おすすめアイテムコスメビューティーメイク女子力自分磨き

トレンド眉毛もお任せ!プチプラのおすすめアイブロウアイテムをご紹介

顔の印象を決める眉毛は、使うアイブロウの種類によって雰囲気を変えることができます。最近では、プチプラのアイブロウもデパコス並の万能アイテムが多く、発色の良さやモチの良さもレベルが高いものばかり。今回は、プチプラのおすすめアイブロウアイテムを詳しくご紹介します!

顔の印象を決める眉毛はメイクの中でも重要なパーツ!

image by iStockphoto

いきなりですが、皆さんは普段どのタイプのアイブロウを使っていますか?パウダーやペンシル、眉マスカラ…といった様々なタイプのアイブロウがありますが、そのタイプによってメイクの雰囲気も全然違いますよね。

眉毛は、顔のパーツにとって重要な部位です。眉毛の仕上がりによって、顔がきつく見えたり、柔らかい雰囲気になったり、仕事ができるキャリアウーマンの印象に見えることも。今回は、アイブロウの正しい知識とプチプラのおすすめアイブロウアイテムをご紹介します!

アイブロウの種類は?選び方のポイントもチェック

アイブロウには、様々な種類があります。メイク上級者の方は、アイテムを組み合わせて使ったりしていますが、メイクが苦手…という方は、1つを上手に使うだけでも雰囲気を良くすることができますよ!

まずは、アイブロウの種類別から見ていきましょう。

■アイブロウの種類&特徴

・パウダータイプ…ふんわりと優しい印象に仕上げたい方におすすめ。

・ペンシルタイプ…主に眉輪郭を縁取る際に使用。筆のようにスルスルと描けるため、眉毛を描き足してあげることも可能

・眉マスカラ…髪を染めている方は、眉毛の色も馴染ませるために眉マスカラを使用しましょう。髪色にあった色を選ぶことで自然な仕上がりに。

アイブロウの正しい描き方のポイント

普段の自分のアイブロウを思い出してみましょう。皆さんは普段、どのように眉毛を描いていますか?

眉毛を描くときの注意点は…

・(パウダーの場合)単色しか使っていない

・眉頭をしっかり描かない

立体感のある自然な眉毛を描く際は、単色のみで使用してしまうと、のっぺりとした印象に。しっかりと色を混ぜ合わせて使用することで自然な色になりますよ!

また眉頭をしっかり描いてしまうと、バランスも悪くなりがち。色を濃い目に入れるのは、眉毛の中央部分のやめ眉頭や眉尻は、やや薄めに描いていきましょう。

■眉毛を正しく描くときのポイント

・できるだけ色を混ぜ合わせて立体感を作る

・眉頭には、明るめのパウダーで自然な仕上がりに

・眉の中央から眉尻はペンシルで、眉頭はパウダーで柔らかい印象に

眉毛をキープさせるにはアイブロウコートも必須!

眉毛を綺麗に描いたあとは、一日中美しい眉毛をキープさせるために、アイブロウコートを使用しましょう。最近ではプチプラコスメ以外にも100均でアイブロウコートも発売されているため、手軽に購入することができますよ!

しかし、アイブロウコートによってキープ力やテカリ、速乾性が良くないものまで様々。自然な眉毛に仕上げるには、テカリが抑えられているものを選ぶことで、せっかく描いた眉毛も美しいままでキープすることができます。

IMAGE

ブロウラッシュ ブロウコーティングR

Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-01-14Amazonで詳しく見る

■アイブロウコートを使用した日はクレンジングも入念に

落ちにくいと言われるアイブロウコートは、入念にクレンジングをしなければ眉の中にニキビができてしまうことも。しかし反対に強く擦り過ぎてしまうと、毛根に負担がかかり眉毛が抜け落ちることも。アイブロウコートを選ぶ際は、クレンジングのしやすさもポイントの1つです。

【パウダー編】女性らしい印象に仕上げたい方に

image by iStockphoto

まずご紹介するのは、パウダータイプのアイブロウです。パウダータイプであれば、2色以上セットになっているものが多いため、眉毛だけでなくノーズシャドウを描くときにも便利◎

また色を調整できるため、簡単に立体感のある眉が完成しますよ!ふんわりと柔らかい印象に仕上がるため、オフィスメイクやデートの日に着るフェミニンスタイルのメイクアイテムとして使いたいアイブロウです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: