マナー冠婚葬祭

大人の女性として恥をかかないために知っておきたいお通夜のマナーとは?

突然、お通夜の連絡がくると「何を着ていこう」と焦る人もいるはず。社会人ともなれば、大人の女性としてのマナーが必要です。では、恥をかかないためにも知っておきたい、お通夜の身だしなみや必用なもの、揃えておきたいアイテムをご紹介しましょう。

大人の女性として知っておきたい!お通夜の身だしなみとは?

image by iStockphoto

社会人になると、様々な場所で大人としての対応が求められます。お通夜もそのひとつ。

子供の頃、お通夜に参列したことがあっても親が一緒だったため、マナーを知らなくてもなんとかなったでしょう。

しかし、大人になってからは違います。あなたがどう対応するかによって、あなた自身が問われることになるでしょう。

では、大人の女性として知っておきたい、お通夜での身だしなみについてご紹介します。

服装は喪服が基本

お通夜での服装は、喪服が基本。これは、だれもが知っているマナーともいえるでしょう。

喪服は、アンサンブルのタイプ、ワンピースタイプ、パンツタイプなどがありますが、基本どのタイプを選んでも構いません。

しかし、露出が多いようなデザインのものは避けた方が良いでしょう。

また、お通夜は突然連絡が来るもの。そのため、「仕事中に連絡が入ったため、家に帰って喪服に着替える時間がない」ということもあるはず。

そんな時には、ダークカラーのスーツなどを着用していれば、喪服でなくても良いでしょう。ただし、喪服は黒が基本ですから、インナーなども黒や紺、グレーといった色合いであることが望ましいです。

ストッキングも黒

女性は、夏場でもストッキングをはいている人が多いでしょう。お通夜の場合にも、生足はNG。

しかし、お通夜では肌色ではなく、黒のストッキングがマナーです。

喪服に合わせて黒でまとめることが基本。

ただし、黒でも網タイツなどはNGですから注意しましょう。

身に着けるアクセサリーは真珠

女性は、日頃からピアスやネックレスなど、アクセサリーを身に着けている人が多いでしょう。

しかし、お通夜というのは悲しみの場ですから、キラキラ光るようなものは避ける必要があります。

お通夜のアクセサリーは、真珠が基本。ネックレスやピアスなども、控えめの大きさ、デザインの真珠を選ぶようにしましょう。

鞄も黒が基本

お通夜では、黒い喪服がマナー。

そのため、持ち歩く鞄に関しても黒のものを選ぶことが基本です。黒鞄というと、「黒ければ、何でもOK」と思われる人もいるかもしれませんが、基本飾りがなく、ピカピカと光るような光沢がないものが望ましいでしょう。

布製でシンプルの黒の鞄が理想的です。

「荷物が入りきらない」という時には、黒のサブバックを持ち歩くことで、荷物の持ち運びに困ることもなくなるでしょう。

靴も黒でシンプルなデザインのものを

喪服を着ると、「靴は、何を履いたら良いのだろう?」と思う人が多いでしょう。

基本、お通夜での靴も黒が基本。黒い靴というと、多くの人は一足くらいは持っているのではないでしょうか。

しかし、お通夜での靴はミュールやエナメル素材のもの、ヒールの高いものは避ける必要があります。

理想は、布製、革製でテカリのないシンプルなデザインのもの。リボンなどの装飾がついているものも、避けた方が良いでしょう。

お通夜で必要なものとは?

image by iStockphoto

お通夜に参列するとなった時、「何を持っていったらよいのだろう?」「必要なものって、なに?」と思われる人も多いでしょう。

初めて、一人で参加するお通夜となれば、戸惑うことも多いはず。

では、お通夜に必要なものをご紹介しましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: