ライフスタイル女子力自分磨き趣味

趣味が車の男性あるある11選!付き合える?結婚は?

女性は、車のことをよく知らないという方が多いのではないでしょうか?だからこそ、彼の趣味が車だった場合、「なぜ?」「お金使いすぎじゃない?」と戸惑ってしまうこともありますよね。そこで今回は「趣味が車の男性あるある」をまとめてみました。好きな男性や彼氏の趣味が車という方は、ぜひ今後のお付き合いの参考にしてみてください。

その1 給料に見合わないスポーツカーに乗っている

image by iStockphoto

趣味が車の男性は、だいたい給料に見合わないスポーツカーに乗っています。(セレブ男性を除く。)なぜなら、それは「速くて、カッコイイから」。子供の頃から、いつか乗りたいと憧れていた夢の車だという理由もあります。

フェラーリ、ポルシェ、スカイライン、ロードスターなどが、趣味が車の男性に人気の代表的な車といえるでしょう。しかし、そのなかでも高級車は別格ですが、さほどそうでもない価格の趣味車は女子にとって乗り心地の悪いものに…。

車高が低いと、乗車時の姿勢や走行時の振動がモロに身体に響くため疲れてしまいます。また、都市部のオープンカードライブは、何気に顔が排気ガスで真っ黒になりがち。スポーツカーを運転している男性側は楽しいでしょうが、隣に乗っているだけの女性はあんまり楽しくないかもです。

その2 実は中古車…

image by iStockphoto

趣味が車という男性が多く乗っているスポーツカー。しかし、意外と「中古車だった…」というケースが多いです。(セレブ男性を除く。)何を隠そう、若かりし頃の我が夫も中古のスカイラインで私を迎えに来ていたタイプの男性でした。

やっぱり、新車のスポーツカーは若い男性には金額が高すぎるのです。だから、趣味が車の男性はまず中古車に手を出します。

女子からすると、「無理してスポーツカーなんて買わなくても…」と思ってしまうでしょうが、趣味車に乗りたい希望を持っている男性はたくさんいるのです。

また、運転が上手くなるまでは中古車に乗っておこうと考える男性もいます。そのため、趣味が車の男性の部屋には″中古車情報誌・カーセンサー″が転がっているのが定番です。

その3 貯金は少なめ

車が趣味の男性とデートすると、車で迎えに来てくれたり、食事をおごってくれたりと至れり尽くせり。「リッチな彼氏ができて幸せ…!」「セカンドカーまで持っているなんて稼ぎがあるのね」なんて、女性は甘いひとときに胸高鳴ることでしょう。

しかし、車が趣味の男性は総じて貯金が少なめなので要注意!(セレブ男性を除く。)車はただでさえ、ガソリン・メンテナンス・車検・税金などで維持費がかかります。銀行の預金残高は、目を疑うような額であることを覚悟しておきましょう。

ちなみに我が夫も、「早く結婚しよう!」と連呼してくれてたわりには、貯金がほとんどありませんでした…。

その4 JAFによくお世話になっている

趣味が車で、中古車に乗っている。このような男性とデートしたり、付き合ったりすると、高確率でJAF待ちをするハメになります。バッテリーあがりや、エンジントラブル、パンクなど、中古車はやっぱり壊れやすいのです。

夫のスカイラインも突然のエンジントラブルで動かない状態に…。炎天下の道路でJAF待ちになって、本当に暑くてツラかったです。

逆に言うと、故障者のそばでJAF待ちをしているドライバーは趣味が車か、メンテナンス不足でトラブルになってしまったサンデードライバーのような人が多いといえるでしょう。

その5 夜に山を走りたがる

image by iStockphoto

趣味が車の男性は、夜ドライブの好きな人が多いです。それはなぜかというと、山間のケモノ道で自身のドライビングテクニックを試したいため。当時、大阪に住んでいたのですが、とあるケモノ道を通ると、走り屋のすごいこと、すごいこと。

くねくねした急カーブ、さらに山間だと高低差があるので、車が趣味の男性にとっては垂涎のスポットなのでしょう。「夜景を見に行こう」とデートに誘われたなら、単に山間部を駆け抜けたいだけの可能性も高いです。

その6 車をやたらと洗いたがる

image by iStockphoto

愛車をやたらと洗いたがるのも、趣味が車の男性あるある。洗車場に行くと、そのような男性が集結していたりします。私は新婚の頃、ひとりで洗車場へ行ったことがありました。年末だったので、夫婦で乗っていた車をきれいにしようと思ったのです。

ピカピカに磨き上げた車を、ご満悦そうに眺める男性がゴロゴロいたのを覚えています。我が夫も、今でも自宅ガレージでしょっちゅう車を洗っていますよ。車を本当に愛しているからこそなのでしょうね。

その7 子供の頃はトミカにハマっていた

男子なら、幼少の頃に誰でも所持していたであろうトミカ。とくに趣味が車の男性なら、高確率でトミカの思い出を持っていることでしょう。私も兄がいたので、その影響でトミカで遊んでいた記憶があります。

現在トミカに見かけない車種も、私の子供の頃はたくさんあったものです。もし、トミカで遊んだことがある女性は、トミカにまつわる話をすれば趣味が車の男性を喜ばせることができるでしょう。

次のページを読む
1 2
Share: