マナー礼儀作法

初めてのお茶席、茶道のマナーって難しい?

お茶席に招待されることもあると思います。「わびさび」だとか和室だとか作法だとか思い浮かべるだけで「お茶会って、なんだかハードルが高そう」となってしまうことでしょう。しかし、基本的なことを知っておけば怖いことはありません。そこでわかりやすく説明していこうと思います。

そもそも茶道ってなに?はじまりを知ると面白い

茶道(「茶の湯」とか「さどう」「ちゃどう」とも読む)と聞くと「千利休」が頭に浮かびますよね。しかし歴史は意外とあって文献として最初に入ってきたのは唐の時代の「陸羽(733年 – 804年)」という人が書いた『茶経』だそうですよ。内容はお茶の木の育て方・収穫方法・道具・たてかた・飲み方・歴史などが書かれているそうですね。天台宗の宗祖の「最澄」・真言宗の宗祖の「空海」も持って帰ったそうですがそれほどだったみたいですね。

どうやって広まっていったの?

平安時代「遣唐使」が本格的にお茶の作り方と飲み方を持ち込んできました。なんでも烏龍茶のようなボール型の形と色で、そのために「茶色」が緑色ではないあの色になったともいわれてますよ。これも貴族や僧侶の一部でしか広まらず廃れていたようですね。

本格的に取り入れられたのは鎌倉時代栄養補給の「薬」として臨済宗の宗祖といわれる「栄西」が中国から持って帰り、鎌倉幕府三代将軍・源実朝に献上したのがはじまりでした。鎌倉幕府の武士達に「たしなみ」のように広まって盛んになってきました。華厳宗の「明恵」にもお茶の種子を贈り、それが「宇治茶」のはじまりといわれていますね。真言律宗の「叡尊」が宇治川の鵜飼の人たちに「殺生はやめて、人のためになるお茶をつくりなさい」と勧めたために栽培も盛んになったともいいますよ。

武士達はお茶の習慣だけでなく、道具に凝り出しますよ。織田信長と松永弾正の茶釜が原因(それだけがではないのでしょうが)で戦が起こったりしています。派手な状態になっていたそれを、亭主(招待主)がお客様をもてなすという「道」として確立したのが「千利休」なのですね。

現在は裏千家・表千家などと流派が分かれて、作法も多少の違い(右手と左手の所作が逆など)はありますが、お茶を飲むというだけでなく、道具・茶室などからの建築・茶花としての生け花・掛軸など、日本古来の芸術の総合芸術としての形として現在に引き継がれています。

茶道ってハードル高そうなのですが

image by PIXTA / 39039877

お茶席を開こうとしている人は「日本の伝統文化である茶道を知ってもらおう」としていることから知りましょう。それこそ茶道の先生達が集まるようなたいそうな席とは違って、初心者のお客さんは一目でわかってもらえると思いますので、多少のことは大丈夫ですよ。怖くないです。かといって何も知らずに「来ちゃった」というわけにはいきませんよね。

服装はどうしたらいいんだろう?

まず、和室で!畳で!テレビで観て!となると「着物じゃなきゃダメなの?」というのが一番最初のハードルとなりますよね。別に着物じゃなければダメということはありませんよ。ワンピースやスーツなどのきれいめのものを選びましょうね。間違ってもジーンズやミニスカートや露出の高いものなど、どう考えても不釣合いの服はやめておきましょう。必ず「白い靴下」をはいていきましょうね。これはマナーですよ。

しかし、やはり和装着用が一番好ましい服装ではあります。私の知合いなどはお茶席に出席したのがきっかけで着物にはまって、今はオシャレで気軽に着れる着物も今は多いので羽織や帯留めなどの小物(猫柄が多いですが)もネットで買いまくって観劇の時などにも着て行ってますよ。人生わからないものですね。

どんな着物がいいのかわからないですよね

お茶席といっても色々なパターンがありますので、それにあわせて紹介していきましょう。基本的に半襟は白、足袋も「外の汚れを入れない」ということで「白足袋」ですよ。

〇初釜
 年の初めに行われるお茶席です。成人式にあわせて行われることも多いですね。
 訪問着・付下げ。華やかな色柄の着物を選びましょう。帯は格調高いものがいいですね。
 若い人は振り袖を着ると、席が華やかになるので喜ばれます。

〇月釜・親しい人とのお茶席
 月釜というのは毎月決まった日に行われるものです。
 訪問着・付下げ・色無地・江戸小紋など。帯は古典的なものがいいでしょう。

〇お稽古や野点
 野点というのは、野外で行われるお茶席です。
 きばって訪問着など着ていくと浮きますので、普段着の部類に入る小紋や紬がいいですね。
 帯は名古屋帯や袋帯で派手ではないものがいいですね。
 それでもわからない時は、聞くのが一番ですよ。

季節によって着る着物の素材というものがありますよ。

〇9月の後半〜5月半ば頃
 袷(あわせ)の裏地のついているもの

〇5月後半〜6月と9月前半
 単衣(ひとえ)で裏地がついていない(透けないもので)1枚仕立てのもの

〇真夏の7・8月
 絽(ろ)や紗(しゃ)といった透けた感のあるもの
 見た目が涼しいですよね

場に沿った着物がわからない時は、知ったかぶりをして恥をかかないように電話やメールをして聞きましょうね。

持って行くものってどんなもの?

着る物は決まりましたが、まさか手ぶらで行くわけにもいきません。持って行くものを紹介していきましょう。

〇懐紙
 お菓子をいただく時にお皿代わりに使います。口元の汚れをぬぐったりティッシュと同じものですね。
 菓子皿に入れられてくることもあるでしょうが、ない場合に恥ずかしいので用意しましょう。
 着物の胸元に差し入れておきます。

〇菓子楊枝
 一口サイズに切るためのフォークのようなものですね。
 木製のものは「黒文字」とよばれていて、他にもプラスティックや金属製のもあります。

〇扇子
 茶道用の小ぶりな扇子がありますよ。間違っても普通のを持って行かないように気をつけましょうね。
 これも懐紙同様に胸元にさします。
 挨拶の時や、床の間に飾られた掛け軸などを拝見する時に前に置きますよ。

よく聞く帯にかけている布を見かけると思いますが、これは「袱紗(ふくさ)」「古袱紗」といって、お稽古とか迎える人たちが使いますので、お呼ばれ程度でしたらいらないでしょう。だいたい29センチ四方の二枚重ねのもの。元々は風呂敷から生まれたもので、お茶を点てる時に道具を包んだり清める所作などに使います。

忘れてはいけないのは、替えの白足袋(洋服の場合は白靴下)ですね。

次のページを読む
1 2 3
Share:
紫蘭