ライフスタイル暮らしの工夫・知恵自分磨き

人付き合いが苦手…克服の仕方とは?苦手な人の8つの特徴と克服方法

職場にストレスがある人の中には、人間関係が原因となっている人もいるでしょう。いろいろな人がいる職場では、人付き合いに苦労することもあります。しかし、人付き合いが上手にできれば、世界はもっと広がるはず。では、人付き合いが苦手な人の特徴と、克服方法をご紹介しましょう。

人付き合いが苦手な人に見られる8つの特徴

image by iStockphoto

あなたは、人付き合いが得意ですか。

「苦手」と思っている人の多くは、プライベートでは人付き合いを避けているのではないでしょうか。

人付き合いというのは、楽しいこともありますが、時にはトラブルに発展することもあるため、ストレスを感じることもあります。

しかし、「人付き合いが苦手だから」「人付き合いは苦痛」という理由で他人とのコミュニケーションを避けてしまうと、仕事にまで支障をきたしてしまうことも。

では、人付き合いが苦手な人には、どんな特徴があるのかご紹介しましょう。

1.自意識過剰な反応が多い

人付き合いが苦手と感じている人は、自意識過剰な傾向が。

同僚が集まって話をしていると、「私の悪口を言っているのでは?」と思ってしまったり、彼氏と連絡が取れないと「浮気をしているのでは?」と悪い想像ばかりしてしまいます。

なぜなら、プライドが高く、傷つくことが怖いため。

嫌われたくない故に、常に周りの目を気にしてしまいます。

2.自分に自信がない

自意識過剰になってしまう人の中には、自分に自信を持てない故に、周りの反応を気にしてしまう人もいます。

仕事で「私は、この部のお荷物になっているのでは?」と思うと、どんどん劣等感を抱き、職場の人との付き合いも怖くなってしまうでしょう。

逆に、自信がないことを隠すために、堂々と振舞ってしまう人もいます。そんな人は、堂々と振舞っている裏ではいつもビクビクすることに。

そして、偽りの姿がばれないように、人との付き合いを避けることになるでしょう。

3.人に対して好き嫌いがはっきりしている

あなたは、職場に嫌いな人はいますか。どんなに苦手な人がいても、職場となれば上手に付き合っていかなければいきません。

しかし、人付き合いが苦手な人はこの感情をうまく隠すことができません。

人の好き嫌いがはっきりとし、行動や発言にも出てしまうため、人間関係を上手に築くことができない人が多いでしょう。

4.人に気を使いすぎる

人付き合いが苦手な人の中には、「人付き合いは疲れる」と思っている人も多いでしょう。

そんな人の多くは、人に気を使っているのではないでしょうか。

「嫌な思いをしていないだろうか?」「楽しめているだろうか?」と、常に人の気持ちばかりを考えていると、当然疲れてしまいます。

その結果、「人付き合いは面倒」と思ってしまい、付き合いを避けてしまうのではないでしょうか。

5.人の気持ちに気づけない

あなたは、知らないうちに「嫌われていた」という経験はありませんか。

実は、人付き合いが苦手な人の中には、人の気持ちに気づくことができず、知らないうちに相手を傷つけたり、嫌な思いをさせてしまっていることで、嫌われてしまう人もいます。

そんな人は、人の気持ちに鈍感のため、触れてはいけないことも平気で発言したり、触れることになるでしょう。

そして、嫌われてしまっても「どうして、嫌われたのだろう?」と相手の気持ちに気づくこともできないため、どんどん人付き合いが怖くなります。

6.過去に人間関係で辛い経験をしている

誰だって、辛い経験というのは「二度としたくない」と思うもの。

人付き合いが苦手と感じている人の中には、過去に人間関係で辛い思いをしたことがきっかけとなっている人も少なくありません。

一度辛い思いをすると、「また、あの時のような思いをするのでは?」「もう傷つくのはこりごり」と思い、どんどん人付き合いを避けるようになるでしょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: