おすすめアイテムアイデア・コツライフスタイル暮らしの工夫・知恵趣味

自宅で本格的なコーヒーを淹れるには?淹れ方やおすすめアイテムをご紹介!

あなたは、コーヒーが好きですか。「好き」という人は、カフェ通いを趣味にしている人も多いはず。しかし、本格的コーヒーが自宅で楽しめれば、経済的メリットも得られれば、家時間が充実するはず。では、本格的なコーヒーの淹れ方や豆の選び方、おすすめアイテムなどをご紹介しましょう。

自宅で本格的なコーヒーを楽しむ方法

image by iStockphoto

家や職場で、毎日のようにコーヒーを飲んでいる人も多いはず。

外出中には、カフェでゆっくりとコーヒーを楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。

そんなコーヒー好きの人は、家でも本格的な味を楽しみたいと思っているはず。しかし、カフェのような味を出すとなると、「面倒だな」「テクニックがない」と諦めてしまう人も多いでしょう。

しかし、自宅でも簡単に本格的なコーヒーを楽しむことができますよ。

手軽なドリップコーヒーを楽しむ

自宅でコーヒーを飲む際、誰でも簡単に淹れることができるインスタントコーヒーを飲んでいる人も多いはず。インスタントコーヒーは、お湯さえ沸かせば簡単に淹れることができますから、とても便利です。

しかし、香りや味わいを楽しむには少し物足りないもの。

そんな時には、手軽に淹れられるドリップコーヒーがオススメです。

ドリップコーヒーは手軽でありながらも、ちゃんとコーヒー豆から淹れることができるため、香りや味わいが違います。

コーヒーメーカーにお任せ

自宅でコーヒーを飲む際、家族とともに楽しんでいる人もいるはず。

そんな人は、一度に何杯ものコーヒーを淹れることができるコーヒーメーカーがおすすめ。コーヒーメーカーであれば、豆も好きなものを選ぶことができますから、より自分好みの味を堪能することができるでしょう。

今では、コーヒーメーカーにも様々な機能がプラスされており、豆がひけるミル付きのものもあれば、いつまでも熱々コーヒーが楽しめる保温ポットになったものもあります。

それぞれの飲み方や好みに合わせて、自分に合ったコーヒーメーカーを探すのも楽しいものです。

ペーパーフィルターで丁寧に淹れる

「せっかく家で本格コーヒーを淹れるのであれば、こだわりたい」と思っている人もいるでしょう。

そんな人は、まずはペーパーから淹れるのが良いでしょう。ペーパーフィルターで淹れる場合には、ドリッパーが必要です。

ドリッパーにペーパーフィルターをセットし、そこに挽いた豆を入れます。そして、コーヒーを入れるカップもしくはサーバーを用意。

お湯は95度前後に沸かし、ゆっくりとドリッパーに注いでいきます。一度豆全体を浸したら、お湯を注ぐのをやめ、蒸らしましょう。

再度、お湯を注いだら本格コーヒーの出来上がりです。

雑味を楽しめるネルドリップ

ハンドドリップというと、ペーパーフィルターのイメージが強いですが、もう一つ淹れる方法があります。

それは、ネルドリップ。ネルドリップとは、フランネルという毛織物で作られたコーヒーフィルターのことを言います。

ネルドリップは、意外にも歴史が古く、コーヒー好きには「一番、おいしいコーヒーが淹れられる方法」としても人気。

淹れ方は、ペーパーフィルターと変わりませんが、ペーパーではなく、毛織物を使っていることで雑味も味わえることから、コーヒー本来の味が楽しめます。

本格的サイフォンで淹れる

喫茶店やカフェなどでは、サイフォンという道具を使っているところも少なくありません。

実は、このサイフォンは自宅でも使うことが可能。まるで実験道具のようなアイテムですが、手順さえ覚えれば、誰でも本格的コーヒーを淹れることができます。

手間がかかる故に、コーヒーを淹れる楽しみや奥深さを楽しむことができるでしょう。

ダイレクトな味が楽しめるフレンチプレス

「本格的なコーヒーを楽しみたいけれど、手間をかけるのは面倒」という人も多いはず。

そんな人におすすめなのは、フレンチプレス

プレンチプレスは、ポットにコーヒー豆を入れ、お湯を注いでプレスするというもの。コーヒー豆が長い時間お湯に浸ることで、深い味わいを楽しむことができます。

今では、そのまま飲めるカップタイプのフレンチプレスなどもあるため、職場などでも気軽に淹れることができるでしょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: