マナー礼儀作法

みんなどうしてる?お家以外でのパートナーの呼び方は?相手のパートナーのことは?

カップルや夫婦の間では、普段お互いを愛称で呼び合っていることも多いでしょう。しかしそれはあくまでふたりきりの時だけで、大抵の場合一歩家の外に出ればパートナーのことを「うちの妻が…」などと形容するようになりますよね。こういった呼び名は対外的に分かりやすくするための方法でもありますが、実はパートナーの呼ばれ方には人それぞれ好みがあるのですよ。知らずしらずにパートナーを傷つけないために、こちらの記事で自宅以外でのパートナーの呼び方について一緒に考えていきましょう。

外でのパートナーの呼び方はどうする?

image by iStockphoto

誰かに自分のパートナーの話をする際、みなさんはどのような名称を用いていますでしょうか。一般的には「妻」「主人」と表現されますが、実は色々な呼び方の種類があるのですよ。ここでパートナーの呼び名のパターンと、その中でどれを用いれば良いのかについて確認していきましょう。

呼び方にはこんなに種類が!

みなさんが普段外で使う名称以外にも、パートナーを指す名称にはこんなに種類がありますよ。カップルで使えるものから配偶者に限定されるものまでありますので、まずはその多様性を知り、自分とパートナーに最適な呼び方を探してみましょう。

[男性を指す呼び方]

・主人

・旦那

・旦那さん

・亭主

・夫

・殿

・パパ

[女性を指す呼び方]

・家内

・奥

・奥さん

・妻

・嫁

・嫁さん

・細君

・女房

・カミさん

・ワイフ

・ママ

[男女どちらにも使える呼び方]

・パートナー

・相方

・〇〇ちゃん

・〇〇さん

・うちの人

・ツレ

・連れ合い

・その他ニックネーム

何と呼ぶのが正解…?

たくさんのパートナーの呼び名がありましたが、しっくりくるものはありましたでしょうか?ここで大切なのが、自分で呼びやすい名称=パートナーが呼ばれて嬉しい名称ではないということ。例えば女性を「家内」と呼ぶと「私も外で働いているのよ」と嫌味に感じられてしまったり、男性を「亭主」と呼ぶと「家で偉そうにしてそうと思われるのでは…」と不安になる方もいるのです。いくら仲の良いパートナーとはいえ、自分と考え方・捉え方・社会での立ち位置が全く同じということはありませんから、呼ばれる側の気持ちも考慮して名称を選ぶ必要があるといえるでしょう。特にそういった話題にならずに長年経ってからふとしたタイミングで外での呼び方が判明すると、「今までずっとそんな言い方をしてきたの?」と口論になってしまうかもしれません。これを機に一度お互いが外で何と紹介し合っているのか・何と紹介されたいのかを話し合ってみるのも良いのではないでしょうか。

パートナーの呼び方についてお互いが納得していれば日常シーンでは問題はないですが、ビジネスシーンやかしこまった場でパートナーについて触れる時は、「夫」と「妻」、もしくは「主人」と「家内」と呼び合うべきと考えられているので注意してくださいね。

▼振り返りポイント

・「妻」や「夫」以外にも、パートナーを指す名称にはさまざまな種類がある。

・ビジネスシーンなどでは「夫」と「妻」、もしくは「主人」と「家内」と呼び合うようにする。

相手のパートナーについて言う時は?

image by iStockphoto

ここまで自分のパートナーの呼び方についてみてきましたが、誰かと会話するうえで相手のパートナーについて質問する機会もよくありますよね。相手にとって大切な第三者について言及するわけですから、できる限り丁寧な印象となる名称を用いて会話したいもの。ここでは他の人のパートナーを呼ぶ際に使うべき呼び名は何か、という点に焦点を当てて考えていきましょう。

「ご〇〇」や「〇〇さん(さま)」が付けられる呼び方がベスト

自分のではなく相手のパートナーを指すために用いる名称は、他の人にとって大切な人を呼ぶための名称なので、できるだけ丁寧に聞こえるものを選ぶべきといえます。ですから相手のパートナーのことは、先頭に「ご〇〇」が付けられるもの・末尾に「〇〇さん」や「〇〇さま」が付けられる名称で呼ぶようにしましょう。例えば「あなたのご主人」「あなたの奥さん」「奥さまは…」「旦那さまは…」といった具合ですね。他にもこのパターンに則って相手のパートナーを呼ぶことは可能ですが、ビジネスシーンなどかしこまった場では「ご主人」「奥さん」「奥さま」「旦那さま」と呼べば丁寧な印象になりますよ

次のページを読む
1 2
Share: