アイデア・コツライフスタイル家事掃除暮らしの工夫・知恵

ナチュラルクリーニングとは?本当に安心?メリット・デメリットなどご紹介

あなたは、掃除の際にどんな洗剤を使っていますか。場所ごとに様々な洗剤を購入している人も多いはず。そんな人は、ナチュラルクリーニングに変えていきませんか。では、ナチュラルクリーニングとは何なのか、メリット、デメリットや活用方法をご紹介しましょう。

ナチュラルクリーニングって何のことか知ってる?

image by iStockphoto

あなたは、ナチュラルクリーニングを知っていますか。

「聞いたことはあるけれど、何のことを指しているのか分からない」という人も意外と多いはず。

ナチュラルクリーニングは、天然の成分を使ってお掃除をすることを指します。

もちろん、様々な成分があるため、場所によって洗剤も変えることで家中を安心して掃除することが可能。お子さんがいるご家庭やペットを飼っているご家庭にとっても、安心できるお掃除方法といえるでしょう。

また、ナチュラルクリーニングは安全なだけでなく、コスパも抜群。一つの成分で、いくつもの場所の掃除を行うこともできますし、リーズナブルな価格で購入することができるため、家計にも優しいお掃除です。

知っておきたいナチュラルクリーニングのメリットとデメリット

image by iStockphoto

ナチュラルクリーニングに興味を持った人も多いと思いますが、市販の洗剤を使っていると不便性を感じないため、「ナチュラルクリーニングに変える意味はあるのだろうか?」と思っている人もいるでしょう。

では、ナチュラルクリーニングを始める前に知っておきたい、メリットとデメリットについてご紹介します。

ナチュラルクリーニングのメリット

ナチュラルクリーニングのメリットは、何といっても私たちの体に優しいということ。

天然素材のため、お子さんでも動物にも安心できるのが大きなメリットです。クエン酸、重曹などは、調味料としてもつかわれるほど身近な存在ですから、親近感もあるでしょう。

肌にも優しいため、掃除中の手荒れなどの心配も軽減されます。アトピー性皮膚炎などに悩んでいる人にとっても、肌に優しいお洗濯を叶えてくれるでしょう。

リーズナブルな価格で購入できるため、経済的というメリットも。

また、環境に優しいのもナチュラルクリーニングの大きなメリット。環境に優しいというのは、使っていても気持ちが良いものです。

ナチュラルクリーニングのデメリット

ナチュラルクリーニングは、とてもメリットが多いものではありますが、当然デメリットもあります。

まず、天然素材のため、それぞれ保管期間が短いというデメリットが。ものによっては、大量に入った大袋で販売されているものなどもありますから、上手に使っていくことが必要でしょう。

そして、お掃除アイテムとして用いるためには、手間がかかります。水で溶かしてスプレーを作ることが必要なものもあるため、市販の洗剤と比べると使用に手間がかかるのはデメリットといえるでしょう。

また、用途別に販売されている洗剤と比べると、ナチュラルクリーニングで用いられる成分は天然成分のため、洗浄力は弱いです。付け置きをしたり、パックをするように長時間付けるなど工夫をすることで効果は高めることができますが、市販洗剤と比べると物足りなさを感じる人もいるかもしれません。

お掃除場所ごとに必要とは?

image by iStockphoto

天然素材の成分を用いてお掃除する、ナチュラルクリーニングではありますが、「どんな成分を使うの?」と思っている人も多いでしょう。

ナチュラルクリーニングで活躍してくれるのは、重曹、アルカリ電解水、クエン酸、セスキ炭酸ソーダ、過炭酸ナトリウムの5つのアイテム

洗剤には、強酸性、弱酸性、中性、弱アルカリ性、強アルカリ性がありますが、それぞれ役割が変わってきます。

例えば、強酸性のクエン酸は水回りのお掃除が得意ですし、強アルカリ性のアルカリ電解水は油汚れや皮脂汚れに強く、キッチン周りの掃除が得意です。

このように、それぞれの役割が異なるため、この5つのアイテムが揃っていれば、家中を安心なナチュラルクリーニングすることができるでしょう。

アイテム別、掃除の活用法

image by iStockphoto

「安心で安全なナチュラルクリーニングを目指そう!」と考えている人は、5つのナチュラル素材を揃えることになるでしょう。

しかし、揃えただけでは効果的な掃除はできません。成分ごとの特徴や役割を理解することが必要です。

では、アイテム別の掃除活用方法をご紹介しましょう。

アルカリ性の重曹

重曹は、アルカリ性のナチュラル素材。アルカリ性の中でも、更に性質が良い弱アルカリ性のため、様々な部分の掃除に活躍してくれます。

まず、重曹は皮脂汚れや油汚れに強いため、キッチンや浴室の掃除に大活躍

また、研磨作用もあるため、鍋の頑固な焦げ付きなどもこすることで汚れを落とすことができるでしょう。

更に、電子レンジの汚れも落とすことが可能。4対1の水と重曹を容器に入れ、4分電子レンジで加熱。10分後、固まっていた油汚れなどが浮き、布巾などで簡単に落とすことができるでしょう。

次のページを読む
1 2
Share: