アイデア・コツライフスタイル掃除暮らしの工夫・知恵

お風呂掃除の手順とコツはこれ!汚れがちなお風呂をキレイに保つ方法をご紹介

あなたは、お風呂場の掃除をどのくらいの間隔で行っていますか。しばらく掃除をしていない人は、汚れがたまってきているはず。そうなれば、掃除も時間と手間がかかることになるでしょう。では、お風呂場の掃除をスムーズに進める手順や方法をご紹介しましょう。

お風呂は何汚れが多いのか?

image by iStockphoto

毎日のように、家の掃除をしている人も多いと思いますが、水回りの掃除は「苦手」「面倒」と思っている人が多いのではないでしょうか。

特に、お風呂場は掃除後の綺麗な状態をキープすることができませんから、そんな掃除にイライラしている人も多いでしょう。

掃除を効果的に行うためには、その場所ごとの汚れを理解しておくことが必要。どんな汚れが多いのか理解できていれば、掃除方法もかわってくるはずです。

お風呂場で多い汚れは、水垢とカビ。更に、垢や皮脂、石けんカスなどが多くなります。

お風呂掃除をスムーズに終わらせるためには、手順がポイント

image by iStockphoto

お風呂をおそうじを行う際、あなたはどんな手順で進めていますか。

実は、お風呂掃除をスムーズに進めるためには、手順が重要。手順よく掃除を進めることができれば、あなたの掃除ももっと快適に進めることができるでしょう。

では、スムーズにお風呂場のお掃除を進める手順についてご紹介します。

1.まずはシャワーでお湯をかける

お風呂掃除を行う際、いきなりお風呂用洗剤をスプレーすることからスタートしている人も多いはず。

特に、浴槽などは洗剤をつけて、洗い始める人が多いでしょう。

しかし、より効率的に効果的に掃除を進めるためには、まずはシャワーを使ってお湯をかけることがポイント。一度シャワーをかけることで、壁や浴槽についてしまっている皮脂などを柔らかくし、汚れを落としやすくすることができます。

2.洗剤で馴染ませる

シャワーをかけ、汚れを浮かせたら、ここで洗剤を使っていきます。

お風呂掃除の際には、アルカリ洗剤もしくは中性洗剤を使うことで、皮脂汚れなどをしっかりと落とすことができるでしょう。

スポンジに洗剤をつけて洗うのではなく、直接洗剤をかけていくことがポイント。スポンジに洗剤を付けるのではなく、直接洗剤をかけることで、洗剤の効果をより高めることができます。

「カビがなかなか落ちない」という人は、カビ対策洗剤を吹きかけ5分から10分放置後こすることで、汚れを落とすことができるでしょう。

3.こすって汚れを落とす

洗剤をかけたら、次にスポンジで汚れをこすりながら落としていきましょう

簡単な汚れであれば、柔らかいスポンジでも十分落とせるはず。しかし、なかなか落ちないような汚れの場合には固めのスポンジでこするようにしましょう。

最後は、柔らかい布で拭き取るのが理想的です。

4.石けんカスや水垢は酸性洗剤をプラス

お風呂場は、石けんカスや水垢などが気になるもの。

こういった汚れを落とすためには、酸性洗剤を使うことがおすすめです。酸性洗剤を用いる際には、やけどをしてしまう恐れがあるため、ゴム手袋するのが必須。

汚れがひどい時、自分で酸性洗剤を使用するのが不安な人は、プロにお願いするのも良いでしょう。

酸性洗剤をかけたら、しばらく放置して汚れを浮き上がらせます

5.最後に汚れをこすり、水で洗い流す

放置したら、最後は汚れをこすり落とし、水で洗い流していきます

この手順で掃除を進めていくことで、全てのお風呂汚れを落とし、お風呂を綺麗にすることができるでしょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: