マナー冠婚葬祭出産子育て礼儀作法

出産祝いが高額だった!お返しに困った時の内祝いマナーとは

赤ちゃんが無事に産まれることはとてもおめでたいですから、出産後は親族や友人など各方面から出産祝いをいただくことでしょう。大人の贈答マナーとして、お祝い事があった時は内祝いを贈るべきですが、もしいただいた出産祝いが高額だったら…みなさんどのようにお返しすべきかご存知でしょうか。こちらでは多くの人が悩みがちな、高額な出産祝いに対する内祝いの贈り方について詳しく解説していますよ。

出産祝いが高額だった時に覚えておきたい6つのこと

image by iStockphoto

両親や祖父母、また特に仲の良かった友人などからは、盛大に出産のお祝いをしてもらうことでしょう。そうした方からはいただく出産祝いも10万円前後と高額になることが多く、ありがたいけれど内祝いをどうすべきかと内心頭を抱えてしまうのではないでしょうか。そんな時は以下の6つのポイントをおさえて内祝いを用意すればマナーに則ってお返しすることができますよ。

内祝いの相場は…?

事前にお祝をいただいていた場合、その額に関わらず内祝いの相場は頂戴した額の1/3~半分(半返し)程度です。一般的には1/3程度の品を内祝いとしていますが、地域やその家の考え方によっては半額程の品を用意することもありますので、事前に確認しておくと安心できるでしょう。

ただし海外から出産祝いが届いた場合は注意が必要で、内祝いは郵送料込みの値段で計算し用意してください。もし品物だけで内祝いの相場に照らし合わせてしまうと、逆に相手が恐縮して気を遣わせてしまうためですね。海外に住む親族や友人がいる方は注意しておきましょう。

贈るタイミングを考えて

出産の内祝いは、赤ちゃんが産まれてから一か月後までに相手に届くのが理想的です。しかしせっかく多大なお気持ちをいただいたのですから、ただ単にその期間内に届けばいいというわけではなく、相手の手元に届く日についても注意したいもの。出産内祝いは仏滅と赤口以外の日に相手が受け取れるよう調整してくださいね。仏滅にはさまざまな解釈があるものの、赤口同様広く忌日とされています。お祝い事には相応しくない日なので、可能な限り到着予定日と重ならないよう注意してください。

のし紙はどうするの…?

何度あっても嬉しいお祝い事の内祝いでは、のし有り・紅白蝶結びの水引きのあるのし紙が正解です。表書きは「内祝」「出産内祝」で、名前はママさん・パパさんのではなくお子さんの名前(苗字無し)を書き入れてください。もし読みが難しいようなら、右横にふりがなを入れておくと丁寧ですよ。赤ちゃんからの「ありがとう」という気持ちを込めるとともに、名前のお披露目にもなるということですね。

お礼状も忘れず添えて!

どんな内祝いにも一言メッセージを添えるものですが、過分なお気持ちをいただいた際にはお礼状を忘れないようにしてくださいね。最近はメッセージカードを添えたものを贈ってくれるお店が多いので、あらかじめ内容を考えておくとスムーズです。以下に例文を載せておきますので、参考にしてみてくださいね。

[目上の人向けのメッセージ例文]

拝啓 晩夏の候、皆様お変わりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます

このたび妻の出産に際しましては過分なるお祝いを賜り、誠にありがとうございます。

〇〇様のあたたかなお気持ちが感じられ、大変嬉しく存じます。

お陰をもちまして、〇月〇日に誕生をいたしました長男は産後の肥立ちもよく、母子ともに健やかに過ごしております。

健やかに育ってくれるよう願い、〇〇と命名いたしました。

これからも夫婦ふたりで力を合わせ育児に努めてまいりますので、よろしくご指導くださいますようお願い申し上げます。

なお、心ばかりの内祝いの品をお送りさせていただきました。ご笑納いただければ幸いでございます。

末筆ながら、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

まずは御礼のみにて、失礼させていただきます。 敬具

令和〇年〇月〇日

〇〇〇・〇〇(夫婦氏名)

[親しい相手向けのメッセージ例文]

季節では夏の終わりと申しながら、まだまだ暑い日が続いております。いかがお過ごしでしょうか。

このたびは長女〇〇の出産にあたり、心のこもったお手紙とお祝いの品をいただき、ありがとうございます。

丁度〇〇の購入を考えていたところでしたので、本当に嬉しいお祝いでした。早速使わせていただいております。

初めての子育てに戸惑うことが多いのですが、日々すくすく成長する我が子の寝顔を見ては安らぎ、家族が増えた幸せをかみしめております。

これからは子育ての先輩としても、今まで以上にアドバイスをいただけましたら嬉しく思います。

季節の変わり目でもございますので、どうぞお大事にお過ごしください。

まずはお礼まで。 敬具

令和〇年〇月〇日

〇〇〇・〇〇(夫婦氏名)

高額な内祝いにおすすめなのはカタログギフト

例えば10万円ほどの出産祝いをいただいた場合は内祝いとして3万円ほどの品を贈るのが理想的ですが、喜んでいただけそうなギフトで1万円以上のものは中々ありませんよね。そこで、高額なお祝いにはカタログギフトを内祝いとして贈るのがおすすめです。カタログギフトは相手に価格が分かりにくく、逆に気を遣わせてしまう可能性が低いためですね。それだけでは味気ないという場合でも、他の品物と一緒に贈るのもアリなのでカタログギフトは非常に便利なのですよ。キッチン用品重視のものや食品系が多いものまでさまざまなタイプがありますので、お相手に最適なカタログギフトを探してみてくださいね。

次のページを読む
1 2
Share: