マナー公共マナー趣味

ワクワク&ドキドキのオフ会!…でもマナーは大丈夫?

SNSや掲示板などで見かけることの多い「オフ会」。仲間内で集まるみたいだけど、何をするのか分からず行きづらい…と感じている方が多いのではないでしょうか。実は幅広い集いの間で行われており、意外にも敷居は低いものなのですよ。こちらの記事では初めての方にも分かりやすく、オフ会で守るべきマナーについて詳しく解説しています。

まずはオフ会について知ろう!

image by iStockphoto

オフ会という言葉は知っていても、何をする会なのか詳細は知らない、という方は多いです。何となく知っている、というものに対して人は恐怖を覚えやすく、そこから苦手意識や敷居の高さを感じやすくなってしまいます。そこで最初にオフ会とは何なのか、どういった目的のある集まりなのかについてチェックしていきましょう。

そもそもオフ会って…?

オフ会とはOff-line Meeting(オフライン・ミーティング)の和名略称のことで、オンライン上であるSNSやTwitterなどで知り合った人どうしが現実世界(オフライン)で実際に会って食事をしたりカラオケに行くなどして親睦を深めるための会のことを指します。規模は2~数百名単位と様々で、場合によってはかなり広い会場でパーティーのような集まりになることも。ちなみに少人数のオフ会のことを別名「プチオフ」や「ミニオフ」とも呼ぶそうですよ。

オフ会ではどんなことをするの?

オフ会は様々な形で行われますが、概ね簡単な自己紹介→アンケートや投票などの企画→歓談といった流れで進行します。主催者側が進行役を務めてくれますので、基本的にはその流れに従っていればOKです。もし何か自分で企画したい・アイディアがあるという場合には事前に幹事さんに相談しておき、当日は滞りなく披露できるようにしておきましょう。

▼振り返りポイント

・オフ会はオフラインである現実世界で、オンライン上で出会った人と交流するための会のこと。

・オフ会は自己紹介→企画→歓談といった流れで進行することが多い。

オフ会で守るべき5つのマナー

image by iStockphoto

ずっとネット上では知り合いだったという人どうしでも、実際に会うのは初めてという機会にもなるオフ会。今まで直接の繋がりはなかった人にも出会えますし、色々な人と話す機会となりますね。しかしオフ会はリアルでのことですから、相手に対する態度を考えたり社会的なルールにも従うべきといえます。ネットとリアルとを混同しないよう、オフ会では特に以下の5つのポイントに注意することが大切ですよ。

“初対面”であることを忘れずに!

いくらネット上のコミュニティーで毎日のようにコメントや返信を返していても、現実世界で会うのは“初対面”の人です。確かにメッセージなどで親し気に話しかけてくれる相手の言葉に嘘は無いはずですが、それはあくまでその世界の中でのこと。オンライン上でのやり取りを元に勢いづいてしまうと、「初対面なのに怖い…」「失礼な人っ」と思われてしまう可能性もあります。いつもSNSやゲームで会話をしていても、オフ会では初めて会うという人には敬語を使うなど、初対面ということを忘れずに接するようにしてください

コミュニケーションは積極的に!

人見知り・上手く人と会話ができないという人でも、オンラインでは簡単に誰かと繋がることができますよね。ずっとお話しなくても良いわけですし、ボタンを押してリアクションをするだけで仲良くなれることもあります。ネット上でのコミュニティーにはそういった気軽さがありますが、同じ仲間内だから現実世界も同じ、とはいかないかも知れません。自分から参加する意思を示したのであれば、オフ会では黙っているばかりではなく、積極的に会話に参加することが求められます。いつもであればほんの1~2秒で完結していたやり取りも、現実世界では自分の声を通してコミュニケーションをしなくてはいけません。もし人前でうまく喋れないと思っている方も、オフ会では頑張って仲間と交流してみてくださいね。

次のページを読む
1 2
Share: