テーブルマナービジネスマナーマナー仕事礼儀作法

社会人として恥をかかないために!お酒の席でのマナーとは?

社会人になると、お酒の席に参加することも増えてきます。お酒が飲めない、人付き合いが苦手な人にとっては、厄介なものかもしれません。しかし、飲みの席にはメリットがあります。では、お酒の席に参加するメリットや社会人として知っておきたいマナーをご紹介します。

お酒の席にはメリットがたくさん!

image by iStockphoto

あなたは、飲み会などお酒の席に積極的に参加していますか。

お酒が苦手な人、人付き合いが苦手な人は「できるだけ、参加したくない」と思っているでしょう。

しかし、飲み会などのお酒の席ではメリットもたくさんあります。

では、どんなメリットがあるのかご紹介しましょう。

コミュニケーションが取りやすくなる

職場の飲み会となると、「行きたくないな」「面倒だな」と思うこともあるはず。毎回、何らかの理由をつけては断っている人もいるでしょう。

しかし、職場などの飲み会には参加することがオススメ。

なぜなら、職場では取りにくいコミュニケーションが取りやすいから。お酒の席だからこそ、先輩や後輩、上司といった関係を超えたコミュニケーションが取れるため、距離感を縮めることができます。

「苦手だな」と思っていた人が、お酒の席で話すことで「なんだ、こんな親しみやすい人だったんだ」と気づくこともあるでしょう。

そうなれば、職場での関係性も変わり、仕事もやりやすくなるかもしれません。

お酒の席だからこそ、新たな一面が見れる

飲み会というと、「お酒を飲まなければいけない」と思っている人が多いでしょう。

しかし、お酒が苦手、飲めないのであれば無理をして飲む必要はありません。今では、お酒を強要することを避けるようになりましたから、お酒が飲めない人でも気軽に参加できるはずです。

そして、お酒を飲んでいない冷静な状態だからこそ、普段見ることができない相手の新たな一面を知ることもできるでしょう。

いつもは怖い上司も、お酒が入って面白いことを言うかもしれませんし、「苦手」と思っていた人とちゃんと会話してみると、「実は気が合った」なんてことに気が付くかもしれません。

社会人として知っておきたい!お酒の席でのマナーとは?

image by iStockphoto

飲み会などの予定がある人の中には、社会人1年生で初の職場飲み会という人もいるはず。

そんな人は、今から緊張しているのではないでしょうか。「失礼のないように、ふるまわなければ」と思っている人も多いでしょう。

基本、お酒の場は堅苦しいものではありません。しかし、社会人ともなればマナーある対応が必要です。

では、社会人として知っておきたいお酒の席でのマナーについて、ご紹介しましょう。

時間厳守は必須

お酒の席は、幹事さんがお店などを予約してくれているはず。

そのため、お店や幹事さん、お客様に迷惑をかけないために時間厳守は必須です。

場が盛り上がっている時に入っていくというのは、なかなかハードルが高いものですから、「お酒の席に慣れていない」という人ほど、早めにお店に入るようにしましょう。

もちろん、仕事のために遅れてしまうこともあるかもしれません。そんな時には、必ず幹事さんもしくは参加者に、どのくらい遅れるのか連絡を入れるようにしましょう。

身だしなみも気を付ける

お酒の席というと、カジュアルなイメージを持っている人が多いでしょう。友達同士の飲み会であれば、確かに服装も話す内容も自由です。

しかし、社会人となって職場や取引先、接待の飲み会となるとそうはいきません。

どんなにカジュアルな飲み会であっても、身だしなみには注意が必要。社会人として相応しい服装選びが必要です。

また、女性の場合には、スカートを履く人も多いと思いますが、短すぎるスカートは避ける必要があります。万が一、座敷の場合スカートが短いと、周りの目が気になることになりますから、膝が隠れる長さのスカートを選びましょう。

どこの席に座るのか?

お店につき、席につこうとしたら「1番乗りだった」ということもあるはず。そんな時、「どこに座ったら良いのだろう?」と迷う人もいるはず。

お酒の席では、目上の人やお客様に敬意を払うことが大切。

そのため、下座に座ることが基本です。下座とは、入り口から一番近い席のこと。逆に、入り口から遠い席が上座といい、上司や先輩、お客様などが座る席となります。

席が指定されていない時には、下座に座るようにしましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: