マナー礼儀作法自分磨き

気合を入れたい婚活やお見合いパーティー!でもマナーは大丈夫?

仕事や趣味が忙しく、気づいたら周りは結婚ラッシュ…さらに出会いの場が中々ない人は「そろそろ婚活してみようかな」と思うのではないでしょうか。昨今はさまざまなお見合いパーティーも開催されていますし、出会いの幅が広がっていますよね。気合を入れて臨みたいところかと思いますが、婚活でもマナーは大切なのですよ。こちらでは婚活で気をつけるべきマナーについて詳しくご紹介してまいります。

これだけは守って!婚活でのマナー3つ!

image by iStockphoto

出会いの場に参加するわけですから、「自分を理解してもらおう」と意気込む気持ちも分かります。しかしその気持ちだけが先走ってしまうと、相手を思いやる心をおざなりにしてしまうかも…お見合いパーティーではどんなことに注意すれば良いのでしょうか。

服装選びに注意して!

お見合いパーティーにはさまざまな形式があり、ドレスコードの指定がされていたり、逆に服装は自由という会もありますよね。ここで注意したいのが、ドレスコードがないタイプの会でセクシー路線を攻めすぎないこと。自由な服装で参加可能な場合、ここぞとばかりに肌の露出を多くする女性もいるようです。しかしあまりにアピールしてしまうと逆に目のやり場に困ったり、気を遣わせてしまう可能性が大いにあります。格好は自由でOKという会であっても、身体の線が極端にでる・胸元や脚、背中の露出が多い服は選ばないよう注意しましょう。

開始時間には遅れないように

途中入場ができるお見合いパーティーも多いですが、会場には時間に余裕をもって到着するようにしましょう。主催側が急なお仕事や体調不良にも対応できるよう柔軟な体勢をとっているとはいえ、途中からの出入りが多いと参加者の管理やマッチングなどが大変です。また傍から見ている人からの印象も悪くなってしまいますから、やむを得ない時をのぞいて、開始時間にはきちんと間に合うように予定を立てておきましょう。

あいさつはしっかりと!

人と関わる際に忘れてはならないポイントとして、挨拶をすることが挙げられます。これは婚活でも同様で、きちんと挨拶ができない人=マナーがなっていないと捉えられてしまいますよ。気になる人と会話ができる時間になっても、開口一番自己紹介をしたり話題を振るのではなく、「こんにちは」「はじめまして」からスタートすると好感度アップにも繋がります。

▼振り返りポイント

・身体の線がくっきり出たり、肌の露出が多めの服装は選ばないようにする。

・途中入場ができる会でも、開始時間はできる限り守ること。

・会話のスタートは挨拶から。

会話で注意したいことは?

image by iStockphoto

お見合いパーティーでは気になる人と話すことができますが、いざ相手を目の前にすると緊張してしまい、いつも通り話せないという方もいますよね。緊張するのは仕方ないことですが、それ故に節度のない会話になってしまうのは困りもの。焦っても大丈夫なように、以下の二点は徹底的に頭に叩き込んでおきましょう。

年収や役職について深堀しない

お相手選びの基準は人それぞれ。中にはお金持ちかどうかやステータスの高さに重きを置く人もいるでしょう。しかしだからといって、あって間もない人に自分から年収や仕事上の役職について尋ねないようにしてくださいね。これは女性の体重や年齢と同じで、特に男性にとっては一種のデリケートな話題でもありますから、急にその話題を振られることに不快感や抵抗を覚える人が多いためです。相手が嫌がることをしないようにするのは人間関係の基本ですから、緊張していてもプライベートな領域の質問は控えるようにしてくださいね。

次のページを読む
1 2
Share: