ライフスタイル出産子育て

幼稚園見学の時の服装は何が良い?二児のママが傾向を解説

お子さんの性格やタイプに合った幼稚園を選んであげたいなら、普段の生活の様子を知ることができる幼稚園見学は必須です。お受験幼稚園でも一般的な私立園でも幼稚園の見学会を行っているところは多いので、気になる園は一度見学しておくと良いでしょう。幼稚園のカラーに合わせたオススメの服装を解説致します。

幼稚園見学の服装に決まりはある?

image by iStockphoto

幼稚園選びの際に必ず行ってほしいのは見学会への参加です。直に幼稚園の雰囲気を知るチャンスですし、先生方のタイプや指導方針などを直に感じることができます。転勤族である筆者は、二人の子の幼稚園選びの際に6個の園を見学して決めました。幼稚園によって見学に来るママの雰囲気も異なります。幼稚園見学で「浮かない」服装を解説致します。

お受験園ではスーツでの参加が基本

お受験色の強い名門幼稚園では、イベントの際には落ち着いた色のスーツを着ていくのが無難です。暑い時期の開催でしたらブラウスやシャツを、それ以外の時期でしたらグレーやネイビーなどのジャケットを着用すると良いでしょう。お受験系幼稚園では、入園した後も参観日や保護者会などのイベントではジャケットやスーツで出席されるママが多いです。いずれ使うものですから、数パターン用意しておくと良いですね。

見学会の服装が直接合否に関わることは少ないかと思いますが、悪目立ちしてしまうのは避けたいところ。露出の激しい服装や、極端にカジュアルな服装になりすぎていないかチェックしてくださいね。お子さんの洋服も派手な色味は避け、落ち着いた色のジャンパースカートやシャツなどを着せておくと浮く心配がありません。

一般的な幼稚園なら普段着でOK

一般的な私立園、公立園の見学会であればあまり堅苦しい服装は必要ありません。幼稚園のカラーによってはデニム+セーターなどのかなりラフな服装で出席する方もいます。しかしできればワンピースやビジネスカジュアル程度のきれいめな服装にしておくと「浮く」心配がないでしょう。説明の間おもちゃが用意されていたり、園庭で遊ぶこともあります。子供の服は清潔感があれば普段着で大丈夫です。

筆者の実際に見学した幼稚園では、お仕事用のスーツで参加されている方も多かったですね。パパも一緒に見学し、そのまま出勤する予定というご家庭も多いです。パパママ揃ってスーツの場合きちんと感がでますから、お仕事をされている方にオススメですね。スリッパは持参することがマナーですが、用意されていて借りる場合もあります。素足はNG、ストッキングを着用しておきましょう。

見学会の内容に注意しよう

張り切ってスーツを着用していこうと思っても、見学会の内容によっては反対に「浮いて」しまうことも。担当の先生から説明を受けたり幼稚園児と先生の様子を見て回る内容でしたらスーツやワンピースでも良いですが、子どもと一緒に簡単なリクレーションなどが用意されている場合もあります。

見学会に参加する際には、あらかじめ身体を動かす内容があるか確認しておくと安心です。園庭に出たり身体を動かす時間がある場合には事前に内容を伝えてくれる幼稚園が多いですから、臨機応変に服装を変えてくださいね。見学会では園庭に出る場面もあります。スリッパや靴袋を持っていき、ピンヒールを避けると良いでしょう。

見学会はどうやって参加する?

image by iStockphoto

幼稚園の見学会に参加する方法をご紹介します。幼稚園によって大きく時期や流れが異なりますから、お子さんが小さいうちから情報収集しておくと良いですね。

見学会の時期は?

見学会の時期は幼稚園ごとに異なりますが、一年を通して好きな時に自由に見て回る方式、入園説明会と同時期の夏ごろまでに行うところ、願書配布付近の秋に行うところがあります。入園人数の多い園では複数の日程を用意していることもありますが曜日が固定されていることも多いため、しっかり予定を合わせるようにしましょう。

HPの確認や電話での問い合わせが必要

見学会は入園説明会などで説明を受けることもありますが、基本的には自分で問い合わせしなければ予約できないことが多いです。HP上でも見学について触れていないことも多いため、気になる幼稚園には一度問い合わせする方が確実ですね。幼稚園の問い合わせ窓口は入園希望者の対応に非常に慣れていますので、わからないことは積極的に聞いてしまうと良いですよ。

予定されていた開催日を逃してしまっても、相談すれば別日で個別に案内してくれることもあります。筆者は転勤の途中入園の経験もありますが、入園前に見学をさせていただけるところがほとんどでした。運動会や発表会の時期は先生方も手いっぱいなことが多いため、イベントの時期は避けて問い合わせしましょう。

次のページを読む
1 2
Share: