ライフスタイル暮らしの工夫・知恵

家賃は?間取りは?失敗しない部屋探しのポイントを引越し常連者が伝授!

ステップ5. お部屋を契約しよう

image by iStockphoto

お部屋を決めたら、いよいよ契約に進んでいきます。契約には色々な書類や審査、入居申し込み金などが必要になりますので、忘れずに準備をしていきましょう。下記に契約までの流れとともにご紹介しますので、必ず確認しておいてくださね。

1. 入居申し込みをする

まずはじめに、入居申し込みを行います。入居申し込みには、本人を確認する書類や印鑑、入居申込金などが必要です。他にも、連帯保証人の情報も必要になるため、連帯保証人をお願いする際に確認しておくようにしましょう。

【準備するもの】
・身分証明書(免許証・保険証)
・住民票
・印鑑および印鑑証明書
・収入を証明する書類(源泉徴収など)
・金融口座印
・連帯保証人の住民票や印鑑証明書
・連帯保証人の承諾書(不動産会社が用意)

2. 入居審査を受ける

入居審査とは、あなたにその物件を貸すことができるかどうかを判断する審査のこと。あなたの仕事や収入の状況、人柄などを見て、総合的に判断されます。

ほとんどの場合は審査に通らないということはありませんが、「家賃に収入が見合わない場合」「収入が不安定な場合」など、稀に審査に通らないこともあるようです。もし事前に不安なことがあれば、不動産会社に相談をしておくほうがいいでしょう。

3. 契約をする

入居審査に通ったら、いよいよ契約です。契約時には、入居申し込みの際に提出した書類の他に、前家賃・敷金・礼金・仲介手数料・家財保険料などの費用が必要になります。契約日までにきちんと準備できるようにしておいてくださいね!

また契約の際には、あとでトラブルになることがないように、面倒でも書類にはきちんと目を通しましょう。何か疑問に感じることがあれば、遠慮なく質問しておくことをオススメします。

しっかり準備をして理想の住まいを手に入れよう!

image by iStockphoto

今回の記事では、お部屋探しの流れを確認しながら、失敗しないお部屋選びのポイントをご紹介してきました。お部屋はあなたの生活の拠点です。充実した毎日を過ごすためにも、ここでご紹介したポイントをしっかりチェックして、あなたの理想の住まいを手に入れてくださいね!

1 2 3
Share: