マナー冠婚葬祭

責任重大!結婚式のスピーチで失敗しないためには!?

愛し合う二人が親しい人に囲まれてお祝いされる結婚式は、とても感動的なイベントですよね。そんな喜ばしい会で代表スピーチを任されるのは光栄なことですが、内容を考えるのに一苦労…そんな経験者の声は数知れず。そこでこちらでは、結婚式の上司・友人代表スピーチの例文を交えた作成方法や話し方のポイントについて詳しく解説していますよ。新郎新婦のウェルカムスピーチについてもご紹介していますので、併せてお読みになってくださいね。

喜ばれる上司・友人代表スピーチにするには?

image by iStockphoto

せっかく任命いただいた大役ですから、主賓の二人に恥じないよう素敵なスピーチにしたいものですよね。とはいえどんな内容にすべきか一から考えるのは難しいことですし、ここで上司・友人代表それぞれの例文を確認しながら思いのこもったスピーチを作成していきましょう。

まずは構成を考えましょう

結婚式の代表スピーチは、自己紹介→祝辞→新郎新婦にまつわるエピソード→二人へのはなむけ(締め)という流れに沿って考えるのがセオリーです。自己紹介と祝辞は逆でもOKですので、ご自身の好みに合わせて変えてもOKですよ。それぞれのパートの詳細は以下にまとめましたので、いまいちピンとこない方は確認しておいてくださいね。

・自己紹介 :自分の名前と新郎新婦との関係性を簡単に説明します。会社のトップにあたる立場の人は、社名と名前だけ述べるのが一般的です。

・祝辞   :新郎新婦やその親族にお祝いの言葉と招待へのお礼を述べます。

・エピソード:新郎新婦の人柄が分かるようなエピソードを紹介するパートで、スピーチのメインです。

・はなむけ :新郎新婦への励ましの言葉や清聴への感謝を述べる、スピーチの締めにあたるパート。

失敗しない話し方のポイントと当日の流れ

多くの人の注目が集まるスピーチでは緊張してしまうのが当たり前ですから、流れや話し方のコツを覚えておくと安心ですね。多少間違ってしまっても問題ないので、礼節をわきまえている姿勢を見せられればOKですよ。ちなみにスピーチは暗記せずともよく、原稿をシワにならないよう懐などに仕舞っておきましょう。スピーチ用原稿の作成方法は追って詳しく紹介していますのでご安心くださいね。

[スピーチの流れ]

1:司会者からの紹介が始まったら、着席したまま周囲に軽く一礼。

2:紹介が済んだら席を立ち、椅子をしまって他のゲストに向かって一礼。

3:マイクの前に進んだら、新郎新婦に向かって「本日はおめでとうございます」と述べてお辞儀をし、1~2秒静止。

4:3の間は新郎新婦と両家の両親は起立していますので、顔を上げた後に「どうぞご着席ください」と着席を促す。

5:スピーチ開始。

6:スピーチ終了後、まずはゲストに向かって一礼し、その後に新郎新婦に一礼。

7:着席前にもゲストに向かって一礼。

[話し方のポイント]

・原稿は顔の真ん前より少し下にして持つ。

・スピーチ原稿ばかり見るのではなく、適度に新郎新婦の方を向く。

・緊張すると早口になってしまうため、いつもよりゆっくりめに話す。

・5分以内に話し終えるようにする。

スピーチ用原稿の作り方

スピーチは暗記しなくても良いので、カンペを用意しておくと安心です。シワにならないよう懐に入る程度にするため、サイズはA5までにしておくと良いでしょう。用紙は汚れやシワが無ければ基本的にコピー用紙などでも良いのですが、新郎新婦に記念として渡したいということであれば便箋を用い、封筒も用意しておくと喜ばれますよ。読んだ時最後の方で声が小さくならないように、縦書きにするのがおすすめです。

忌み言葉の使用を避ける!

二人の門出を祝うためのスピーチでは、忌み言葉の使用はマナー違反と考えられています。忌み言葉とは、不幸・別れ・離婚を連想させたりする言葉のことですね。色々な種類がありますが、ここに挙げる言葉をスピーチに用いなければ問題ないと考えて良いでしょう。作成後忌み言葉が入っていないかのチェックは抜かりなく行ってくださいね。

次のページを読む
1 2 3
Share: