アイデア・コツライフスタイル出産子育て家事料理・食事暮らしの工夫・知恵洗濯

トマト系の染み抜き方法を二児のママがわかりやすく解説!

サラダやお弁当に欠かせないプチトマト、子供から大人まで好きなトマトソースやケチャップは、手軽で彩りが良く栄養価も高いためママの強い味方ですね。しかし気がつかない間に洋服にはねてしまい、染み抜きに困ったことのある方も多いのではないでしょうか。トマト系の染みの対応方法を二児のママが解説致します。

染み抜きは時間との勝負!

image by iStockphoto

トマト系の真っ赤な染みは白いシャツなどにつくとヒヤッとしてしまいますね。外出先ではお子さんがトマトソースを食べることも多く、こぼさないかいつも気になってしまう方も多いでしょう。でも応急処置さえ間違えなければトマトの染みも恐れることはありません。正しい対処法を知って、スッキリきれいにしみ抜きしましょう。

#1 流水もしくはティッシュで汚れを叩く

シミに気が付いたら、まずはすぐに汚れを取って薄めることが大切です。脱げる状態であれば服を脱いでたっぷりの流水でシミの部分を流します。汚れが広がらないように注意してくださいね。

外出先で脱ぐことが難しい場合には、ティッシュやペーパーなどで洋服の裏と表から同時に抑え、トントン優しく叩きながら汚れをうつしていきます。少しペーパーを濡らして行うと水溶性のシミも落ちやすくなりますよ。ペーパーに汚れがうつらなくなるまで根気強く行いましょう。この時点でシミが残っていても焦る必要はありません。

#2 中性洗剤で染みを浮かす

image by iStockphoto

トマト系のシミ抜きで苦戦するのが残った「黄ばみ」。黄色いシミに効果的なのは中性洗剤です。特にソースのシミは油分を多く含むため、中性洗剤の効果は抜群。中性洗剤は衣類を傷めづらく生のトマトやフルーツ類にも効果が高いため、小さなお子さんをお持ちのママは覚えておくと良いですね。

通常の洗濯や漂白剤を使用する前に必ず中性洗剤でもみ洗いしましょう。シミの部分に直接中性洗剤をかけて、優しくもみ洗いします。これだけでかなりシミの色味が落ちるはずです。可能であればぬるま湯で洗い流すと効果が高まります。何度か繰り返し、シミが残っているか確認しましょう。

自宅ですぐに対処した場合には、筆者の経験上、中性洗剤だけで汚れが落ちてしまうことが多いです。この時点でスッキリとシミが落ちている場合には、下記の漂白剤の手順を試す必要はありません。時間をおかず、できるだけ早く通常通りの方法で洗濯機で洗っておくとシミの戻りもなく安心です。

#3 漂白剤を直接かける

時間が経ってしまった黄ばみや根強い果汁染みなどは、中性洗剤を使用しても色が残ってしまうことも。その場合には漂白剤を部分使用して対応します。漂白剤は衣類を痛めたり柄を消してしまう恐れがありますので、できるだけ周りに広がらないよう、ピンポイントで使いましょう衣類の表示を確かめることも忘れず行ってください。

漂白剤は直接シミにかけて使用します。シミの残りが強い場合には、漂白剤をかけて少し時間を置くとよいですね。漂白剤をかけた後、低温のアイロンでシミの箇所を温めるのも効果的です。漂白剤は高い温度のほうが効果が発揮されやすいですが、衣類を痛める可能性が高いため50度くらいまでのぬるま湯で使用するのがおすすめ。

塩素系の漂白剤が最もシミには効果的ですが、使用NGの衣類も多いため注意しましょう。シミの範囲が広い場合には薄めに作った漂白液の中につけおきするのもGOOD。柄物の衣類や塩素系がNGの洋服の場合には酸素系漂白剤を使用しますぬるま湯で作った漂白液に30~60分ほどつけおきし、シミの落ち具合を確認しましょう。

#4 普通通りに洗濯

一通り手順が終わったら、多少黄ばみが残っていても一旦通常通りに洗濯します。濡れたまま洗濯カゴに放置してしまうとシミが戻ってしまったり、漂白剤の洗いの残しで衣類が色落ちしてしまうことがあります。洗濯機にかけ、しっかり洗剤や汚れを落としましょう。

#5 日光に当て日干しする

image by iStockphoto

濡れた衣類に黄ばみが残っていても大丈夫。実はトマト系染みの元になる「リコピン」は、日光に当てることによって紫外線で分解され、色が目立たなくなることが多いです。直射日光が当たるように日干しすることで、シミが目立たなくなりますよ。紫外線は衣類の繊維を傷めやすいので、色柄物の退色に注意してくださいね

外出先でできる応急処置は?

image by iStockphoto

自宅であれば洗剤や漂白剤でしっかりと染み抜きすることができますが、トマトの染みは外出先でついてしまうことが多いですね。中性洗剤がすぐに手に入らない場合もあるでしょう。外出先であればティッシュやペーパーなどで汚れを落とし、ハンドソープなどで一時的に応急処置しておくと良いですね。中性洗剤などに比べると染み抜き効果は低いですが、シミの色素を落としておくことで後に色味が残りづらくなります。

小さなお子さんがいたり白いシャツを頻繁に着る方であれば、携帯用の染み抜きペンなどの購入を検討しましょう。数百円で手に入り、トントンするだけであっという間にシミが落ちます。外出先で時間がない場合にもすぐに対処できますからオススメです。

次のページを読む
1 2
Share: