マナー冠婚葬祭

結納や顔合わせって何をするの?進め方やマナーとは

結婚が決まれば、これから相手の両親や兄弟とも家族になるということ。その第一歩となるのが、結納や顔合わせとなります。では、そもそも結納や顔合わせって何をするのか、どんな風に進めたら良いのかなど、ご紹介しましょう。

そもそも結納や顔合わせってなに?

image by iStockphoto

交際中の彼氏にプロポーズされ、OKすればこれから新たな人生がスタートすることになります。「どんな家に住もう?」と夢が膨らんでいる人も多いでしょう。

しかし、結婚が決まったら必ず通らなければいけない道があります。

それは、両家の顔合わせや結納。聞いたことはあっても、「どんなことをするのだろう?」「どんな意味があるのだろう?」という人も多いのではないでしょうか。

では、結納や顔合わせについてご紹介します。

伝統的な結納とは?

結納は、婚姻を結ぶために必要な伝統的な形式。最近では、結納をしないカップルも増えてきていますが、地域によってはまだまだ結納を大切にしているところもあります。

結納は、男性側が女性側に向けて酒肴の現物を持っていき、女性側は料理でもてなすのが基本

結納は、昔は女性側の家で行うのが一般的でしたが、今ではホテル内のレストランや料亭などで行う傾向に。新郎新婦が日程調整をし、当日の進行は親が務めるケースが多いでしょう。

結婚式の際、仲人を立てずに行う場合には、挨拶をして受書のやりとりをし、記念品などをお披露目することになりますが、仲人を立てる場合には仲人が男性側、女性側の家に行き、結婚結納を交わします。

結納の相場は、40,000円から100,000円となっており、それぞれの予算や両家の考え方によって変わってくるでしょう。

省略化された顔合わせ

結婚が決まっても、結納を省略するカップルがほとんど

しかし、結婚式で両家の両親が初対面というのはおかしな話ですから、その前に顔合わせをするのが一般的です。

顔合わせは、料亭やレストランの個室を使うのが一般的となっており、新郎新婦で日程調整を行います。相場は、30,000円から60,000円ほど。当日は、互いの挨拶がメインとなります。

中には、このタイミングで婚約の記念品として婚約指輪を渡すカップルも多い様です。

結納や顔合わせをスムーズに進めるには?

image by iStockphoto

せっかく結婚が決まったにも関わらず、どちらかの両親から反対されれば、結婚は思うように進められなくなってしまいます。

もちろん、20歳を超えていれば親が反対しても結婚することはできますが、せっかくならみんなに祝福されて結婚したいもの。

では、結納や顔合わせをスムーズに進めるためにはどういった準備が必要のか、ご紹介しましょう。

1.まずは二人で日程調整

そもそも結納や顔合わせはいつ行えばよいかというと、結婚式当日から5か月から8か月前に行うのが一般的となっています。

そのため、これらのタイミングで大安や友引など日柄の良い日を選ぶとよいでしょう。

互いの両親に都合のよい日を確認し、日程を決めます。

2.どこで行うか決める

日程が決まったら、次はどこで行うかを決めていく必要があります。

今では、食事ができるレストランや料亭の個室を使うカップルがほとんど。既に、結婚式会場などをホテルに決めている場合には、同じホテル内のレストランを使うのもおすすめです。

結納や顔合わせの食事代については、10,000円から15,000円が相場となっていますから、これらの相場を目安に、互いのご両親の好みなども考えながらお店選びをするとよいでしょう。

もし、互いの実家が地方の場合には、女性側の地域に出向くのが一般的ではありますが、今では中間点で行う人も増えています。

お店は、1か月ほど前から予約するのが鉄則です。

3.費用をどうするかを決める

結納や顔合わせの際には、ある程度まとまった費用が発生することになります。

そのため、これらの費用をどちらが負担するのか決めておくことが大切。ホテルやレストランなどで行う際には、両家折半する人が増えています

宿泊費や交通費がかかる場合には、後々トラブルにならないためにも、これらの費用もどうするのか事前に決めておきましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: