ボディケアライフスタイルリラックス女子力暮らしの工夫・知恵自分磨き趣味

『夜活』のススメ~何する?朝活と違ってどんなメリットがある?

『朝活』ができないのなら『夜活』しよう!ゆっくりと時間をかけて取り組める『夜活』が、仕事で忙しい女子や主婦の間でじわじわと浸透中。翌朝スッキリと目覚めて元気いっぱいに一日をスタートできるように、夜活で心も体もエネルギーを蓄えましょう!この記事では夜活を実践中の筆者が、夜活のメリットや実際に夜活でどのようなことをしているのかを、ご紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

■『朝活』は人気だけれど・・・

image by iStockphoto

最近なにかと話題の『朝活』。朝活とは、早起きをして朝に時間を作り、趣味や勉強、運動に励む活動のことです。朝から自分磨きのためにエネルギッシュに活動できる、そんな人になりたいと思う方も多いことでしょう。筆者もそんな朝活に憧れたひとり。一時期は頑張って、朝活に励んでいました。

しかし、誰もがみな早起きできるわけではありません。私も低血圧なので、朝は苦手。例え早く目覚めたとしても、頭がボーっとしてしまって、なにかをする気にはとてもなれません。頭の働かない状態で朝活に励んでも、たいした成果も上げられずに失敗・・・。さらに、お昼ご飯を食べ終えたころになると強烈な睡魔に襲われるようになってしまい、午後の仕事や家事に支障をきたしてしまうこともありました。

しばらく頑張ってはみたものの、結局筆者に朝活は不向きだと諦めることにしました。なんでも人には向き、不向きがあるもの。筆者と同じように朝が苦手という方は、無理に『朝活』にこだわらずに、ここでご紹介する『夜活』や他の方法を探してみてはどうでしょうか。

■じわじわと人気の『夜活』とは?

image by iStockphoto

朝活を諦めた筆者ですが、それでも自分の時間を確保すべく、今度は『夜活』にチャレンジすることにしました。夜活とは、朝活の夜バージョン!仕事終わりや子供を寝かしつけたあとの夜時間を活用して、勉強や運動、家事や趣味などを行うことを言います。

筆者と同じように朝に弱いという方の中には、夜遅くまで起きているのは苦にならないという方も少なくないはず。そんな方は夜活のチャンスです!一日の終わりに自分だけの時間を確保して、やりたいことを存分にやってみませんか?きっと今よりも朝や昼間に時間的な余裕が生まれて、充実した日々をおくれるようになりますよ。

■夜活のメリットとは?

image by iStockphoto

ここでは、筆者が夜活を実践する中で感じた『夜活のメリット』をご紹介します。私達は幼い頃から「早寝早起きが良いこと」と教わっているので、夜更かしをして行う夜活は悪いことのように感じてしまう方もいるかもしれません。ですが夜活にも、私達にとって魅力的なメリットがありますよ。夜活に対して悪いイメージを持っている方には、ぜひ夜活の良い部分を知って頂きたいです。

メリット1. 脳に記憶が定着しやすい

仕事や勉強などの頭を使うことは、脳がまだフレッシュな朝の時間帯にした方が良いと考えている人は多いと思います。ですが『暗記』に関しては、実は夜の方が効率がいいということをご存知でしょうか?理由は、私達の脳は眠っている間に仕入れた情報を整理するという特徴があるため。ですので仕事や勉強で暗記したいことがある場合には、眠りにつく直前に頭に入れるようにした方が、効率よく記憶することができるのです。

また夜は副交感神経が優位になる時間帯なので、脳が日中よりもリラックスした状態にあり、勉強をしてもストレスを感じにくいというメリットもあるそう。このことを上手く利用すれば、仕事や勉強がよりはかどりそうですね。

メリット2. 時間をゆっくりとることができる

朝活の場合は、通学・通勤する前の時間に行うので、時間をゆっくりと確保するということができません。通学・通勤の時間は決まっているので、自分のタイミングや切りのいい所までやってから朝活を終えるということも難しいでしょう。朝活のせいで、バタバタと忙しくなってしまうということもあるかもしれません。

ですが夜活なら、ある程度時間に余裕をもって行うことができ、時間の調整も可能です。そのため時間を忘れてやりたいことに没頭することもできます。時間に追われて行うのと集中して行うのでは、もちろん活動の成果にも大きな差が!時間をゆっくりとれるというのは、夜活最大のメリットではないでしょうか。

メリット3. 人に邪魔をされる可能性が少ない

夜は、人に邪魔をされる可能性が最も少ない時間帯。筆者の場合、朝は早起きしても途中で主人が出勤準備のために起きてきてしまいますし、運が悪いと物音で幼稚園に通う息子も起床してきてしまいます。すると、もう朝活どころではありません。

日中は、子供のいない間に家事や用事を済ませなければなりませんし、午後になると幼稚園から帰ってきた息子のお世話や習い事で時間が作れません。唯一、一人の時間を確保できるのが、夜に子供と主人が寝てからの時間帯。どんなことをするにせよ、人に邪魔されないというのは大きなメリットになります。

■夜活ではどんなことをしているのか?

image by iStockphoto

夜活では、実際にどのようなことをしているのか、気になるという方もいると思います。基本的には、自分がその日にやりたいことをできるのが夜活の醍醐味です。ですが参考までに、筆者が普段夜活で行っていることをいくつかご紹介させて頂こうと思います。これを参考に、あなたも夜活でやりたいことを考えてみてくださいね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: