が住んでいるのです。そのために色々な国からの食文化の影響をもらっているそうですね。土地も広大で南部のバイエルンの山岳地方・温暖なライン地方・北の湖沼地方とあって、気候や風土や農産物もバラエティに富んでいますよ。フレンチなどのようにソースや飾りなどがなく、塊でドン!というものが多いですね。

〇肉料理
豚肉を中心に牛肉・鶏肉・七面鳥・アヒル・ガチョウや、狩の時期にはイノシシ・鹿・ウサギなども食べるそうで、国民ひとりあたり61 kgの消費量だといいますよ。特徴は硬い肉をピクルスの酢やワインに漬けてから調理するものが多いですね。ドイツ料理といえばのソーセージはひき肉をスパイスで腸詰めしたもの・燻製にした肉を腸詰めしたもの・ひき肉を血液(豚やガチョウ)で作ったものなどがありますね。ハンバーグやタルタルステーキもドイツ発祥ですよ。

〇魚料理
アラスカサーモン・サーモン・ニシン・マグロなどの海水魚がほとんどで、あとはコイ・サケ科の魚(トラウト)などの養殖魚が食べられていますよ。ほとんどは燻製などの加工品で、生食の場合はムニエルやマリネなどだそうですね。キャビア(魚卵に色づけしたもの)やサーモン(鱈に色をつけたもの)のコピー食品も出回っていますよ。

〇野菜料理
キャベツの酢付け・ピクルス以外は、肉と積み重ねて煮たアウフラウフ、ロールキャベツ、ジャガイモを使った料理となります。

厳格すぎる?食事マナー

image by PIXTA / 47884608

昔からよく聞くのが「日本人とドイツ人はよく似ている」という言葉ですね。歴史的にも第二次世界大戦では両国とも負けて焦土となったゼロから立ち上がって、世界に肩を並べているところとか、勤勉だというところからそう思われているのですが、こと食事マナーに関してはかなりの違いがあるようですよ。

まず基本から知ろう

まず一番気をつけなければいけないのは「時間厳守」です。日本のように「ちょっと遅れますから、先に食べていてください」は通用しません。全員が着席しないと始まらないのですよ。許されるのは5分以内だそうですよ。時間厳守でタイムテーブルで動くドイツ人らしいですよね。

なんでも社員食堂などでも一緒だそうで、全員が着席してから上司の人やホストの人が合図してから食べ始めるそうですね。まるで給食とか修学旅行や修行所のような感じですよね。徹底しているのがスープ・メインディッシュ・デザートまで合図があるそうですね。上着もホストの人が脱いでからでないと脱げないという決まりがあるようですよ。

次のページを読む
1 2
Share:
紫蘭