マナー冠婚葬祭

お葬式の喪主になったら何をすれば良い?準備の仕方をチェック!

長男・長女の方は特に、ゆくゆく喪主にならねばならない時が来てしまいます。悲しいことに誰にでも別れは訪れてしまいますが、だからこそきちんとした葬儀を執り行えるよう準備したいもの。しかしいざとなると「お葬式の準備って何するの?」と慌ててしまい、もたついてしまうかも…こちらではお葬式に際して喪主がすべき準備の流れを解説していますので、早めはやめに目を通しておいてくださいね。

葬儀前~葬儀後のTODOリスト

image by iStockphoto

故人との最後のお別れ会を開くわけですから、ホストとなる喪主にはさまざまなお仕事が待っています。故人が亡くなってから葬儀終了後までの一般的な流れをここで確認していきましょう。

お通夜までにすることはコレ

以下のとおり、喪主がお通夜までに準備すべきことはたくさんあり、いきなりこなそうとすると大変です。亡くなる前から決めておくと良いこともあるので、早めに流れを掴んでおくと安心できますよ。

0 :遺影にしたい写真を決めておく(大まかにでもOK)

1 :葬儀会社を選ぶ(亡くなってすぐ連絡できると、ご遺体の移送も請け負ってくれます)

2 :寺社に連絡をする(菩提寺や氏神神社が分からない場合、宗派を葬儀会社に伝える)

3 :葬儀の場所や規模を決める

4 :葬儀の日程を決める(友引の日を避けること)

5 :参列してほしい方に葬儀の日時を周知する

6 :死亡届を提出する(病院から死亡診断書を受け取り、役場にて死亡届を提出→火葬許可証が受け取れます)

7 :納棺など(宗派によって異なります)

8 :遺影を葬儀会社に渡す

9 :会葬御礼品や香典返し、会食の手配をする(葬儀会社から提示してもらえる)

10:服装の準備をする(以下詳細を参照)

「亡くなる前から葬儀のことを考えたくない」と誰もが思うことでしょう。しかし急に遺影用の写真を探すとなるととても時間がかかり、故人も納得してくれそうな写真が見つからなかった、なんてことにもなりかねません。生前からできる準備として、遺影として用いる写真を決めておくと良いでしょう。ちなみに最近は終活がお年寄りの間で積極的に行われていますが、その一貫で遺影を撮影することもあるそうですよ。

亡くなってからは早めに葬儀会社に連絡をすれば、その後の流れや手配すべきことは会社側が提示するなどしてサポートしてくれます。できれば亡くなる前に葬儀会社の比較も行っておくと喪主側の負担は少なくなりますね。あらかじめクリーニングに出しておくなど、服装についても意識しておくと良いでしょう。

image by Rinto編集部

[男性の服装]

洋礼装の場合は、黒のモーニングに黒のネクタイが正式な喪服ですが、上下黒のスーツでもOKです。ベストは上着と同じ地のシングル、ズボンは縞柄、裾はシングルのものを揃えましょう。

和服の正式な喪服様式は、慶事と同じく黒羽二重の染抜き五つ紋付きに羽織袴です。袴は仙台平で、帯は角帯のもの、下着の衿は羽二重で、白やねずみ色などを用います。一点注意すべきポイントとして、「不幸が重なる」という意味から、下着の衿は弔事には重ねないようにしてください。また、足袋は白にするのが一般的です。

[女性の服装]

洋装の場合は、黒無地のワンピースやフォーマルスーツを用意しましょう。ボタンやバックルは、光沢がなく共色のものを選びます。靴は飾りのない黒のパンプスが正式です。アクセサリーは結婚指輪、パールの一連のネックレス・イヤリング(ピアス)のみにしてください。

和装の場合、羽二重に染抜きの五つ紋をつけた黒の無地や地紋のない縮緬(ちりめん)が正式なスタイルです。帯揚げ・小物は黒で統一します。足元は白の足袋に黒の草履を着用しましょう。

夏の和装は、生地の薄い袷(あわせ)と同じ五つ紋付きの黒無地で、六月と九月は単衣(ひとえ)、七月と八月は絽(ろ)が正式なスタイルとされていますが、最近は六月~九月まで絽で通すことが多いようです。帯は絽か紗の黒の名古屋帯にしましょう。

葬儀当日の喪主の役割

お通夜・告別式に喪主がすべきなのは、「僧侶や斎主の接待」「挨拶」「供花や弔電の確認」の三点です。お通夜までの準備に比べるとシンプルではありますが、親族の代表として行うべきことばかりなので、分担することが難しい役割でもあります。

僧侶や斎主の接待:斎場までの案内や、お布施・御礼を渡すのも喪主の役割です。

挨拶      :お通夜・告別式の後や会食の前後など、複数回挨拶する場面があります(以下詳細を参照)。

供花や弔電の確認:供花の並び順(故人と関係の深かった贈り主順に配置するため)や読み上げてもらう弔電の順序を葬儀会社に指示します。

次のページを読む
1 2 3
Share: